「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-5
「中級」程度の曲例。 [児島高徳]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [児島高徳]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

ピアノ「伴奏の種類」を中心に説明いたします。
ピアノ「伴奏の種類」は、大別、3種類あります。

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

@。「片手」伴奏は、「左手」で伴奏し、「右手」は「メロ」弾きます
A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように、弾きません
B。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、さらに、「メロ」も「右手」に組み込みます

それでは、説明します。
ちなみに、「楽譜」の量を減らすため、今回は「歌(メロ)」のパート表記していません。 また、
ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」(2番の最後)は、「D.C.」の代わりに使用しています。


■ 下譜は、「1番。3番」です。 
ちなみに、「実際の曲」は、2番までですが、解説用「3番」まであります。

「1小節め〜」では、 B。「両手」伴奏で、さらに、「メロ」「右手」で奏します
すなわち、「メロディー」「なぞり」ながら伴奏する方法です。

「9小節め〜」は、@。「片手」伴奏で、「右手」はメロを弾きます。  以下、省略。


その他の技法を解説します。
「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入。
「半音階・進行」の味付けが、「6。18小節め」にあります。


1番。3番




児島高徳

【備考】
  ・ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」(2番の最後)は、「D.C.」の代わりに使用しています。
  ・一部、修正したため、「音源」「楽譜」で異なる場所があります。
  ・「実際の曲」は、2番までですが、解説用「3番」まであります。


■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」の選択についてですが、大別、すると以下のものがあります。

   ・「同時和音」系。 「ブロック」タイプ
   ・「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ
   ・「混合」系。

そうしますと、今回は、
「1〜8小節め」では、「同時和音」系。 「ブロック」タイプ中心。
「9〜16小節め」では、「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ中心。
「17〜23小節め」では、「混合」系です。


「副・対旋律」のハモリについてですが、
「1〜4小節め」では、「下3度」です。 珍しく、全て「下3度」でハマりましたが、機械的に「全て」下3度にできるとは限りませんので、必ず「耳(音感)」で確認しながら付けてください。

「5〜8小節め」では、やり方を変更して、「和音」付けです。 すなわち、
「5小節め」では、Cmですので、その内音である「ミ♭」「ソ」。 
「6小節め」では、Fm7ですので、その内音である「ラ♭」。といったように、コードトーンを入れてやります。


■ この「A(アルト)」を書く場合、「横の流れ」は、できるだけなめらかに流れるようにしたほうがベターです。
また、「縦軸」も、「和音」「完全・和音」になるようにしたほうがベターです。

ただ、「クラシック」系「ポピュラー」系では、考え方が異なりますので、結局は、ケースバイケースバランスを考えながら付けてください・・・





2-2。 解説2

「2番」です。 ここからは、主に、A。「両手」伴奏で、「メロ・なし」です。
しかし、ときどき、「歌」いやすいように「ガイド(補助)」のため、「メロ」の一部を入れています。

「26。28小節め」では、「歌」いやすいように「ガイド(補助)」のため、「メロ」の一部を入れています。


「29。30小節めでは、「メロ」無し。      (「2小節分」単位)
「31。32小節めでは、「メロ」あり(なぞり)。  (「2小節分」単位)

このように、前半のフレーズ(2小節分)を「メロ・なし」。 
後半のフレーズ(2小節分)を「メロ・あり」(なぞり)。 にすると、バランスがよい伴奏になりますね。


■ 上記では、「2小節分」単位でしたが、最後のほうでは、「4小節分」単位です。

「41〜44小節めでは、「メロ」無し。      (「4小節分」単位)
「45〜48小節めでは、「メロ」あり(なぞり)。  (「4小節分」単位)


2番



児島高徳


「バランス」について概要を付加しておきます。

「バランス」「配分」「変化」「対比」「メリハリ」
「同じ」ことを繰り返すと、飽きますので、「変化」が必要です。

   ・「同時和音」。「分散和音」は、一定毎に、交互して使う。
   ・「・旋律」。「・旋律」も、「1フレーズ(2小節)」〜「2フレーズ(4小節)」までとし、
    あまり長く、連続させない。
   ・「B(バス)」なども、単にコードの低音を出すだけでなく、「メロディック(ベースランニング)」
    動きも入れるようにする。

   ・「1〜2小節め(1フレーズめ)」「3〜4小節め(2フレーズめ)」との、変化・区別・対比
   ・「1〜4小節め(半楽節)」「5〜8小節め(半楽節)」との、変化・区別
   ・「1番(楽節)」「2番(楽節)」との、変化・区別・対比
   ・曲の全体的な、変化・区別・対比。 「序盤・中盤・終盤」など。







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)








。 「連続譜」 

4-1。 連続譜

■ 楽譜が見やすいように、連続表記です。
 
1番。3番




児島高徳 

 
2番



児島高徳





4-2。 児島高徳 (解説@)(解説A)

歌詞  (小学・五年/(六年)の歌集です。 大変、難しい詩ですね。。。 意味は、解説をどうぞ・・・)

   (2番までの歌ですが、2番にカラオケを追加して、3番まであります)


一、 船坂山(ふなさかやま)や 杉坂(すぎさか)と
     御(み)あと 慕(した)いて 院の庄(いんのしょう)、

    微衷(びちゅう)を いかで 聞(きこ)えんと、
     桜(さくら)の 幹(みき)に 十字(じゅうじ)の詩(し)。

    『天勾践(てんこうせん)を 空(むな)しゅうする 莫(なか)れ。
     時(とき) 范蠡(はんれい)、 無(な)きにしも 非(あら)ず。』

二、 御心(みこころ) ならぬ いでましの
     御袖(みそで) 露(つゆ)けき 朝戸出(あさとで)に、

    誦(ずん)じて笑(え)ます かしこさよ、
     桜(さくら)の 幹(みき)に 十字(じゅうじ)の詩(し)。

    『天勾践(てんこうせん)を 空(むな)しゅうする 莫(なか)れ。
     時(とき) 范蠡(はんれい)、 無(な)きにしも 非(あら)ず。』





■ 簡単に解説すると

  南北朝時代の武将「児島高徳」が、
  元弘の変で隠岐(おき)へ流される途中の後醍醐天皇の行在所に忍び込み、

  桜の幹に「天莫レ空二勾践一、時非レ無二范蠡一」と記して
  天皇励ましたといわれる。


  「天莫レ空二勾践一、時非レ無二范蠡一」にという中国の詩に例え、

  天は勾践(=後醍醐天皇)見捨てない
  時がくれば范蠡のような忠臣(=児島高徳)が出て助けてくれる

  と、例え、武将「児島高徳」が、流刑の後醍醐天皇を励ました歌。







inserted by FC2 system