「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-6
「中級」程度の曲例。 [橘中佐]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [橘中佐]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

ピアノ「伴奏の種類」を中心に説明いたします。
ピアノ「伴奏の種類」は、大別、3種類あります。

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

@。「片手」伴奏は、「左手」で伴奏し、「右手」は「メロ」弾きます
A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように、弾きません
B。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、さらに、「メロ」も「右手」に組み込みます

それでは、説明します。
ちなみに、「楽譜」の量を減らすため、今回は「歌(メロ)」のパート表記していません。 また、
ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」(2番の最後)は、「D.C.」の代わりに使用しています。


■ 下譜は、「1番。3番」です。 
何曲か、同じような曲をやりましたので、馴れてきたかと思います。 また、
今回の曲は、「シンプル」な編曲ですので、「見本」的な編曲ですね。
ですので、大変、わかりやすいのではないでしょうか。

「1番。3番」では、 B。「両手」伴奏で、さらに、「メロ」「右手」で奏します
すなわち、「メロディー」「なぞり」ながら伴奏する方法です。


その他の技法を解説します。
「メロ」空白部おかず合いの手等の、「繋ぎ用」の伴奏の挿入。
「半音階・進行」の味付けが、「8〜9(24〜25)小節め」にあります。

■ 見にくくなってしまいましたが、「B・バス」が、「ミ-ミ♭-レ」となっています。


1番。3番


橘中佐

【備考】
  ・ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」(2番の最後)は、「D.C.」の代わりに使用しています。
  ・一部、修正したため、「音源」「楽譜」で異なる場所があります。


■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」の選択についてですが、大別、すると以下のものがあります。

   ・「同時和音」系。 「ブロック」タイプ
   ・「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ
   ・「混合」系。

そうしますと、今回は「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ中心です。


「副・対旋律」のハモリについてですが、特に、「A(アルト)」を書く場合、「横の流れ」は、できるだけなめらかに流れるようにしたほうがベターです。

また、「縦軸」も、「和音」「完全・和音」になるようにしたほうがベターです。 ただ、結局は、ケースバイケースバランスを考えながら付けてください・・・





2-2。 解説2

「2番」です。  A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように弾きませんでした。

今回は、大変、シンプルでしたので、中級の基本的な編曲としては、よい練習になりますので参考にしてください。。。


「バランス」について概要を付加しておきます。

「バランス」「配分」「変化」「対比」「メリハリ」
「同じ」ことを繰り返すと、飽きますので、「変化」が必要です。

   ・「同時和音」。「分散和音」は、一定毎に、交互して使う。
   ・「・旋律」。「・旋律」も、「1フレーズ(2小節)」〜「2フレーズ(4小節)」までとし、
    あまり長く、連続させない。
   ・「B(バス)」なども、単にコードの低音を出すだけでなく、「メロディック(ベースランニング)」
    動きも入れるようにする。

   ・「1〜2小節め(1フレーズめ)」「3〜4小節め(2フレーズめ)」との、変化・区別・対比
   ・「1〜4小節め(半楽節)」「5〜8小節め(半楽節)」との、変化・区別
   ・「1番(楽節)」「2番(楽節)」との、変化・区別・対比
   ・曲の全体的な、変化・区別・対比。 「序盤・中盤・終盤」など。


2番

橘中佐


「楽譜の書き方」について。
余白ができましたので、ここで、「楽譜の書き方」についてのお話しです。

「楽譜の書き方」は、「楽典」や「和声学」などに書かれていますが、かなり、「シンプル」です。。。 
せいぜい、音符「棒の向き」くらいでしょうか。

「五線」で、「玉」「ソ」あたりだと、それより高い場合は、棒は下向き。 低い上向き。とか・・・笑
また、「和声学」では、「4声体」の学習で「SATB」が、それぞれ「上・下・上・下」向きと定めています。

しかし、実際の楽譜。 特に、「ピアノ譜」では、もっと、複雑な内容が含まれますので、単純に、「SATB」の表記にするわけにはいきません。

また、「演奏上」の見やすさ。指示もあります。 簡単にいえば、「左手」のグループ。 「右手」のグループ。
さらに、「音楽的」なグループや流れがあります。 ということで、実践譜では、ケースバイケースで対応しています。


■ なので、「21〜27小節め」高音部では、ここは「A・アルト」ですが、棒の向き下向きではなく、ほとんど「上向き」にしてあります。 これは、単に五線から「音符の棒」がはみ出ていたので、逆向きにしただけです。

なので、「SATB」とは、最終的には「音楽的」に判断します。
ということで、楽譜の書き方は、かなり人によりマチマチです。

国語の文章も、人により書き方が違うように、音楽・楽譜の書き方も、人によりかなり異なりますので、みなさんも、人の楽譜をいろいろ調べて、楽譜の書き方研究をしてみてください・・・


■ 追伸。 

「32小節め」で、「高音部」ド(白玉)と、「低音部」ド(黒玉)が、一時、「重複」しています。 
「ピアノ」では、「4声体」「1台」の楽器で演奏するため、各・声部が「重複」した場合、「演奏」的には困りますが、こういう場合は、「音楽」的に対応してください。

要するに、「白玉」は「付点2分」ですが、実際には黒玉も奏しなければなりませんので、黒玉の打鍵を優先します。 すなわち、白玉は、途中で離し、短くなるということですね。

「管弦楽」のように、「4声体」「楽器」「独立」したパートなら問題ないのですが、
「ピアノ」の場合はこのように「重複」した場合は、「音楽」的柔軟に対応してください。
なので、楽譜の表記演奏の仕方異なる場合があります

 (和声学を勉強していると、たまに、各・声部が「重複」した場合がありますよね・・・)

その他、細かな話しですが、楽譜の表記演奏の仕方異なる場合が沢山ありますので柔軟に対応してください。。。 例えば、低音部やアルペジオなど・・・







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)








。 「連続譜」 

4-1。 連続譜

■ 楽譜が見やすいように、連続表記です。
 
1番。3番


橘中佐 

 
2番

橘中佐





4-2。 橘中佐

類似の曲があるようなので、歌詞を載せておきます。 歌は、こちらの方の曲です。
「小学四年」で歌う、歌詞であるのがすごすぎますね。。。

でも、「曲」があまりに美し過ぎます・・・ こういう短調の曲が好きです。。。





歌詞  

一、 かばねは積りて 山を築(つ)き、 血汐(ちしお)は流れて 川をなす、
     修羅(しゅら)の巷(ちまた)か、★向陽寺(しゃおんずい)。 雲間を、洩(も)るる 月(つき)青し。

二、 「みかたは大方(おおかた)討(う)たれたり、 暫(しばら)く 此処(ここ)を。」と 諫(いさ)むれど、
     「恥(はじ)を思えや、兵(つわもの)よ。 死すべき時は 今なるぞ。」

三、 「御国(みくに)の為(ため)なり、陸軍(りくぐん)の、 名誉の為ぞ。」と 諭(さと)したる
     ことば半(なか)ばに 散りはてし、 花(はな)橘(たちばな)ぞ かぐわしき。


  ★ 「中国語・読み」のようです。  また、「向陽寺」の意味・解釈がよくわかりません・・・





訳(散文)  (自分も、「作詞」をするので、つい、訳詩したくなりますね・・・)


一、 戦場は、死体の山になりました。 多くの犠牲者がありました。 
    大量の血で、川は一面、赤く染まりました。

    ここ(向陽寺?)は、まるで地獄のようでした・・・。
    そんな時なのに、雲間から洩れる、夜月の光景は、美しい。 [+解釈]
    (または、身も凍りそうなほど、寒々とした光景です)。 [-解釈]

二、 みかたは、ほとんど戦場で倒れました。 
    だから、「仲間」を残し、ここを離れ、前進することが躊躇(ためら)われます。

    しかし、そんな気持ちではいけません。 恥を知れ。 自分は「軍人」ではないか・・・
    今こそ「晴れ舞台」だ!!  まさに、その時ではないか。 そう、自分に言い聞かせて、奮起しました。
   
三、 国(天皇)。陸軍のため、名誉のためと、自分に言い聞かせ、自分を鼓舞・納得させました。
    しかし、それも束の間、橘中佐も、くしくも任務を果たせず、道半ば、ついに戦死してしまいました。

    あれから、何年もの月日が過ぎました・・・。 [過去の出来事への回想(起想)]
    今、「かぐわしい、橘の花」を見ていたら、「橘中佐」の事が思い出されました。 そして、
    悲しい「過去の出来事」が、切なく、思い出されるのでした。。。



■ とりあえず、「自分なり」に訳してみました。 
  いろいろ訳し方(解釈)。 誤訳もあるかもしれませんが、
  「作詞」の勉強にもなりますので、自分なりに訳してみると、勉強になりますよ。。。

  「解釈」も、「+解釈」「-解釈」が考えられるので、とりあえず、両方、考えてみましょう。
  作詞する場合も、これが、「作詞のポイント」の一つですね。。。
  「+」として、書き続けるか、または、「-」として「反転(逆)」に進めるかは、キーポイントです。。。

  「作詞」をする場合は、反対に、「訳(散文)」「詞(韻文)」にする作業ですので、
  どのように変換したらいいか、意識しながら勉強してみましょう。  「作詞・入門」講座もどうぞ・・・





「戦争」テーマとした、オリジナル曲もありますので、よろしければどうぞ・・・ ^^

   ・「早乙女の七つ星」
   ・「天炎(てんも)ゆる」
   





inserted by FC2 system