チュートリアル U-2
「2部・形式」

【目次】

講座

U

 講座No

ファイル名

内容

備考

  第1回 U-1 cr-21  「2部・形式」 (A+B)メロの作曲 【C調】
  第2回 U-2 cr-22  「イントロ」「間奏」「エンディング」の書き方。 (Am調は省略) 【C調】
  第3回 U-3 cr-23  「2部・形式」 (A+B)メロの作曲 【Am調】




目次


U-2
「2部・形式」
「イントロ」「.間奏」「.エンディング」の書き方 【C調】




コンテンツ

 1 テーマ
  1。「イントロ・間奏・エンディング」を書く。(フルコーラス) 【C調】

 2 予備知識
  1。ダイアトニックコード・関連表  2。「度数」

 3  「フルコーラス」を完成させる。 【C調】 「簡単」な「イントロ」「間奏」「エンディング」を付ける。
  1。「簡単」な「イントロ」「間奏」「エンディング」の構成
  2。「イントロ」。「間奏」。「エンディング」の作り方
  3。「フルコーラス」の例 @
  4。「フルコーラス」の例 A







1。 テーマ    

1「イントロ・間奏・エンディング」を書く。(フルコーラス) 【C調】

「簡単」な「イントロ」。「間奏」。「エンディング」 が付けられるよう説明していきます。


【備考】
今回のテーマは、調性とは、特に関係ありませんので、
「Am調(短調)」は、重複をさけるため省略します。








2。 予備知識    

今回学習する講座の「予備知識」をいくつかあげておきました。

「テーマ」の学習にあたり、「基礎・下知識・参考」として、「必要」な場合は読んでください。
「不要」な場合は、「カット」して飛ばしてください。


2-1。ダイアトニックコード・関連表

「C調」

3和音 C Dm Em F G Am Bdim
Bmb5
ド・ミ・ソ レ・ファ・ラ ミ・ソ・シ ファ・ラ・ド ソ・シ・レ ラ・ド・ミ シ・レ・ファ

 

4和音
(セブンス)
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7

Bm7b5

ド・ミ・ソ・シ レ・ファ・ラ・ド ミ・ソ・シ・レ ファ・ラ・ド・ミ ソ・シ・レ・ファ ラ・ド・ミ・ソ シ・レ・ファ・ラ
 

 記号

主和音     下属和音 属和音    
主要3
和音
Sの代理コード
Tの代理コード
主要3
和音
主要3
和音
Tの代理コード
Dの代理コード
T (S)  (T)  S D (T) (D) 

トニック

 

 

サブドミナント

ドミナント

 

 

度数表記

T U V W X Y Z






■ 注意すべき「dim」系のコード

コードネーム
(他の表記方法)
和音数 構成音
(第1・3・57音の順)
備考
@  ・Bdim
 ・Bm
♭5  (Bm-5)
3和音  シ・レ・ファ  ・dimは、「減5」
 ・「♭5」「-5」「減5」
A  ・Bm7♭5 (Bm7-5) 4和音  シ・レ・ファ  ・「ハーフdim」とも呼ばれる
B  ・Bdim7   4和音  シ・レ・ファラ♭(ソ#)  ・dim7は、「減7」。(短7・長7ではない)

 ・ジャンルによっては、して、Bdim=Bdim7とする場合もあるので注意。






2-2。「度数」

「度数」とは

「度数」とは、音程の読み方です。








※1 例。「」の音に対しての度数の数え方 (に数える)。

例えば、「※1」のように、「」を「基準」にし、上に数える場合は、このようになります。
ちなみに、下に数える場合と区別することを考え、「+(プラス)」とか「上」などとします。 例。+3度。3度上。



※2 例。「」の音に対しての度数の数え方 (に数える)。

例えば、「※2」のように、「」を「基準」にし、下に数える場合は、このようになります。
ちなみに、上に数える場合と区別することを考え、「-(マイナス)」とか「下」などとします。 例。-3度。3度下。



※3 例。「」の音に対しての度数の数え方。

例えば、「※3」のように、「」を「基準」にし、上に数える場合は、このようになります。。








3。 「フルコーラス」を完成させる 【C調】    

3-1。「簡単」な「イントロ」「間奏」「エンディング」の構成

「フル・コーラス」にするため、「イントロ」。「間奏」。「エンディング」をつけてみます。 
ただし、今回は「簡易・便宜」的なものにします。 

下記の構成が「2部・形式」で最もシンプルな形です。 
「イントロ」。「間奏」。「エンディング」は、「4小節」程度でも、「8小節」程度でもいいです。



構成例 (フル・コーラス)

(簡易)版 イントロ 4 または 8小節程度

1部

1番

Aメロ

8小節

2部

Bメロ

8小節

(簡易)版 間奏 4 または 8小節程度

1部

2番

Aメロ

8小節

2部

Bメロ

8小節

(簡易)版 エンディング 4 または 8小節程度

「イントロ」。「間奏」。「エンディング」は、それぞれ、
これから曲が「始まる」感じ。 「お口なおし」。 「これで終わりますよ」・・・といった曲感ですね。
なので、「曲感」は「別」ものですが、「技巧的」には「同じ」です。 






3-2。「イントロ」。「間奏」。「エンディング」の作り方 

「イントロ」。「間奏」。「エンディング」の作り方としては大別すると、 

@。新規に、「AメロやBメロ」の要領で「メロ先・作曲」する方法。 
A。「AメロやBメロ」の一部を「コピー」して使う方法があります。




@。新規に、「作曲」する方法

「Aメロ」や「Bメロ」と同じ要領で、「イントロ」「間奏」「エンディング」を、「新規」に書いてもいいです。 
その場合は、
「8小節」または「4小節」程度で、それぞれ、

「これから曲が始まる予感がする曲感」。 「お口なおしの曲感」。 「これで終わりますよ」
といった曲感。を意識することがポイントですね。




A。「Aメロ」や「Bメロ」の一部を「コピー」して使う方法

これは、とにかく、「簡単」  例えば、

「Aメロ」「後半4小節」を、「コピー」して使う。
「Bメロ」「後半4小節」を、「コピー」して使う。


例えば、下譜のような構成の「2部・形式」で、「イントロ」を作る場合

【※1】の場合は、「Aメロ」「後半」を、イントロとして「コピー」して使う場合。
【※2】の場合は、「Bメロ」「後半」を、イントロとして「コピー」して使う場合です。






「イントロ」のポイント   

「イントロ」「間奏」「エンディング」を、区別するなら、「曲感」の違いだけでしょう。
「イントロ」とは、「本体(A・Bメロ)」の前奏部分です。 

自分の場合は、いきなり、「イントロ」を書く。ということはまずないですね。 
だいたい、「Aメロ」「Bメロ」ができてから考えます。 
やっぱり、「Aメロ」「Bメロ」に対して、どうのような「イントロ」がいいか? 考えるからです。




「間奏」のポイント   

「間奏」とは、「お口なおし」。「気分転換」。といったニュアンスで書くところです。 
なので、できれば、「新規」に「間奏」を考えるほうがいいかもしれませんね。 




「エンディング」のポイント

「エンディング」とは、「本体(A・B)」の後奏部分です。 場合によっては、
「エンドレス(繰り返し)」「フェードアウト(だんだん、音量を小さくしていくこと)」方法もいいですね。 






3-3。「フルコーラス」の例 @

譜例は、「2部形式(A+B)」で、「イントロ」。「間奏」。「エンディング」の部分を「新規」に作ってみました。


 
イントロ」 - (1番)「A・B」 - 「間奏」 - (2番)「A・B」 - 「エンディング







♪ 22.1





「イントロ」・「間奏」・「エンディング」は、簡単なコードパターン「4小節」で作りました。   

 

      コードパターン

イントロ

     C - F - G7 - C

間奏

     C - F - Bdim - C

エンディング

     C - Dm - G7 - C


簡単な、「コードパターン」を利用しての例でした。


「簡単」な「イントロ」「間奏」「エンディング」の作り方ということで、
「小節の長さ」も、主に「半楽節(4小節)」の例でやってみましたが、
もちろん、「小節の長さ」は、本来自由ですので、「楽節(8小節)」でもいいです。 




【備考】
・すでに、「コード付け」についてのやりかたは学習しましたので、
楽曲内の「コード付け」についての説明は、省略いたします。






3-4。「フルコーラス」の例 A

では、もう一曲、例をあげてみます。 
これも、シンプルな構成です。 「イントロ」。「間奏」。「エンディング」は、「4小節」ずつです。 


◆ 一ヶ所、コード進行としてポイントがありますので、説明しますと、
「間奏」の部分で、「Am-F-Dm-G7」となっていて、
C「終わっていません」

これは、「2番・Aメロ」の出だしの
C(25小節め)と兼用にしているためです。
このように、「イントロ」。「間奏」。「エンディング」のコード進行の「終わり」が、「C」で「ない」場合が結構ありますので覚えておくとよいでしょう。  (もちろん、「C調」のお話しですよ)


小節

24小節

25小節

 

間奏

2番・Aメロ

コード G7 C

 
イントロ」 - (1番)「A・B」 - 「間奏」 - (2番)「A・B」 - 「エンディング





22.3



【備考】
・すでに、「コード付け」についてのやりかたは学習しましたので、
楽曲内の「コード付け」についての説明は、省略いたします。







inserted by FC2 system