「入門(基礎1)」 V
曲例 (片手・伴奏)

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 bk-31  「入門」程度の曲例 (1)
  第2回 V-2 bk-32  「入門」程度の曲例 (2)
  第3回 V-3 bk-33  「入門」程度の曲例 (3)
  第4回 V-4 bk-34  「入門」程度の曲例 (4)
  第5回 V-5 bk-35  「入門」程度の曲例 (5)





V-1
「入門」程度の曲例 (1)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「入門」程度の曲例 (ピアノ・片手伴奏)

「入門」程度の曲例です。

「ピアノ・片手伴奏」を想定しています。

「作曲(メロディーの書き方)」。 「コード」の付け方関係については、別・講座と重複しますので、ここでは省略いたします。







。 「曲例」(ピアノ・片手伴奏)     

2-1。 「曲例」と「解説」

「コード」は、「3コード(C。F。G)」を使いました。


「入門」程度の「片手(左手)・伴奏」の場合は、「左手」動きを小さくするため、「転回」コードを多用します。 なので、「基本形」のコードでもいけないわけではなく、それでも構いません。

「コード」の表記は、わざわざ「F/C」と、「転回」表記しなくてもよいのですが、参考までに「転回」表記しました。 ちなみに、「F/C」とは、「F」コードで、「バス(ベース)」「ド(C)」という意味です。


「伴奏」「パターン(弾き方)」は、いろいろありますが、今回の例では、

   ・全音符による「ブロック」タイプ。(1〜4小節め)。
   ・4分音符・中心「ブンチャチャ」タイプ「リズム・きざみ」タイプです。(5〜8小節め)。






「伴奏」の仕方や、「構成音」は、一例です。 「下記」の「備考」と重複しますが、


これ以外でも、「メロディー」との兼ね合い(縦・和音)や、「伴奏」としての「横(声部)」の流れ等により、適時、変えても構いません。 

最終的には、自由です。 特に、ポピュラーの場合。 簡易伴奏などでは、
「重複」しても、それほど気にしません。 また、
「省略」は、「メロ」を含め、できるだけ「完全・和音」を構成するように配慮しましょう。
「不完全・和音」でも構いません。 無理する必要はありません。 


■ 各自、自分なり「試行錯誤」してみましょう。


■ ご覧の通り、「バス」(最低音の声部)ラインは、C調ということで、「ド」を基準に配置させています。
ここでは、例えば、「バス」動き(配置)意識してみましょう。

なんでもいいのですが、「意識(注目)」することが、学習の理解・習得アップに繋がりますので、なにかしら「自分」なりで結構ですので、「意識(注目)」するポイントを持って学習しましょう。







。 「備考」    

3-1。 「コード・一覧」 [ピアノ・片手(左手)]

「コード」の一覧です。 「片手」伴奏の場合。  ちなみに、「コード進行」ではありません





一例ですので、これ以外でも、「メロディー」との兼ね合い(縦・和音)や、「伴奏」としての「横(声部)」の流れ等により、適時、変えても構いません。 

最終的には、自由です。 特に、ポピュラーの場合。 簡易伴奏などでは、
「重複」しても、それほど気にしません。 また、
「省略」は、「メロ」を含め、できるだけ「完全・和音」を構成するように配慮しましょう。
「不完全・和音」でも構いません。 無理する必要はありません。 





3-2。 「その他」

「省略」「重複」も、いろいろありますが、柔軟に対応してください。






inserted by FC2 system