チュートリアル W-2
その他の技法

【目次】

講座

W

 講座No

ファイル名

内容

備考

  第1回 W-1 cr-41  「分割」 (U-X)・「代理」・「借用」・「終止(形)」 -
  第2回 W-2 cr-42  「本格・転調」・「導入句」 【C調】
  第3回 W-3 cr-43  「本格・転調」・「導入句」 【Am調】
  第4回 W-4 cr-44  「ピボット転調」。 その他 -




目次


W-2
その他の技法
「本格・転調」・「導入句」 【C調】




コンテンツ

 1 テーマ
  1。「本格・転調」。 「導入句」 【C調】

 2 「本格・転調」 【C調】
  1。「本格・転調」とは?  4。「C調→G調」の転調
  2。「本格・転調」の方法  5。「C調→Dm調」の転調
  3。「C調→Am調」の転調  6。【C調】からの「本格・転調」の基本 

 3 「導入句」 【C調】
  1。「C調→Am調」の導入句







1。 テーマ   

1「本格・転調」。 「導入句」 【C調】

今回は、「C調」からの「本格・転調」を中心に行います。
また、付随して、「導入句」についても学びます。




「予備知識(参考資料)」

【備考】
「予備知識(参考資料)」は、重複を避け、画面をスリム化するため、「別ページ」にリンクしました。
必要に応じご覧ください。 







2。 「本格・転調」  【C調】   

2-1。「本格・転調」とは?

「転調」とは、「調性」か変わるということです。 要するに、
「C調→F調」や「C調→Am調」など、変わることです。

「本格・転調」とは、「楽節」単位で転調する場合などをいいます。 要するに、
「Aメロ」「Bメロ」「Cメロ」などの「楽節・単位」で、転調するということです。 






2-2。「本格・転調」の方法

「2部・形式(A+B)」で、「C調」から「Am調」に転調する場合で説明しますが、
簡単にいうと、「Bメロ」で「転調」します。 また、

「3部・形式(A+B+A')」では、「C調」から「Am調」に転調する場合、
例えば、「Bメロ」で「転調」します。 




「2部・形式(A+B)」 (「C調」から「Am調」)に「転調」する例

1部 (Aメロ)

C調

主調

原調

 

2部 (Bメロ)

Am調

Y度調(平行調)

新調

転調





「3部・形式(A+B+A')」 (「C調」から「Am調」)に「転調」および「復調」する例

1部 (Aメロ)

C調

主調

原調

 

2部 (Bメロ)

Am調

Y度調(平行調)

新調

転調

3部 (A'メロ)

C調

主調

原調

復調(復帰)






2-3。「C調→Am調」の転調

「C調」から「Am調」に転調するには、  「E7-Am」(X7-T)にして書いていく



下譜。「2部形式(A+B)」で、「C調→Am調」の転調の例です。

「Aメロ」は「C調」です。 
これを、「Bメロ」を、「Am調」で「転調」する場合は、
「Am調」の「X7-T」にして、「Bメロ」を書いていきます。

「Bメロ」を、「Am調」に転調するわけですので、「9小節」めは、「Am」コードにし、そして、次に、
その前に、「E7」前置します。 すなわち、
「E7-Am」のコード進行にします。 そして、「Am調」の「Bメロ」を書いていきます。



Aメロ

Bメロ

8小節

9小節

G7-C

E7

Am

C調のX7-T(終止)

Am調のX7-T

原調 (C調)

新調 (Am調)

原調「終止」の後に、  新調の「X7-T」にして、転調する




「C調」→「Am調」



♪ 42-tencho-c-am
(Bメロ=自然的・短音階)
参考 *


【備考】。 
今回の譜例では、「Bメロ直前」は、「和声的・短音階」でE7。 
「Bメロ」では、「自然的・短音階」が良さそうでしたので「Em」にしました。

大抵の楽曲では、「和声的・短音階」の、E7を使うことが多いので、今回はめずらしいですね。






2-4。「C調→G調」の転調

「C調」から「G調」に転調するには、  「D7-G」(X7-T)にして書いていく



下譜。「2部形式(A+B)」で、「C調→G調」の転調の例です。

「Aメロ」は「C調」です。 
これの、「Bメロ」を、「G調」で「転調」する場合は、
「G調」の「X7-T」にして、「Bメロ」を書いていきます。

「Bメロ」を、「G調」に転調するわけですので、「9小節」めは、「G」コードにし、次に、
その前に、「D7」前置します。 すなわち、
「D7-G」のコード進行にします。 そして、「G調」の「Bメロ」を書いていきます。



Aメロ

Bメロ

8小節

9小節

G7-C

D7

G

C調のX7-T(終止)

G調のX7-T

原調 (C調)

新調 (G調)

原調「終止」の後に、  新調の「X7-T」にして、転調する




「C調」→「G調」



♪ 42-tencho-c-g
*






2-5。「C調→Dm調」の転調

「C調」から「Dm調」に転調するには、  「A7-Dm」(X7-T)にして書いていく



下譜。「2部形式(A+B)」で、「C調→Dm調」の転調の例です。

「Aメロ」は「C調」です。 
これの、「Bメロ」を、「Dm調」で「転調」する場合は、
「Dm調」の「X7-T」にして、「Bメロ」を書いていきます。

「Bメロ」を、「Dm調」に転調するわけですので、「9小節」めは、「Dm」コードにし、次に、
その前に、「A7」前置します。 すなわち、
「A7-Dm」のコード進行にします。 そして、「Dm調」の「Bメロ」を書いていきます。



Aメロ

Bメロ

8小節

9小節

G7-C

A7

Dm

C調のX7-T(終止)

Dm調のX7-T

原調 (C調)

新調 (Dm調)

原調「終止」の後に、  新調の「X7-T」にして、転調する




「C調」→「Dm調」



♪ 42-tencho-c-dm
*






2-6。【C調】からの「本格・転調」の基本

 原調終止(形)

新調の「X7-T」にして書いていく

 Dm調」に転調するには、

  「A7-Dm」にして書いていく  

 Em調    

  「B7-Em    

 F調     

  「C7-F     

 G調     

  「D7-G     

 Am(平行)調  

  「E7-Am    

 Cm(同主)調  〃

  「G7-Cm    


「C調」から、各・調への「本格転調」する場合の、「V7-I」の一覧表です。








3。 「導入句」  【C調】   

「導入句」についてです。
例えば、「Bメロ」に転調する場合、「Aメロ」から「Bメロ」に「いきなり」転調してもかまわないのですが、
ちょっと、「唐突」な感じがしますし、「味気が無い」感じもします。

そんな場合、工夫として、「Bメロ」の前に、「前振り」するようなものです。
要するに、走るときの合図である、「用意・ドン」。 の「用意」の部分でしょうね。

いきなり、「Bメロ」が、「ドン」とスタートするのではなく、
「用意・・・」「ドン」と、「用意・・・」の前振り部分があると、これから「Bメロ」がスタートしますよ〜という
「予感」を感じますよね。 いわば、「導入句」とは、そんなイメージの部分です。






3-1。「C調→Am調」の導入句

「導入」部分は、「9〜10小節め」です。 
「導入」部分で、今回は「Am調」に「転調」していますので、「9小節めの前」に、「E7」が前置してあります。

そして、短いですが、「9〜10小節め」
で導入句を奏して、「11小節め」の「Bメロ」に転調しながら入っていきます。


Aメロ

導入句

Bメロ

8小節

9小節

10小節

11小節

G7-C E7

Am

Em

Am

C調のX7-T
(終止)

C調のX7-T(終止)

Am調のX7-T

原調 (C調)

原調 (C調)

新調 (Am調)




「C調」→「Am調」



mp3 42-doonyu-c-am
*







inserted by FC2 system