【入門・目次】 N100* N200* N300* N400* N600* 

作曲・入門 (N700*)
  
■ N700* 「まとめ・課題」 

        @。前書き
        A。「メロ先・作曲」と「主要和音(C。F。G)」付けの復習と課題練習
        B。「メロ先・作曲」のための、「確認チェック」リスト





   ■ 「まえがき」

     ・「まとめ・課題」です。

     いままでの「まとめ」と「課題」です。


    @。前書き

    A。「メロ先・作曲」と「主要和音(C。F。G)」付けの復習と課題練習

     ・いままでの学習の復習をしましょう。

    B。「メロ先・作曲」のための、「確認チェック」リスト

     ・「メロディー」と「コード付け」のポイントを再確認しましょう。。



◆  ◇  ◆



   ■ 全体ナビ

     ・「入門」講座はいかがでしたか?
     「メロディー」の書き方。 「主要和音(C。F。G)」のコード付けは、できるようになりましたか?

     理解をはっきりさせるために、「まとめ」や、「確認ポイント」を整理しましたので、復習しましょう。





   ■ ポイント・ナビ

     ・P1。

     ・「メロディー」を書く、ポイントがありました。 
     「4つのフレーズ」に分けて考えた場合、どのような「曲感」のイメージを意識する必要がありましたか?

     「4つのフレーズ」を、「7575」音のリズムでとってみると、

        「第1フレーズめ」の「7音」は、「始まる」感じ。
        「第2フレーズめ」の「5音」は、「一休みする」感じ。
        「第3フレーズめ」の「7音」は、「再スタート」する感じ。
        「第4フレーズめ」の「5音」は、「終わる」感じがしましたね。

     「音感」として、このように感じることが大切でした。
     「メロディー」を書く場合は、意識することが大切でした。

     この段階は、「7575」音の「リズム」だけではありますが、「作曲」の本質を持っています。
     「作曲」できない人からすると、こんな「俳句・短歌」のような「リズム」がなんか、どうでもいいから
     「ドレミ・・・」などの「音程」をつけた「メロディー」の事ばかり、頭の中が先走っていませんか?

     「7575」音の「リズム」から、「始まる」。「一休みする」。「再スタート」。「終わる」感じが
     明確に「意識」できたとき、「作曲」が「音感」ができた。 といっても言い過ぎではないくらい大切な
     事ですのですのて、軽んじらず、確認してください。









   ■ ポイント・ナビ

     ・P2。

     ・では、「7575」音の「リズム」を、しっかり意識しながら、「メロ先・作曲」の「メロディー」を書いてださい。

     まず、「Cコード」を「鳴らし、「C調(ハ長調)」の感覚に、リセットしましたね。
     そうしましたら、「ド」か「ミ」が「ソ」の出だしで、書きだしてみてください。

     そして、「順次・進行」である、「隣の音」に進むことを多用するように、メロディーを書いてみてください。









   ■ ポイント・ナビ

     ・P3。

     ・「メロディー」が書けましたら、「主要和音(C。F。G)」のコード付をつけますが、「目安」がありましたね。
     
     「1小節め」は「C」。 「4小節め」は「G」。 「7小節め」は「G」。 「8小節め」は「C」などは、定番です。
     このように、ある程度、「目星」が付いていれば、「コード付け」の作業もはかどりますので、参考に
     してください。

     もちろん、あくまでも、ヒントであり、これ以外になる場合はいくらでもありますが、なんでも、
     「予備知識」を、「知っている」と「知らない」とでは、大違いですから、覚えておきましょう。









   ■ ポイント・ナビ

     ・P4。

     ・再三、同じことの繰り返しにはなりますが、しっとかり「コツ」ですので、下記のように
     「メロディー」を書く際の「ポイント」を暗記するくらいに、読み込んでおきましょう。









   ■ ポイント・ナビ

     ・P5。

     ・同じように、「コード」付けの「ポイント」を、「自問(Q)・自答(A)」形式で、読み込んでみましょう。






【教授】\ __○ノ
「コード先・作曲」は、どうだったかな?
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   簡単ですね・・・
   
【教授】\ __○ノ
そうだね。 「メロ先・作曲」より、簡単といえば簡単だね。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   だけど、なんだか、「メロディー」っぽくならないのがちょっと・・・
   
【教授】\ __○ノ
ああ。 最初は、そんなもんだよ。 どうしても、「アルペジオ」風の伴奏っぽくなりやすい。
だから、「コード」の音だけ使うのではなく、他の音も使ったり、また、

なめらかに、「隣の音」に進むように意識するのもコツだよ。
例えば、「ド」なら、「ドの隣」の「レ」に進むようにね。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   はい。 やってみます。



inserted by FC2 system