「日本伝統音楽」 T

【目次】 T U

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 jp-11  「基礎知識」
  第2回 T-2 jp-12  「コード付け」例@ [平・調子]
  第3回 T-3 jp-13  「前項・詳細解説」(例@)
  第4回 T-4 jp-14  「コード付け」例A [平・調子]
  第5回 T-5 jp-15  「コード付け」例B [平・調子]
  第6回 T-6 jp-16  「コード付け」例C [乃木・調子]。(楽・調子。雲井・調子)





T-4
「コード付け」例A [平・調子]









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 お琴の「コード付け」

お琴の「コード付け」です。 別の例です。







。 「コード付け」(日本伝統)     

2-1。 「平調子・C主音」。 [関連・Fm調]

古謡「さくらさくら」のメロに、「コード付け」をしてみます。
「平・調子」です。

「コード」構成音の表記は、楽譜をシンプルにするため、省略します。
詳細は、 ◆ 「音階」と「コード」の早見表(pdf) をご覧ください。




■ お琴の「平調子・C主音」(関連・Fm調)【日本伝統コード】付け。です。











2-2。 「平調子・D主音」。 [関連・Gm調]

「平調子・D主音」(関連・Gm調)【日本伝統コード】付け。です。












2-3。 「平調子・E主音」。 [関連・Am調]

「平調子・E主音」(関連・Am調)【日本伝統コード】付け。です。










備考1

【日本伝統コード】の場合ですが、「どのコード」を付けても「合う」。 それが「特長」のようです。
なので、意図的「コード・チェンジ」しないと、「主和音」だけになってしまいそうです。

ということで、適当に、「コード・チェンジ」してみてください。
ちなみに、「日本伝統音楽」は、シンプルなコード付けのほうが曲に合うようですので、「西洋音楽」のように、コロコロ「コード・チェンジ」させようとする必要はないようです。

なので、「アバウト(おおまか)」な感じのコード付けでよいでしょう。



備考2

【西洋コード】の場合ですが、「2-3」で説明しますと、「13小節め」メロに、基本音階ではない、「レ」があります。

これは、「臨時」変化した音なので、コードもそれに合わせ、「都E」「7のレ」を積んだ「都E7」にしてあります。 







。 「コード付け」(西洋・3度和音)     

3-1。 「西洋・コード」(平調子・C主音)。 [関連・Fm調]

「平調子・C主音」(関連・Fm調)【西洋コード】付け。です。











3-2。 「西洋・コード」(平調子・D主音)。 [関連・Gm調]

「平調子・D主音」(関連・Gm調)【西洋コード】付け。です。












3-3。 「西洋・コード」(平調子・E主音)。 [関連・Am調]

「平調子・E主音」(関連・Am調)【西洋コード】付け。です。










備考

【西洋コード】の場合ですが、「3-3」で説明しますと、「13小節め」メロに、基本音階ではない、「レ」があります。

これは、「臨時」変化した音なので、コードもそれに合わせ、「Esus4」「7のレ」を積んだ「E7sus4」にしてあります。 また、「普通の西洋音楽」にしてしまう場合は、「Esus4」「E7sus4」は、「E」「E7」でもいいです。






inserted by FC2 system