「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-1
「中級」程度の曲例。 [赤い靴]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [赤い靴]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

「ピアノ・伴奏」は、両手です。
「中級」からは、「C調・以外」も扱います。 今回は、「Cm調」です。
また、「意識」することも多くなります。


■ 一つは、「4声体」です。

「4声体」とは、高音域から順に、「S。A。T。B」 (ソプラノ。アルト。テノール。バス)です。
要するに、「高音(S)=上声」。「中音1(A)=中声1。中音2(T)=中声2」。「低音(B)=下声」
声部(ライン)のことです。

厳密に区分する必要はありませんが、大まかで結構ですので「4声」意識しましょう。
まずは、「バス(B)」である、「低音」のラインを注視してください。


「B」は、「出だし」からいいますと、「ドーミb・ド」〜がそれです。
ちなみに、「B」は、左手で、音符の棒の向き「下向き」です。

ただし、実践譜では、厳密に区別できない場合もありますし、一般的な「ピアノ譜」では、そこまでしないことが多いので、あくまでも学習用として、「参考程度。目安程度」としてみてください。

ということで、「B」は、特に、「目立つ」ラインですので、最初の編曲作業になるでしょうか。
また、同時に、「リズム」も意識して考えます。




赤い靴 

「リズム」は、重要な要素ですが、これを「ピアノ譜」に埋め込むことは、最初、至難の業です。

「リズム」は、「バス(B)」の「横」ラインだけで刻むわけではなく、「上3声(SAT)」にも必要です。
なので、「コード(和音)」である「縦」軸でも、リズムを刻みます。

要するに、4拍で、「CmーCm・Cm」。「Cm・Fm・Cmー」〜のように。
さらに、「経過音」も必要ですから、「8分音符」も必要と感じる部分では使います。
ということで、説明するのが難しいのですが、「アルベジオ」などを使い、伴奏を書いていきます。


■ その他、「B」以外である、「SAT」もさらに考えてみます。
「S」は、「メロディー」に相当するので、今回は、「ピアノ譜」にはほぼ存在しません。

「A」「T」は、「中音域」のラインのことですが、ここは、「S」側に配分するか、「B」側に配分するかは、好みですが、とりあえず、バランスよく、配置するようにしておきましょう。


「副・旋律」「対・旋律」も意識します。
「A」では、「副・旋律」は、「主・旋律」である「歌・メロ」に対して、「下3度」などです。
「副・旋律」ばかり使うわてけにはいきませんので、適当なところで、「コード・トーン(和音)」を使います。

「T」は、低音域(へ音部)の「アルペジオ」や、「同時和音」の構成音を補足します。





2-2。 解説2

■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」の選択は、どうでしょうか。

「1小節め」では、「前半」「アルペジオ」で、「後半」「同時和音」です。
このように、「パターン(型・奏法)」の選択・変化を意識しましょう。

同じ奏法を続けると、冗長的になりますので、「パターン(型・奏法)」変化により「メリハリ」を付けると曲が引き締まりますね。。。


「4声体」はどうでしょうか。
「B」は、最低音のラインですので、分かり易いわけですが、「AT」などは、実践譜では区別しづらいです。

学習の理論(和声法)では、「4声体」明白に区別されていますが、あれは「オーケストラ」「合唱」を想定しているからです。 すなわち、「パート(声部)」独立しているからです。

しかし、「ピアノ」の実践譜では、独立していませんので、音楽的に「4声体」の「合奏」状態にすると、「共有」「混在」状態になりますので、「4声体」区別しにくくなります。

なので、せっかく「理論(和声法)」を学習しても、そのギャップの違いから戸惑いますが、簡単にいえば、「大まか」な関係性の中で考えていけばよいです。

ということで、「ピアノ」の実践譜で、「4声体」を考える場合、ある部分は、はっきり区分して考えても、ある部分は、あまり考えずに済ますこともあります。

例えば、「アルベジオ」大まか(アバウト)に捉えればよいですし、「同時和音」のところも、必ずしもメロを含め、「4声」ではなく「5声」の場合もありますから、「4声」にならないので戸惑います。
 (逆に、「3声」など、声部が減る場合もあり、無い声部が発生する場合もあります)


「3小節め」なら「同時和音」ですが、ここは、メロを含め「5声」です。
右手の「ソ」は、「S」でもありますが、実質、「A」であり、要するに、「A」は「ソ」と「ミ」のグループとします。

「4声体」とは、「4グルーブに、大区分した」捉え方と解釈してください。
なので、「大体4グループの音域」に、分配・配分するための「目安」ということです。
ですので、シビアに「区別」するために四苦八苦するのは、無意味です。



(再掲)


「リズム」についてみてみますと、
「1小節め」では、「前半」「8分音符」のリズム「アルペジオ」。 

「後半」「同時和音」「4分音符」で、2拍、リズムを取っています。
すなわち、全体としては、「タタタタ・タンタン」リズムを刻んているわけです。

「3小節め」では、「2分音符」中心のリズムでもありますが、「両手」組み合わせてみると、「4分音符」リズムを刻んでいます。 それは、「メロ」連動しているので、やはり、「4分音符」リズムであることがわかるでしょう。

ということで、「リズム」を埋め込むことは、簡単のようで、最初は至難の業面倒ですが、じっくり取り組んでみましょう。 そのうちに慣れて、「コツ」というものが分かってきます。


「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入についてみますと、
「2小節め」。「4小節め」。「6小節め」。「8小節め」メロ・空白域に、適当に入れてみます。

  ・「2小節め」では、上昇のアルペジオ。
  ・「4小節め」では、同時和音で、「うん。ジャン・ジャ〜ン」。
  ・「6小節め」では、特になし。
  ・「8小節め」では、「3連符」や、「4分音符のアルペ」。「4分音符の同時和音」などの複合です。


「メロディー」「なぞる」伴奏。

「唱歌・童謡」などでは、「メロディー」「なぞる」伴奏が多いです。
例でも、「5〜6小節め」において、「メロ」をなぞっています。

「唱歌・童謡」以外でも、「メロディー」「なぞる」場合は多いですが、これも「メリハリ」をつける意味で、部分的にやると、より効果的でしょう。


以上、この程度の説明に留めておきます。







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)







inserted by FC2 system