チュートリアル Ⅳ-4
その他の技法

【目次】

講座

 講座No

ファイル名

内容

備考

  第1回 Ⅳ-1 cr-41  「分割」 (Ⅱ-Ⅴ)・「代理」・「借用」・「終止(形)」 -
  第2回 Ⅳ-2 cr-42  「本格・転調」・「導入句」 【C調】
  第3回 Ⅳ-3 cr-43  「本格・転調」・「導入句」 【Am調】
  第4回 Ⅳ-4 cr-44  「ピボット転調」。 その他 -




目次


Ⅳ-4
その他の技法
「ピボット転調」。 その他




コンテンツ

 1 テーマ
  1。「ピボット」転調

 2 ピボット・転調
  1。「ピボット」転調とは  3。曲例 ① [Am調→C調→Am調]
  2。「復調(復帰)」とは  4。曲例 ② [Am調→Em調]】
  5。曲例 ③  [同主調](準固有和音)   







1。 テーマ    

1「ピボット転調」

「ピボット・転調」とは、「Ⅴ7-Ⅰ」でするような「転調」とは違い、

「2つの調」のダイアトニック・コードの「共通」する「コード」(ピボットコード)を介し、転調する方法です。
明確な転調の「境界」がありません。 それゆえ、自然な転調が可能です。




「予備知識(参考資料)」

【備考】
「予備知識(参考資料)」は、重複を避け、画面をスリム化するため、「別ページ」にリンクしました。
必要に応じご覧ください。 







2。 「ピボット」転調    

2-1。「ピボット」転調とは

「ピボット」転調とは、転調する場合、「2つの調性」間の「共通」のコードにして、転調する方法です。

「C調」「Em調」に転調する場合は、
例えば、「Am」が、両方の調にありますので、これを利用して、例では、転調しました。

ですので、
「1~4小節め」。 「C調」
「5~8小節め」。 「Em調」。  (「5小節め」が、「ピボット」)




「C調」→「Em調」



♪ 44.1
 参考 *


C調
C Dm Em F G7 Am Bm♭5
[Bdim]

Em調
Em F#m♭5
[F#dim]
G Am Bm(B7) C D7





2-2。「復調(復帰)」とは

「復調(復帰)」とは、「新調(転調後)」から、 「原調(転調前)」に戻ることをいう。 



「C調」を、主調とした場合の例

転調

 

C調(原調)

Am調(新調)

C調(原調)

 

復調(復帰)






2-3。曲例 ①  [Am調→C調→Am調] 

「3部形式」(A+B+A)です。
転調は、
「Am調」「C調(部分転調)」→「Am調」です。 (「本格・転調」ではなく、「部分・転調」)

転調するときは、「Bメロ」の最初で、「C調」に「転調」するので、簡単ですが、
すぐ、「12小節め」で、「Am調」に「復帰」するのが、ちょっと、難しいかもしれません。





【Am調】→【C調】→【Am調】の転調 (転調・あり)

 

Aメロ

Bメロ

小節

9小節

10小節

11小節

12小節

13小節

14小節

コード進行

Am

G7

C

F/C

G7

E7

Am

C調 (新調)

 

C:Ⅴ7

C:Ⅰ

C:Ⅳ

C:Ⅴ7

 

 

Am調 (原調)

Am:Ⅰ

 

 

 

Am:Ⅶ7

Am:Ⅴ7

Am:Ⅰ

 

 

Ⅴ-Ⅰ
転調

 

ピボット
転調

(復調)

 

 




「Am調」→【C調】→「Am調」 の転調 (転調・あり)



mp3 44.2-am-c-am
*


■ 転調は、「Am調」→「C調(部分転調)」→「Am調」です。 (「本格・転調」ではなく、「部分・転調」)

「Am調」。 「1~9小節」め」。
「C調」。 「10~12小節め)。 「12小節め」の「G7」で「ピボット」
「Am調」。 「12~25小節め」。

■ 備考。
・「6小節め」のB7は、「B7-E7-Am」のWドミナント。




★余談 (小話)。  【Am調】→【Am調】→【Am調】の転調 (転調・なし)

【余談 (小話)】 
「Am調」に戻す方法。

前回の転調した曲は、直接、「転調(Am調→C調→Am調)」して書いたのですが、
これを、転調しない、「Am調」だけの曲に戻してみましょう。
要するに、「Am調とC調」の平行調の関係について説明します。
  
「Am調」「C調」は、「3度」の関係にあります。
主音でいうと、「Am調」「ラ」。 
「C調」「ド」ですから、「3度」の関係にあることがわかります。  (続く・※)

 

Aメロ

Bメロ

小節

9小節

10小節

11小節

12小節

13小節

14小節

コード進行

Am

E7

Am

Dm/A

E7

E7

Am




「Am調」→【Am調】→「Am調」 の転調 (転調・なし)



mp3 44.2-am-am-am
*
(「Am調・(赤枠)」にしたところが「短調」と分かりやすいよう、伴奏音強調してあります)


(※・続き)
■ 前回、「C調」に「転調した」曲のコード進行の部分は、細かくいうと「9~12小節め」の
「G7-C-F/C-G7」です。

これを、「Am調」にするには、コードを「3度・下」に移動します。
 すなわち、
「C調」部分の「G7-C-F/C-G7」を、3度・下のコードに書き換えると、
「Am調」は、
「E7-Am-Dm/A-E7」となります。

 (ただし、「メロディー」も変えていいですが、今回は、変えませんでした)
  
★「注意」
「3度・下」のコードに移動させる場合、注意してください。

「C調」部分の「G7-C-F/C-G7」
「Am調」は、「E7-Am-Dm/A-E7」ですが、 例えば、

「C」「3度・下」のコードは、「Am」です。 
「A」ではありませんので、注意してください。 勘違いしやすいですので・・・

あくまでも、「ダイアトニック・コード表」をみて、コードの「度数の位置」で考えてください。





2-4。曲例 ②  [Am調→Em調]

「Am調」→「Em調」の転調です。




「Am調」→「Em調」の転調

小節

1

2

3

4

5

6

7

8

コード

Am

E7

C

Dm

Em

D

B7

Em

Am調

Am調

 

 

 

Em調

 

 

 

 

Em調

 

 

 

 

 

↑Emの共通(ピボット)コードで、
「ピボット転調」


ここは、「Em」で、「ピボット」転調しています。



「Am調」→「Em調」



♪ 44.3
*






2-5。曲例 ③  [同主調](準固有和音)

「C調」→「Cm調」に、ピボット転調する場合、
「Cm調」の「ダイアトニックコード(準固有和音)」で代用・共用して、事実上の「ピボット転調」します。


例えば、「C調」の「F」を、「Cm調」の「Fm」に代用・共用して転調する。
今回は、
「C調」の「Dm」を、「Cm調」の「Dm7♭5」に代用・共用して転調しました。




「C調」の「準固有コード」である、「Cm調」のコードを使い転調させる

小節

1

2

3

4

コード

C

F

Dm7♭5

G7

C調

 

C調

(C調・準固有和音)

 

Cm調

Cm調

 

 

転調 



「C調」→「Cm調」
(ただし、復帰せず、Cm調で終える予定の場合) (ピカルディの三度)



44.4
*


最後のCは、本来、「Cm調」で終わる場合は、Cmですが、
(ただし、復帰せず、Cm調で終える予定の場合) (ピカルディの三度)
メジャーコードのCにする技法がよくありますので、「C(長和音)」にしてみました。
(ピカルディの三度)

ちなみに、「7小節め」のメロは、「調号」があるので、「ミ♭」-「レ」-「ミ♭」-「レ」です。 念のため。





復帰」。例① (良)



「C調」→「Cm調」→「C調(復帰)」



44.5
*


最後の「7小節め」で、「C調」に「復帰」してみました。

ただし、機械的に、いきなり「メロ」において、
「ミ♮」-「レ」-「ミ♮」-「レ」。 と、「ミ♮」にすると、復帰が「唐突」な感じがしますので、「ミ♭」-「レ」-「ミ♮」-「レ」と、「ミ」のラインを、「ミ♭」「ミ♮」と、「半音進行」にすると、無理がないように感じます。


「半音進行」は、「特殊」な力があります。 特に、「転調(復調)」には、有効的ですので模索してみてください。





復帰」。例② (あまり良くない)



「C調」→「Cm調」→「C調(復帰)」



44.6
*


最後の「7小節め」で、「C調」に「復帰」してみました。

ただし、機械的に、いきなり「メロ」において、
「ミ♮」-「レ」-「ミ♮」-「レ」。 と、「ミ♮」にすると、復帰が「唐突」な感じがするので、あまり良くありません。







inserted by FC2 system