【初級・目次】 S100* S200* S300* S400* S500* S600* S700* S900*

作曲・初級 (S200*)
  
■ S200 コード付け(ダイアトニック・コード)

        @。「ダイアトニック・コード」
        A。「代理和音」
        B。「ダイアトニック・コード」付け





   ■ 「まえがき」

     ・「コード付け(ダイアトニック・コード)」です。


    @。「ダイアトニック・コード」

     ・「C調(ハ長調)」の「ダイアトニック・コード」について。

    A。「代理和音」

     ・「C調(ハ長調)」の「ダイアトニック・コード」における、「代理和音」

    B。「ダイアトニック・コード」付け

     ・「ダイアトニック・コード」による、コード付け。



◆  ◇  ◆



   ■ 全体ナビ

     ・「ダイアトニック・コード」付けです。

     「入門」では、「3コード」ということで、「C。F。G」コードだけでした。
     今回は、「ダイアトニック・コード」付けということで、「7種類」に増えますが、要領は同じです。

     「3コード」は、色で言えば、「3原色」。 そして、今回、新たに加わる「Dm。Em。Am。Bmb5」は、
     「中間色」のようなものです。

     なので、バリエーションは多くなりますが、「C。F。G」コードだけでは、いまいち、ピタリとはまらない
     部分があったかと思いますが、「ダイアトニック・コード」を使えば、ピタリとはまるようになりますので
     曲も充実してきますので、がんばりましょう。





   ■ ポイント・ナビ

     ・P1〜2。

     ・「ダイアトニック・コード」は、説明にある「7種類」のコードです。

     ・「代理コード」とは、「交換」できるコードです。
     例えば、「C」ならば、「Am」か「Em」に交換できる可能性があります。
     しかし、これはあくまでも、「参考」です。

     「理論(理屈)」で判断はできませんので、これも、結局のところ「耳(音感)」で判断するしかありません。
     ですので、「C」。「Am」。「Em」のどれがしっくりいくか? 何度も、順繰りに試してみてください。
     そうしているうちに、「耳」が肥えてきます。

     「F」と「Dm」や、「G(7)」と「Bmb7」の場合も、同じく聴き比べて、「耳」を慣らしてください。


     ・「コード」を付ける場合は、大抵、「小節」単位ですが、「ダイアトニック・コード」を使うようになると
     微妙な違いもわかるようになりますので、「半小節」で、コードをつけたほうがいい場合も出てきます。

     例えば、「2小節め」は、「F」だけでもいけますが、「F-Dm」と、「半小節」単位で、コードチェンジした
     ほうが、よりしっくりいきます。

     「3。6。7小節め」も、同じように、「半小節」単位で、コードチェンジするとよくなります。









【教授】\ __○ノ
「ダイアトニック・コード」を付けられるようになったかな?
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   最初はよく分からなかったけれど、だんだん、わかってきました。
   
【教授】\ __○ノ
そうだね。 「耳」が慣れるまで、ちょっと大変だったかもしれないけれど、一度、感覚を掴んでしまえばなんてことないだろう。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   うん、「5小節」なんて、「C」より「Am」のほうが、ピッタリだよね。
   
【教授】\ __○ノ
ほぅ、自信たっぷりだね。 だけど、水を差すようで悪いんだが、それは、あくまでも「Tomくん」の「好み」だから、「正解」とか思わないように注意しようね。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   「正解」じゃないの?
   
【教授】\ __○ノ
音楽は、ジャンルもいろいろ、個人差もあり、「好み」の世界だから、「正解」というと語弊があり、誤解を招きやすいから、あくまでも「一例」ということで解釈しておこうね。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   わかりました (^-^)/



inserted by FC2 system