「日本伝統音楽」 T

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 jp-11  「基礎知識」
  第2回 T-2 jp-12  「コード付け」例@ [平・調子]
  第3回 T-3 jp-13  「前項・詳細解説」(例@)
  第4回 T-4 jp-14  「コード付け」例A [平・調子]
  第5回 T-5 jp-15  「コード付け」例B [平・調子]
  第6回 T-6 jp-16  「コード付け」例C [乃木・調子]。(楽・調子。雲井・調子)





T-3
「前項・詳細解説」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「前項・詳細解説」

「前項・詳細解説」です。

「前項」で、説明しきれなかった内容の追加・補足です。

「音階」と「コード」の早見表(pdf)







。 「前項・詳細解説」      

2-1。 「コード付け」(平調子・C主音)

「平調子・C主音」「都節・音階」での「コード付け」をしてみます。  
【J(日本)コード】は、「都C」。「都G」。「都D♭」です。 


■ この曲のように、「メロ(唄)」を見ると、「出だしの音」は、ともかく、「最後の音」は、「ソ」です。
「都節・音階」では、「終止音」は、「核音」が多いらしい。 ということで、「都節・音階」についての理論について調べてみると、「2-2」のようになる。
 

【J(日本)コード】付け。










2-2。 「音階」(平調子・C主音)。「主音・核音・中間音」

■ 「音階」の中身として、「平調子・C主音」「都節・音階」で説明しますと、

  ・「主音」が「ド」。 
  ・「核音(赤○)」が「ド」。「ファ」。「ソ」。「(ド)」。 
  ・「中間音(緑□)」が「レ♭」。「ラ♭」とされている。

そして、「終止音」は、「核音」が多いようです。
そうしますと、「2-1」の曲でも、「メロ」「ソ」「核音」でした。










2-3。 「都節」「4度・3和音」(平調子・C主音)

「4度・3和音」について説明します。 「都節・音階」上において、基本コードは、

  ・「都C」=「ド(中音)。ファ。ソ」
  ・「都G」=「ソ(中音)。ド。レ♭」
  ・「都D♭」=「レ♭(中音)。ソ。ラ♭」

ここでは、「コードネーム」を上記とし、「中音」と呼ばれる音を、「西洋コード」に準じ、「一番下」に配置させています。 


日本音階・コード生成表(nh-code)・pdf




「コード」が、なぜ、「都T」。「都U」。「都X」。 しかないのか?
   (当サイトでは、「都C」=都T 「都D♭」=都U 「都G」=都X と表記しています) 


「コード」の生成についてですが、「都C」=都T 「都D♭」=都U 「都G」=都X (「都F」=W)
がありますが、これを見ると、元々、

「基本音階」は、「T=ドU=レ♭VW=ファX=ソY=ラ♭Z」なので、
「V」「Z」は、そもそもありません。 また、

「W=ファ」のコードは、「基本音階」段階では、
「ファ(中音)・シ♭(上音・上4度)・ド(下音・下4度[上5度])」のため
今の段階では、シ♭(上音・上4度)が、存在しないため、
「4度堆積・和音」が生成できないので、「無し」とする。 次に

「Y=ラ♭」のコードは、 「ラ♭(中音)・シ♭(上音・上4度)・ミ(下音・下4度[上5度])」のため
ミ(下音・下4度[上5度]は、存在しないため、「4度堆積・和音」が生成できないので、「無い」

残るは、T=ド。U=レ♭。X=ソ。 を「中音」とする「4度堆積・和音」だけとなる。
すなわち、「都C」=都T 「都D♭」=都U 「都G」=都X だけとなる。
(「都F」=W)は、現段階では、無し。


ということで、「コード」が、なぜ、「都T」。「都U」。「都X」。 すなわち、
「都C」=都T 「都D♭」=都U 「都G」=都X。しかないのか? 不思議でしたが、お分かりでしょうか。
かなり面倒なので、分かりづらいですね・・・。 詳細は、参考サイトをご覧ください。

「音階」と「コード」の早見表(pdf)





2-4。 「西洋コード」付けの生成。(平調子・C主音)

「都節・音階(平調子・C主音)」上における、無難使用可能「西洋コード」の生成についてみると

「基本音階」は、「T=ドU=レ♭VW=ファX=ソY=ラ♭Z」なので、
まず、「V」「Z」は、そもそもありません。 また、

「X=ソ」は、「ソ・シ♭・レ」の「3度・和音」を考えると、「シ♭」が無いので、作れない
「Y=ラ♭」は、「ラ♭・ド・」の「3度・和音」を考えると、「」が無いので、作れない

残るは、T=ド。U=レ♭。W=ファ。 を「根音」とする「3度堆積・和音」だけとなる。
すなわち、「Csus4」=都T 「D♭」=都U 「Fm」=都W だけとなる。

  ・「Csus4」=T (ただし、ここは、ミがないのでCができないため、Csus4を代用。 ド・ファ・ソ)
  ・「Fm」=W (ファ・ラ♭・ド)
  ・「D♭」=U (レ♭・ファ・ラ♭)

ということで、「コード」が、なぜ、「都T」。「都U」。「都W」。 すなわち、
「Csus4」=都T 「D♭」=都U 「Fm」=都W。しかないのか? 不思議でしたが、お分かりでしょうか。

これは、無難使用可能なものということです。 
要するに、一つの考え方ですので、他にも考えられるコードがあれば、その人の自由ですよ。
詳細は、参考サイトをご覧ください。

「音階」と「コード」の早見表(pdf)


日本音階・コード生成表(nh-code)・pdf




■ ちなみに、「Csus4」=都T 「D♭」=都U 「Fm」=都W。は、
「Fm調」と仮定すると、「Csus4(C7)」=X7 「D♭」=Y 「Fm」=T(主和音)。ともなりますね。

「Csus4(C7)」=X7は、完全に「西洋音楽」調にした場合です。
「無い音(ミ)」を、補った場合ということです。 また、終止は、「半終止」と捉えた場合。





2-5。 「付加」和音。(平調子・C主音)

「付加音」が付けられるようですが、「響き」としては、かなり違和感があるので、コテコテの日本伝統調にするならともかく、西洋音楽に慣れていると、あまりに異質なため「使いづらい」感じがしました。

ただ、疑問として、「付加下7」では、「レ」があります。
これは、「都節・音階」「基本音階(平・調子)」では、存在しない音です。

もちろん、「乃木・調子」「楽・調子」では、「レ」になるが、
「平・調子」で調律した場合の琴では、「レ♭」なので、「レ」ではなく、「レ♭」を指すのかはわからない

まあ、どちらにせよ、「付加音」は、かなり異質で使いづらいので、あまり使わないと思うので、「付加音」は考えなくてもよいでしょう。

日本音階・比較表(pdf)












。 「理論」について      

  

1。 「理論」について

■ さて、「日本伝統音楽」を始めて、「西洋音楽」「調性音楽理論」のように、軽〜く、まとめていこうと思ったのですが、最初から躓いてます。 笑

片っ端からネット検索して調べていると、簡単いうと、「調性音楽」の理論がてっきり、基本・根幹にあるものだと思い込んでいたのですが、そうではなく、「調性音楽」の理論は、西洋における主流の音楽が整理されたものだとわかりました。

もちろん、その程度は知っているのですが、「日本伝統音楽」も、多少の違いはあれど、「ヨナ抜き音階」で簡単に整理できるものだとやりはじめたのですが、やればやるほど、「?」ということがどんどんでてきました。

これは、結局、そもそも「音楽の概念」「違うもの」を、「調性音楽」の理論の「基準」「あてはめ」て説明しようとするから説明がつかないわけで、「日本伝統音楽」「基準」もあるわけです。

例えば、「終止」にしても、「終止音」「終止和音」は、「調性音楽」では、主音主和音が基本だが、「日本伝統音楽」では、特に、決まっていない

確かに、「調性音楽」でも、稀に、「半終止」で終わることもある。
要するに、「終止感」は、「調性音楽」「全終止」終止感もあれば、「半終止」終止感もあるように、さらに、「日本伝統音楽」にも、「バリエーション」があるわけで、「全終止」だけ「終止」ではないので、いろいろな終わり方があるようです。

また、音楽に限らず、「日本」「西洋」では、感覚異なることがあるように、「日本人」「終止感」というものが、いろいろあるので、「調性音楽」の理論で説明しようとすると、「?」となってしまうんですね。

ということで、「理論」整理まとめるのは、極めて困難であることがわかってきましたので、「理論」に関しては、さわり程度留めておいたほうがよさそうだということがわかりました。。。






inserted by FC2 system