「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-3
「中級」程度の曲例。 [水師営の会見]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [水師営の会見]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

■ 今回は、ピアノ「伴奏の種類」を中心に説明いたします。
ピアノ「伴奏の種類」は、大別、3種類あります。

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

@。「片手」伴奏は、「左手」で伴奏し、「右手」は「メロ」弾きます
A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように、弾きません
B。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、さらに、「メロ」も「右手」に組み込みます

それでは、説明します。
ちなみに、「楽譜」の量を減らすため、今回は「歌(メロ)」のパート表記していません。 また、
ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」(2番の最後)は、「D.C.」の代わりに使用しています。


■ 下譜は、「1番。3番」で、
「1〜3小節め」では、@。「片手」伴奏で、「右手」はメロを弾きます。
「4小節め〜」では、 B。「両手」伴奏で、さらに、「メロ」「右手」で奏します

すなわち、「メロディー」「なぞり」ながら伴奏する方法です。
「唱歌・童謡」では、よくやる伴奏方法ですし、部分的なものなら、一般的な曲でもやりますね・・・


1番。3番


水師営の会見

【備考】
  ・ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」(2番の最後)は、「D.C.」の代わりに使用しています。
  ・一部、修正したため、「音源」「楽譜」で異なる場所があります。


その他の技法を解説します。
「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入。

「2小節め」では、「刺繍(和)音」を利用して、味付けをしています。
「刺繍(和)音」とは、簡単にいいますと、「2度(隣接音)」を挟むものです。

いちいち、何のコードを付けよう・・・と、悩まず、単に、「刺繍(和)音」を利用して、味付けができればラッキーですよね・・・  ^^

ちなみに、 「10小節め」では、「高音部(ト音・記号部)」ぶつかる所為か、音が濁るため「刺繍(和)音」は使用しませんでした。





2-2。 解説2

「2番」です。 ここからは、A。「両手」伴奏で、「メロ・なし」です。

「17小節め〜」では、「ブン・チャ」の伴奏パターンですが、「1番」では、これを「片手」で奏しましたが、
「2番」では、「両手」分けて奏しています。

「21小節め〜」では、「1番」の形と同じですが、「メロ」抜いています。
すなわち、「右手」「中声1(A・アルト)」のみ奏します。


■ ちなみに、「中声1(A・アルト)」の書き方ですが、
「B・バス」でよくやる「ランニング・ベース」感覚と同じです。

要するに、「4声体」である「SATB」各・声部の書き方コツは、「旋律」を書く感覚と同じです。
理論・理屈もありますが、それは、「感覚(音感)」代弁したものに過ぎませんので、とにかく、「感覚」として理解していきましょう。


2番


水師営の会見


「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入については、
「20。24。28小節」では、シンプルに「上昇または下降」の「音階」風で奏しています。







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)








。 「連続譜」 

4-1。 連続譜

■ 楽譜が見やすいように、連続表記です。
 
1番。3番


水師営の会見 

 
2番


水師営の会見







inserted by FC2 system