「日本伝統音楽」 T

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 jp-11  「基礎知識」
  第2回 T-2 jp-12  「コード付け」例@ [平・調子]
  第3回 T-3 jp-13  「前項・詳細解説」(例@)
  第4回 T-4 jp-14  「コード付け」例A [平・調子]
  第5回 T-5 jp-15  「コード付け」例B [平・調子]
  第6回 T-6 jp-16  「コード付け」例C [乃木・調子]。(楽・調子。雲井・調子)





T-1
「基礎知識」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「基礎知識」

「日本伝統音楽」「基礎知識」です。

しかし、楽器・音楽ジャンルにより、範囲が「広範囲」になりキリがありませんので、
「琴(箏曲)」中心に、まず、「平・調子」を、その他に関しては簡潔といたします。

「音階」と「コード」の早見表(pdf)







。 「基礎知識」      

2-1。 「音階」(都節)

「日本伝統音階」には、「都節・音階」。「律・音階」。「民謡・音階」。「琉球・音階」4つに大別されているようですが、「都節・音階」を中心にやってみます。




「都節・音階」を、「C(ド)主音」としたものと、「A(ラ)主音」としたものです。
基本の音階は、「5つ(5声)」の音です。

「C(ド)主音」なら、「ド。レ♭。ファ。ソ。ラ♭。(ド)」





■ ちなみに、「都節・音階」の「主音」は、理解しやすいよう、必要に応じ変更します。
まずは、「C主音」「A主音」で説明します。





2-2。 「和音(コード)」

「伴奏」を書くために、「和音(コード)」を付けます。

ただし、その考え方は近代・現代の概念であり、それ以前では「和音(コード)」という概念はなかったらしく、
ゆうならば、「和声法」的な伴奏と、「対位法」的な伴奏とするならば、
以前は、「対位法」的な伴奏であり、今回は、「和声法」的な伴奏を考えたいと思います。

ちなみに、「対位法」的な伴奏は、最終的には必須であり、これに関しては、西洋音楽でもそうであるように、「説明」するのは大変難しい分野なので、「音感」学び取るしかないことだと思いますので、各自の努力ということでお願いいたします。

また、「コード(和音)」を考える場合、

  ・【Sコード】=「西洋(音楽)」の馴染みである、「C(ドミソ)」などのコードと
  ・【Jコード】=「日本(伝統音階)」から作られる「コード」が考えられます。

ですので、この「両方」をやってみます。
「呼び名」がないので、区別するため、便宜的にここでは【Sコード】【Jコード】とします。



上段に、【S(西洋)コード】「C(ド)主音」としたものと、「A(ラ)主音」としたもの。
下段に、【J(日本)コード】「C(ド)主音」としたものと、「A(ラ)主音」としたものです。

【S(西洋)コード】は、主に「3度」で積まれたコードであり、
【J(日本)コード】は、「4度」で積んで構成できるようなので、基本的なコードは、
下譜のようになります。

よって、「コードネーム」を区別するため、便宜上、ここでは
【S(西洋)コード】は、通常の「コードネーム」で表記し
【J(日本)コード】は、「都C」「都G」「都D♭」 (「都F」は、例外)
とします。 詳細は、説明が煩雑になり、混乱しますので省略し、必要な方は、参考サイトをご覧ください。









早見表の見方

「音階」と「コード」の早見表(pdf) の見方の解説です。 簡単に説明しますと、

「左側」半分は、「お琴」「平・調子(都節・音階)」を基準に、各「主音」別に、どの音なのか、
  「半音」単位で表にしてあります。

「右側」半分は、それに対し、【J(日本)コード】の、解説に必要なものをまとめています。
  「C主音」。「D主音」。「E主音」。「A主音」です。 
  各「コード」の構成音は、度数では、勘違いしやすいので、このように「半音」の表で、正確に
  分かるようにしています。

  ちなみに、ここは、「4度」で積んだコードですので、「西洋」「3度」で積んだコードとは違います。
  よって、「コードネーム」は、「都C」。「都G」。「都D♭」。(都F)。としていますので注意してください。

「右下」は、【S(西洋)コード】の、解説に必要なものをまとめています。
  「C主音」。「D主音」。「E主音」。「A主音」です。 
  「メロ」に対して、「コード」選択肢がすぐわかるように、表にしてあります。

  例えば、「C主音」では、メロなら、「Csus4」「Fm」ということです。
  ちなみに、「西洋」「C調・Cm調」などとは違いますので注意してください。
  「長調」「短調」ではありません






inserted by FC2 system