「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
ページは、一旦、【目次】のZ戻ってください。

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-0
[編曲の総合的なポイント]









。 「編曲」のポイント 

 まとめ (編曲の総合的なポイント)

「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。




「主・旋律(メロ)」に対する、伴奏部として、「副・旋律」「対・旋律」を考える。

「副・旋律」のハモリには、主なものに、「下3度」「下6度」。「上3度(=下3度のオクターブ上)」。
ただし、単純に「機械的」にはできないので、必ず、「音感」で確認すること。

「バランス」「配分」「変化」「対比」「メリハリ」
「同じ」ことを繰り返すと、飽きますので、「変化」が必要です。

   ・「同時和音」。「分散和音」は、一定毎に、交互して使う。
   ・「・旋律」。「・旋律」も、「1フレーズ(2小節)」〜「2フレーズ(4小節)」までとし、
    あまり長く、連続させない。
   ・「B(バス)」なども、単にコードの低音を出すだけでなく、「メロディック(ベースランニング)」
    動きも入れるようにする。

   ・「1〜2小節め(1フレーズめ)」「3〜4小節め(2フレーズめ)」との、変化・区別・対比
   ・「1〜4小節め(半楽節)」「5〜8小節め(半楽節)」との、変化・区別
   ・「1番(楽節)」「2番(楽節)」との、変化・区別・対比
   ・曲の全体的な、変化・区別・対比。 「序盤・中盤・終盤」など。

「前奏。間奏。後奏」の挿入

以上、 とにかく、いろいろなことを意識・考える必要がありますが、根気よくがんばりましょう。
「編曲」は、「パズル」ゲームのようなものなので、一ヶ所ずつ修正・調整することが手間ですが、結局は近道です。



理論・理屈もありますが、それは、「感覚(音感)」代弁したものに過ぎませんので、とにかく、「感覚」として理解していきましょう。




 伴奏の種類

ピアノ「伴奏の種類」
ピアノ「伴奏の種類」は、大別、3種類あります。

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

@。「片手」伴奏は、「左手」で伴奏し、「右手」は「メロ」弾きます
A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように、弾きません
B。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、さらに、「メロ」も「右手」に組み込みます




 4声体

「4声体」を意識する。
  (音符の棒の向きは、実践譜では目安であり、音楽(音域)的に判断してください)

   ・「S・ソプラノ」(高音)  = 上声 = ト音部(高音部)。 棒の向き・上
   ・「A・アルト」(中音1)  = 中声1 = ト音部(高音部)。 棒の向き・下

   ・「T・テノール」(中音2) = 中声2 = へ音部(低音部)。 棒の向き・上
   ・「B・バス」(低音)    = 下声 = へ音部(低音部)。 棒の向き・下

■ その他、「主な呼び名」。  「S」と「B」=外声。 「A」と「T」=内声。 「SAT」=上3声




 「非・和声音」と「伴奏(コード)」の対応と処理

「非・和声音(ノン・コード・トーン)」「伴奏(コード)」の対応と処理。
「伴奏(コード)」をどうするか? 大別、2つの考え方があります。

   @。「和音(伴奏)」「付けない」。 (「伴奏は無視」し、経過音として、素通りさせる)
   A。「和音(伴奏)」「付ける」。   (単独コード付ける)

・Aの場合は、「ドミナント(X。Z)」系=「X・諸和音」「コード」が潜在している場合が多い。また、
ダイアトニック・コード以外に、「他調」「ノン・ダイアトニック・コード」の場合も多い。

要するに、「ドミナント7(X7)」「m7♭5(Z)」「dim7(短調・Z・導和音)」。などの「減・音程」を含むコード


■ それから、「和音(伴奏)」「付ける」場合は、「前・隣接音」に対して、「2度」の音を当てはめてみると見つかる場合が多い。




 「リズム」の埋め込み

「リズム」をどのように伴奏に埋め込むか、考える。

   ・「B(バス)」関係。
   ・「伴奏部(SAT)」全体において。




 「縦軸(和音)」と「横軸(声部)」

「縦軸」を意識する。 「和音(コード)」

「横軸」の流れを意識する。 「4声体」。「和声法」。「対位法」。




 「半音階・進行」

「セカドミ」「経過和音」などの「ノン・ダイアトッニク・コード」を使った場合は、
大抵、「半音階・進行」可能です。




 「おかず」

「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入。

   ・「2小節め」。「4小節め」。「6小節め」。「8小節め」のメロ・空白域。




 パターン(型・奏法)

■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」の選択

   ・「同時和音」系。 「ブロック」タイプ
   ・「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ
   ・「混合」系。




 「ポピュラー風」と「クラシック風」

■ 伴奏の「雰囲気」として、「ポピュラー風」「クラシック風」があります。

同じ曲をアレンジする場合、どっち風にしようかな・・・と、まず、頭をよぎります。
「ポピュラー風」「クラシック風」違いは、「伴奏奏法」「コード」「リズム」。「副・対旋律」。「おかず」などの複合的な要素で構築されるわけですが、特に、「伴奏奏法」「コード」「リズム」です。




 指の届く範囲

「指」の届く範囲は、最大「10度」を想定しています。 (例。「〜(ド)〜」)

指が届かない場合は、下記の対応をしてください。

   ・一部の音を、担当する「手を変更」する。 (右手の一部を、左手で弾く。 または、その逆)
   ・一部の音を、「省略」する。
   ・一部の音を、「オクターブ」移動する。 (例。10度=「〜(ド)〜」) → (3度=「」)
   ・「同時」ではなく、「アルペジオ風」に、タイミング「ずらす」




 「楽譜」の書き方

「楽譜の書き方」について。
余白ができましたので、ここで、「楽譜の書き方」についてのお話しです。

「楽譜の書き方」は、「楽典」や「和声学」などに書かれていますが、かなり、「シンプル」です。。。 
せいぜい、音符「棒の向き」くらいでしょうか。

「五線」で、「玉」「ソ」あたりだと、それより高い場合は、棒は下向き。 低い上向き。とか・・・笑
また、「和声学」では、「4声体」の学習では、「SATB」がそれぞれ「上・下・上・下」向きと定めています。

しかし、実際の楽譜。 特に、「ピアノ譜」では、もっと、複雑な内容が含まれますので、単純に、「SATB」の表記にするわけにはいきません。

また、「演奏上」の見やすさ。指示もあります。 簡単にいえば、「左手」のグループ。 「右手」のグループ。
さらに、「音楽的」なグループや流れがあります。 ということで、実践譜では、ケースバイケースで対応しています。


■ なので、「SATB」とは、最終的には、「音楽的」に判断します
ということで、楽譜の書き方は、かなり人によのマチマチです。

国語の文章も、人により書き方が違うように、音楽・楽譜の書き方も、人によりかなり異なりますので、みなさんも、人の楽譜をいろいろ調べて、楽譜の書き方研究をしてみてください・・・




 次のページ「B」へ

「次のページ」です。





inserted by FC2 system