「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-8
「中級」程度の曲例。 [菊の花]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [菊の花]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

ピアノ「伴奏の種類」を中心に説明いたします。
ピアノ「伴奏の種類」は、大別、3種類あります。

   @。「片手」伴奏。 (右手・メロ) [メロ・なぞり伴奏]
   A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
   B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]

@。「片手」伴奏は、「左手」で伴奏し、「右手」は「メロ」弾きます
A。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、「メロ」は歌などのように、弾きません
B。「両手」伴奏は、「両手」で伴奏し、さらに、「メロ」も「右手」に組み込みます


■ 内容です。

「序盤」(1〜4小節め)は、A。「両手」伴奏。 (メロ・なし)
「中盤」(5〜8小節め)は、A→B。「両手」伴奏。 (メロ・あり) [メロ・なぞり伴奏]に移行していきます。
「終盤」(9〜12小節め)は、ほぼ、Bで、盛り上げます。




菊の花 
【備考】
  ・ソフトの都合で、「反復記号」「D.S.」は、「D.C.」の代わりに使用しています。
  ・一部、修正したため、「音源」「楽譜」で異なる場所があります。

■ 伴奏の「パターン(型・奏法)」の選択についてですが、大別、すると以下のものがあります。

   ・「同時和音」系。 「ブロック」タイプ
   ・「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ
   ・「混合」系。

そうしますと、
「序盤」(1〜4小節め)は、「分散和音」系。 「アルペジオ」タイプ。
「中盤」(5〜8小節め)は、「混合」系。  また、「副・対旋律」の組み込み。
「終盤」(9〜12小節め)は、さらに、「メロ」なぞる

概略はそんな感じですが、見ての通り、細々複合しています。





2-2。 解説2

「4声体」(横の流れ)はどうでしょうか。

「序盤」(1〜4小節め)、「右手」は、「副・対旋律」です。
メロと逆方向上昇していきます。 「3小節め」は、8分音符で細かな対旋律を入れています。

「中盤」(5〜8小節め)の「副・対旋律」は、「ソ-ファ#〜」と、高い位置から下降しています。

「終盤」(9〜12小節め)、「10小節め」は、「下3度」「副旋律」
「11小節め」は、「コードトーン」をチョイスした「副旋律」です。


「副・対旋律」の書き方は、上記のように基本的なやり方をまず、マスターしましょう。
それに慣れてきましたら、「オブリガード」である「自由な対旋律」を練習しましょう。

コツは、「主・旋律(メロ)」と同じです。
結局は、「主・旋律(メロ)」以外に、別のメロを書くというこです。

この「旋律」(横の流れ)を、「2本」。「3本」増やす重ねる書き方が、「対位法」です。
「対位法」というと、大変、難しい音楽理論をイメージしますが、簡単にいえば、それだけの話しです。

意識して感覚的にやっていれば、「慣れ」で書けるようになりますので練習してみましょう。



(再掲)


「楽譜」の書き方について、別の曲でも書きましたが、追加で

「歌」のパートのように、単純に音符五線に収まるように、棒の向きを上下変えるような書き方もあれば、
「4声体」を区別するため、「S・A・T・B」別に、棒の向きを、「上・下・上・下」にする場合もあります。
また、「ピアノ譜」のように、曲想演奏法等を優先とし、見やすくした書き方もあります。

これらは、「混合」されて記譜される場合も多いです。 すなわち、
「ケースバイケース」で書き分ける。

それから、「休符」に関してですが、特に、「4声体」で書いた部分では、いちいち、「S・A・T・B」別に、「休符」も付ける場合もあれば、付けない場合もあります。 また、
「SとA」を、まとめて「一つ」休符にする場合も多いです。 ということで、


■ 結局は、楽譜の書き方は、国語の文体のように、ケースバイケースで書き分ける。対応するといったところで、要するに、「分かりやすく(見やすく)する」「区別を明確にしたい」等の個別目的に応じで、部分的に対応して書いてください。







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)







inserted by FC2 system