「入門(基礎1)」 V
曲例 (片手・伴奏)

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 bk-31  「入門」程度の曲例 (1)
  第2回 V-2 bk-32  「入門」程度の曲例 (2)
  第3回 V-3 bk-33  「入門」程度の曲例 (3)
  第4回 V-4 bk-34  「入門」程度の曲例 (4)
  第5回 V-5 bk-35  「入門」程度の曲例 (5)





V-2
「入門」程度の曲例 (2)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「入門」程度の曲例 (ピアノ・片手伴奏)

「入門」程度の曲例です。

「ピアノ・片手伴奏」を想定しています。







。 「曲例」(ピアノ・片手伴奏)     

2-1。 「曲例」と「解説」

「コード」は、「3コード(C。F。G7)」を使いました。  「G」「G7」ですので注意。


■ クラシック系では、「G7」は終止感が強いためか、曲尾終止で使われ、それ以外では「G」が多いようです。 ポピュラー系では、「G」を使う代わりに、全て「G7」を使用してもよいかと思います。
特に、決まりはありませんので、「G」でも、「G7」でも、実践では、どちらでも各自、自由に選択してください。






■ 「4小節め」。 「G7(G7/B)」は、「ソ(第1音=根音=ルート)。シ(3)。レ(5)。ファ(7)」の、「4和音」ですので、他のコードに合わせて「3和音」にして弾いてみます。

今回は、「5欠」(レ)です。 すなわち、「第5音」「レ」省略しました。 なぜなら、
「メロディー」に「レ」があるため、「伴奏」と「メロ」の「合奏(縦軸)」すれば、「ソシレファ」になるからです。

このように、「コード」が「完全・和音」になるよう考慮して決めます。
伴奏の兼ね合いや、他の理由の場合もありますので、「不完全・和音」でも、ホピュラーでは多いので、シビアに考える必要はありません。 あくまでも、一判断の材料ということですので、気楽にどうぞ・・・。


■ 「7小節め」。 「G7/B」は、「シ」-ド。と、「メロ」と「バス」にあるため、大変、気になりますが、気にしなくてもいいです。 笑   実践では、大抵、何か所か気になる箇所が発生しますが、特に、ホピュラー系では、いちいち気にしなくても結構です。。。  気になる人は、工夫してください。


■ せっかく「理論」を勉強したのに、「実践」できない。 実際にはできない・・・人は多いようです。
その大きな理由は、「理論」「実践」にはギャップがあるからです。 なので、実践では、実際の楽譜を参考に、どんどん、自由に「作曲・編曲・伴奏」を書いてみましょう。


「伴奏」「パターン(弾き方)」は、いろいろありますが、今回の例では、

   ・2分音符・全音符による「ブロック」タイプ。(1〜4小節め)。
   ・4分音符・中心「ブンチャチャ」タイプ「リズム・きざみ」タイプです。(5〜8小節め)。





2-2。 「備考」

「禁則」には、「限定進行」というものがあります。

   ・G7-C の場合、
   「シ(3)」(導音)→「ド」(主音)。 「ファ(7)」→「ミ」に、「解決(安定・トニック」することです。

しかし、特に、ポピュラーでは、これが守られないことも多いですし、「ファ(7)」→「ソ」の場合もあります。
このように、柔軟に対応して構いません。


■ クラシックでは、「声部(ライン)」(和声法・対位法)の流れである、「横」の流れ・繋がりを重視します。
しかし、ポピュラーでは、それよりも、「和音(コード)」という、「縦」の関係を注視するようです。

物事は、「複合」的要素により成り立っていますが、全てを満たすことはできませんので、「優先順位」が必要です。 ということで、「こちらを立てれば、あちらは立たず」ですので、「禁則」実践優先すると、守られないことがありますが、それがいわば、「実践」「学習(理論)」とのギャップですので、実践では、とにかく、柔軟に対応して結構です。


■ その他、「連続・8度」「連続・5度」や、「並行」進行も、
できるだけ「反行」させて避けるようにしたほうがいいわけですし、また、

「重複」「省略」にも、細かな決まり(禁則)がありますが、
「奏法(技法)」「レベル」「流れ(勢い)」「音感のレベル」「好み(ジャンル)」「時代(古典と近代)」などもありますから、適時、柔軟に対応して結構です。






inserted by FC2 system