「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-7
「中級」程度の曲例。 [金魚の昼寝]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [金魚の昼寝]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

ピアノ「伴奏の種類」を中心に説明いたします。
ピアノ「伴奏の種類」は、大別、3種類あります。

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

@。「片手」伴奏は、「左手」で伴奏し、「右手」は「メロ」弾きます
A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように、弾きません
B。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、さらに、「メロ」も「右手」に組み込みます


■ 今回は、(@)。A。Bの混合です。 (「歌」のパートは、休み)

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

完全に、「メロ」「なぞっている」のでは「なく」「時々」「タイミングをずらしたり」等して、
ポイント的に、「なんとなく」、メロが入っています。

こうすると、「伴奏(カラオケ)」でもあり、また、歌メロを確認できるので、歌いやすいわけです。
ちなみに、「全て」、メロをなぞると、歌いやすいですが、面白みに欠けるので、「ほどよく」メロを入れたり・抜いたりするのが、伴奏のポイントでしょうか。




金魚の昼寝 

■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」の選択についてですが、大別、すると以下のものがあります。

   ・「同時和音」系。 「ブロック」タイプ
   ・「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ
   ・「混合」系。

そうしますと、今回は
「1〜4小節め」では、「同時・和音」中心です。
「5〜8小節め」では、「同時・和音」「分散・和音」の混合です。





2-2。 解説2

「4声体」はどうでしょうか。

「1〜2小節め」(第1フレーズ)は、「メロ(S)」が低いため、スペースが窮屈なので、「A」「T」は、一本まとめています。

「3〜4小節め」(第2フレーズ)は、片手伴奏で、Sメロ一部、奏しています。

「5〜8小節め」(第3・4フレーズ)は、複雑です。
「S」は、「メロ」なぞらず伴奏・独自「S」です。 なので、「メロ」より高い声部となっています。

これは、やはり「メロ」の声部が全体的に低めにあるため、伴奏も低くすると暗くなってしまいますので、
こういう場合は、「メロ」の声部の高さに関係なく、伴奏を作ります。


「4声体」は、完全に「区別・独立」させたり、「4声部」なければならないわけではありません。
ケースバイケースで、「(1。2)3声」減らす。まとめる。 逆に、「5声」細分化増やすこともOKです。

要するに、「4声体」とは、「標準」のようなもので、これを「骨格」「増・減」して書いていきます。
なので、序盤「3声」中盤「4声」終盤(全終止)「5声」。などの大まかな目安でもいいでしょう。

もちろん、曲により柔軟に対応してください。



(再掲)


「曲想」について
楽節内において、「4ブロック」に分けてみてみます。

「1〜2小節め」(第1フレーズ)は、出だしということで、ブンチャ・ブンチャと、淡々と、スタートしています。

「3〜4小節め」(第2フレーズ)は、伴奏を厚くし、また、メロも多めになぞり、前半を少し盛り上げて半終止します。

「5〜6小節め」(第3フレーズ)は、後半ですので、前半と対比するためにも、一気に雰囲気を変え盛り上げるため、「同時・和音」と「分散・和音」の混合です。

「7〜8小節め」(第4フレーズ)は、
低音部は、大まかな動きで、終止感を出すためにブレーキをかけつつ、
高音部では、細かな伴奏メロのなぞり盛り上げています。


「ポピュラー」で、「ヒーリング(イージーリスニング)」系のピアノ・ソロなども弾いてみたい。作曲・編曲してみたい。と思っている方もおられるかと思いますが、 「5〜6小節め」(第3フレーズ)は、そのベーシックな感覚がありますので、参考にしてください。。。

もちろん、「ヒーリング」系はの音楽要素は、それだけではありませんが、「伴奏法」的には、このような編曲が基本となっています。 具体的には、【目次】にもある「ピアノ伴奏法」「ポピュラーピアノ・作曲」関係を参考にしてください。







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)







inserted by FC2 system