チュートリアル V-3
「3部・形式」 その他

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容

備考

  第1回 V-1 cr-31  「3部・形式」 C(A')メロの書き方&カデンツ・コード進行 【C調】
  第2回 V-2 cr-32  「3部・形式」 C(A')メロの書き方&カデンツ・コード進行 【Am調】
  第3回 V-3 cr-33  「多声」合奏伴奏 (簡易) -




目次


V-3
「3部・形式」 その他
「多声」合奏伴奏 (簡易)




コンテンツ

 1 テーマ
  1。簡単な「多声」合奏伴奏が書けるようになろう。

 2 「多声」合奏伴奏 (簡易)
  1。「多声・合奏」の種類
  2。曲例







1。 テーマ   

1。簡単な「多声」合奏伴奏が書けるようになろう。

今回は、「多声」合奏伴奏です。 

普通、「メロ」ができたら、次に「伴奏」を考えるわけですが、そうなると、まず考えるのは、「コード」伴奏ですね。
もう一つ、大きな伴奏方法があります。 

それが、「ハモリ(副旋律)」「対旋律(オブリガード)」などです。 
それらを合奏することにより、より楽曲が活き活きしてきますので活用してみましょう。




「予備知識(参考資料)」

【備考】
「予備知識(参考資料)」は、重複を避け、画面をスリム化するため、「別ページ」にリンクしました。
必要に応じご覧ください。 







2。 「多声」合奏伴奏 (簡易)    

今回学習する講座の「予備知識」をいくつかあげておきました。

「テーマ」の学習にあたり、「基礎・下知識・参考」として、「必要」な場合は読んでください。
「不要」な場合は、「カット」して飛ばしてください。


2-1。「多声・合奏」の種類

主なものとしては、「ハモリ」。 「ロングトーン」(カウンター)。 「オブリガード」など、いろいろあります。 それぞれ、具体的にみていきましょう。



「ハーモニー(ハモリ)」的なもの

・「下3度重ね」。 「上3度重ね」。 「下6度重ね」などが、基本的なものです。

今回は、「下3度重ね」の例です。
「1小節め」で説明しますと、上が「メロ」。 それに対し、「下3度」に「ハモリ」を付けています。

「メロ」が「ソ」なら、「ハモリ」は「下3度」ですから、「ミ」ということです。
ただし、機械的に、全て、「下3度」にはなりませんので、注意してください。

今回は、特に問題ありませんでしたが、違和感が必ずといっていいほど、発生しますので、その際は「修正」が必要です。 その場合は、いくつか解決する方法がありますが、「下4度」に修正するとかが多いです。

「下3度重ね」以外の、「上3度重ね」。 「下6度重ね」も、「下3度重ね」と要領・考え方は同じですので省略します。






♪ 33.1





「アルペジオ」的なもの

・コードトーンを活用し、「アルペジオ」風に作るケースです。 「ベースランニング」にも使えます。






♪ 33.2





「ロングトーン(カウンター)」的なもの

・「全音符」や「2分音符」などで奏する。
・「1音ずつ」、コードトーンを選んでもいいし、「重音」。「和音」。でもよい。






♪ 33.3





「オブリガード」

「オブリガード」とは、「メロ(主旋律)」に対いる「もう一つの旋律」のことです。
「メロ(主旋律)」を書く感覚で、「オブリガード」も書いてください。

「メロ」も、理論理屈で書かないように、「オブリガード」も結局、感覚的な「慣れ」ですので、「習うよりは慣れろ」で試行錯誤しているうちに書けるようになると思います。





♪ 33.4





「ベースランニング」

「ベースランニング」風の伴奏です。
今回の曲の場合では、「4分音符」中心の「リズム」を刻みながら、同時に、シンプルで「メロディック(旋律的)」な要素も取り入れて奏するものです。






♪ 33.5







2-2。曲例

解説

楽曲にまとめて奏した例を書いてみました。

「Aメロ」伴奏において、「1〜4小節め」は、「全音符」中心の「ロングトーン」。 カウンター。
 その後、次第に、「2分音符」〜「4分音符」と短い音。

「Bメロ」伴奏において、「8分音符」で、オブリガード。

「A'」の伴奏において、次第に「ベースランニング」風に奏しています。








mp3 33.8
参考 *







inserted by FC2 system