「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-2
「中級」程度の曲例。 [赤とんぼ]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [赤とんぼ]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

「非・和声音」「伴奏(コード)」について考えてみます。

「非・和声音」は、メロ順次進行しますので、どうしても発生します。
その場合、「伴奏(コード)」をどうするか・・・? 悩むところです。


■ まず、「1小節め」を見てください。
このメロ「ファ」は、「非・和声音(ノン・コード・トーン)」です。

この場合、「伴奏(コード)」をどうするか? 大別、2つの考え方があります。

   @。「和音(伴奏)」「付けない」。 (「伴奏は無視」し、経過音として、素通りさせる)
   A。「和音(伴奏)」「付ける」。   (単独コード付ける)

@は、「非・和声音」として、素通りさせる場合ですが、そうすれば、「伴奏」「ぶつかる」恐れもありませんが、伴奏がないと、少し「淋しい」場合もありえます。


Aはどうでしょうか。 「和音(伴奏)」「付ける」わけですが、これはなかなか「難しい」ものです。
今回のの場合は、ダイアトニック・コードE♭:Xである、「B♭」を潜在させました。
  (【参考】 E♭: ダイアトニック・コードは、 E♭。Fm。Gm。A♭。B♭7(X7)。Cm。Dm7♭5)

ついでに、別の場所も見てみましょう。




赤とんぼ 

「6小節め」。  このメロ「ド」も、「非・和声音」です。
この場合も、「和音(伴奏)」「付ける」場合は、「前・隣接音」に対して、「2度」の音を当てはめてみるとうまくいきました。

すなわち、「低音部」で見ると、「前・隣接音」「ミ♭」ですから、「非・和声音」伴奏音は、「下2度」「レ」です。

同じく、「高音部」では、「前・隣接音」「ソ」と「シ♭」ですから、「非・和声音」伴奏音は、「下2度」「ファ」と「ラ♭」です。

結局、ダイアトニック・コードE♭:Zである、「Dm7♭5」を潜在させたわけです。
  (【参考】 E♭: ダイアトニック・コードは、 E♭。Fm。Gm。A♭。B♭7(X7)。Cm。Dm7♭5)


■ 以上、2例の通り、E♭:Xである「B♭」と、E♭:Zである「Dm7♭5」ですから、
「ドミナント(X。Z)」系「コード」ということです。

要するに、「非・和声音」「伴奏・コード」を付ける場合は、「ドミナント(X。Z)」系「コード」が多いですので、参考(目星)にしてください。

また、上記は、ダイアトニック・コードですが、「他調」「ノン・ダイアトニック・コード」も多いですので頭に入れておきましょう。 今回は、省略します。


「非・和声音」「伴奏(コード)」などの処理は、苦慮する方が多いのではないでしょうか。
ということで、「伴奏(コード)」をどうするか? 下記のように、大別、2つの考え方がありますので
ケースバイケースで選択してください。

   @。「和音(伴奏)」「付けない」。 (「伴奏は無視」し、経過音として、素通りさせる)
   A。「和音(伴奏)」「付ける」。   (単独コード付ける)





2-2。 解説2

■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」についてです。

「1小節め」では、「上昇・アルペジオ」「同時和音」の混合です。
「2小節め」では、「8分音符・中心のアルペジオ」「同時和音」の混合です。
「3小節め」では、「4分音符・中心の同時和音」です。

同じ奏法を続けると、冗長的になりますので、「パターン(型・奏法)」変化により「メリハリ」を付けると曲が引き締まりますね。。。


「4声体」はどうでしょうか。

「B」は、最低音のラインですので、分かり易いですし、特に、重要ですので意識して書いてみましょう。
「1〜4小節め」を見てみますと、「ター・タタ」。「タン・タタ・タン」。「タタ・タンタン」。「タ〜」ですね。

また、「ルート」が中心ですが、「コードトーン」も混じえています。
「B」は、一見、「地味」のような存在ですが、実は「メロディー」に匹敵するくらいの存在感も表現できます。

もちろん、「メロ」を引き立てる必要があるので、実際には、そこまでしませんが、「ランニング・ベース」のように、自由に書けるように練習しておきましょう。



(再掲)


「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入。

今回は、「4小節め」「高音部」では、下降の和音です。 また、「G7-Cm」は、セカドミですね。
ついでに、「低音部」をみますと、「シ♭-シ-ラ♭」「半音階・進行」は、おいしい編曲技法ですので、学習しておくと便利ですね・・・ 笑

「セカドミ」「経過・和音」などの「ノン・ダイアトニック・コード」を使った場合は、大抵、「半音階・進行」可能です。 というより、それが「目的」といってもいいですので、「半音階・進行」可能でしたら、声部はどこでもいいので、適宜(てきぎ)、書き入れてみましょう。

特に、今回のように「おかず」の場所では、空白域なので目立ちますので、この「半音階・進行」の効果がシンプルですが際立ちますよ・・・。







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)







inserted by FC2 system