「中級(応用)@」 Z
曲例

【目次】 T U V W X Y Z [

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
曲例は、一旦、【目次】のZ戻ってください。
(曲例は、変更や増減する場合があるため)

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第0回 Z-0 bk-700  編曲の総合的なポイント
  第B回 Z-B bk-700B  編曲の総合的なポイント B
         
  第1回 Z-1 bk-701  曲例。「赤い靴」
  第2回 Z-2 bk-702  曲例。「赤とんぼ」
  第3回 Z-3 bk-703  曲例。「水師営の会見」
  第4回 Z-4 bk-704  曲例。「菅公」
  第5回 Z-5 bk-705  曲例。「児島高徳」
  第6回 Z-6 bk-706  曲例。「橘中佐」
  第7回 Z-7 bk-707  曲例。「金魚の昼寝」
  第8回 Z-8 bk-708  曲例。「菊の花」
  第9回 Z-9 bk-709  曲例。「靴が鳴る」
  第10回 Z-10 bk-710  曲例。「田植」





Z-10
「中級」程度の曲例。 [田植]









。 テーマ      

  

1。 「中級」程度の曲例。 [田植]

「中級」程度の曲例です。
「ピアノ」で、「両手」による、「歌・伴奏」(カラオケ)です。

「ピアノ譜」は、ソフトの都合で、大譜表ではありません。 「ピアノ・右手」「ピアノ・左手」です。
「歌」は、演奏していません。(伴奏・カラオケ)



「中級」では、「音楽理論(和声法・対位法)」等の知識が必要ですので、
別講座である、各「作曲」講座(その他)を事前に理解しておいてください。







。 「曲例」(ピアノ・両手伴奏) [歌・メロ・カラオケ] 

2-1。 解説1

■ ポイントのみ解説します。

P1(1ページ)です。

今回は、「メロ」なぞりと、「副・対旋律」が中心です。
「1(3)小節め」は、「メロ」なぞりです。

「2(4)小節め」は、「副・対旋律」が中心です。
「副・対旋律」は、「アドリブ(即興)」的なものなので、特に、要領・コツというものはないのですが、思いついた旋律を適当に書き込んでみましょう。

また、リズム厚みを付けるため、2分音符。4分音符ハモリ(棒が下向き)も入れてみます。


P1


田植

【備考】
  ・一部、修正したため、「音源」「楽譜」で異なる場所があります。

「おかず」(メロ以外の装飾)は、概ね、各「フレーズの後半」です。
そうしますと、偶数の小節。 「2。4。6。8小節め」です。

「メロ」が「無い」部分は間が空きますので、淋しいので「おかず」を挿入します。
ですので、「2。4。6。8小節め」など、偶数の小節や、「メロ」が「無い」部分では、必要に応じ適宜入れてみましょう。





2-2。 解説2

P2(2ページ)です。

こちらも同じような伴奏です。
「17〜19小節め」高音部(ト音記号部)は、「ハモリ」が中心です。
「ハモリ」の付け方は、もう慣れましたか?

「ハモリ」の付け方には、「下3度。上3度(下6度)」「コードトーン」の利用。「対旋律」があります。
どれを使うかは自由です。 自分なりにいろいろ試していると、コツ・ポイントが掴めるようになります。


P2

田植


「編曲」「アウトライン(概念)」です。 ポイントは、大別すると3点です。

   @。「縦軸」。(和音)
   A。「横軸」。(4声体)
   B。「リズム」。(同時・分散・混合)

@。「縦軸」とは、「和音」のことです。 
和音はどう配置しているか。 「縦」の関係はどうなっているか、確認することです。

A。「横軸」とは、「4声体」のように、各「声部(SATB)」の流れを確認します。 「副・対旋律」の場合もあるでしょう。

B。「リズム」組み込み方ができているか確認します。 「同時・分散・混合」による演奏方法がありました。

以上、この3点を、「俯瞰(ふかん)」意識しながらやれば、「編曲」とはなにをしたらいいのか? 見失うことがなくできるようになるでしょう。


「編曲」流れについて。

「編曲」の実際の作業は、どのようにやっているのでしょうか?
「即興」的にできる方は別として、自分のように、「テストを解く」ように・・・ ^^
コツコツやる場合についてお話ししますと、

「一気」にやろうとすると難しいわけで、例えば、

  ・「基本」コードの状態で、簡単な伴奏を適当に書く。 (大まかに作る)
  ・「同時」。「分散」。「混合」。「リズム」を意識した、演奏パターンを、
   「(半)小節・単位」くらいに分けて考える。
  ・横軸「B(バス)」を確認しながら書いていく。
  ・横軸「A(アルト)・T(テノール)」も、それぞれ、確認しながら書いていく。
  ・縦軸ボイシング(配置)を確認する。

などなど、その他にも細々なことはありますが、「一つずつ」時間をかけてやってみましょう。
一見、やることが沢山あり過ぎて大変そうなイメージがありますが、機械的に作業をすすめれば、時間をかけた分だけ作業は進みますので、それほど苦もなくできてしまうものです。

また、そもそも、「作曲・編曲」は、「ゲーム(パズル)」のようなものなので、「悩む(考える)」ことは「娯楽」のような「+」思考ですので、「テストの問題」を解く(考える)ような「-」「苦痛」ではないはずです。

ちなみに、「音楽理論(和声学)」等も、勉強ではありますが、いわば、「攻略法(解決策)」を学ぶようなものなので、自分の力になってくれる「友」であり頼もしいものですので、そう考えると興味もでてきますし、勉強にも力が入るものですね。。。 ^^







。 「備考」 

3-1。 まとめ (編曲の総合的なポイント)








。 「連続譜」 

4-1。 連続譜

■ 楽譜が見やすいように、連続表記です。
 
P1


田植 

 
P2

田植






inserted by FC2 system