「日本伝統音楽」 T

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 jp-11  「基礎知識」
  第2回 T-2 jp-12  「コード付け」例@ [平・調子]
  第3回 T-3 jp-13  「前項・詳細解説」(例@)
  第4回 T-4 jp-14  「コード付け」例A [平・調子]
  第5回 T-5 jp-15  「コード付け」例B [平・調子]
  第6回 T-6 jp-16  「コード付け」例C [乃木・調子]。(楽・調子。雲井・調子)





T-5
「コード付け」例B [平・調子]









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 お琴の「コード付け」

お琴の「コード付け」です。 別の例です。







。 「コード付け」(日本伝統)     

2-1。 「平調子・D主音」。 [関連・Gm調]

古謡「荒城の月」のメロに、「コード付け」をしてみます。
「平・調子」です。

「音階」と「コード」の早見表(pdf) をご覧ください。




■ お琴の「平調子・D主音」(関連・Gm調)【日本伝統コード】付け。です。











2-2。 「平調子・E主音」。 [関連・Am調]

「平調子・E主音」(関連・Am調)【日本伝統コード】付け。です。







「11小節め」「都A」についてですが、基礎和音ではありませんでしたが、「レ」臨時・変化音として生じていますので、新規「レ」を含む「都A」(ラ・レ・ミ)を充てました。

■ また、「コード付け」「カデンツ(コード進行)」「開始・終止」の和音等、「西洋・理論」の概念は、考えなくてよいようですので、適当に、「自分・好み」で適当に当てはめてください。







。 「コード付け」(西洋・3度和音)     

3-1。 「西洋・コード」(平調子・D主音)。 [関連・Gm調]

「平調子・D主音」(関連・Gm調)【西洋コード】付け。です。











3-2。 「西洋・コード」(平調子・E主音)。 [関連・Am調]

「平調子・E主音」(関連・Am調)【西洋コード】付け。です。







「11小節め」「Dm」についてですが、基礎和音ではありませんでしたが、「レ」臨時・変化音として生じていますので、新規「レ」を含む「Dm」(レ・ファ・ラ)を充てました。







。 「コード付け」(ダイアトニック・コード)     

4-1。 「平調子・E主音」。 [関連・Am調]

「平調子・E主音」(関連・Am調)【西洋コード】付け。です。

「3」では、「5声(5音階)」「日本音階」上にできる和音でしたが、
「4」では、「ダイアトニック(7声)」上にできる和音で付けてみます。 すなわち、一般的な西洋音楽です。










あとがき

■ ちなみに、確認ですが、「3」「西洋・コード」ですが、なぜ、いきなり「4」にしないのか? といいますと、
「日本伝統音楽」「色合い」度合いに区別しています。

「2」。「3」。「4」は、「日本伝統音楽」「色合い」度合い「高い順」です。
要するに、このサイトでは、「日本伝統音楽」魅力を中心に書いていますので、
「4」ですと、ほとんど、「日本伝統音楽」魅力。味がありません。

かといって、「2」は、コテコテの「日本伝統音楽」ですので、一般的には、耳にきついので、
その「中間」「和洋折衷」的な「3」も、載せているわけです。

なので、実践では、さらに「3」と「4」の混合が聴きやすく、また、多少、「日本伝統音楽」も感じるのではないでしょうか。 要するに、「ダイアトニック」を使いながらも、シンプル「3」の場面も使う。といった感じでしょうか。

この「シンプル」さも、「日本伝統音楽」の特長です。
「ダイアトニック」フル使い過ぎると、「シンプル」さが失われますので、一般西洋風になってしまいます。 

「童謡・唱歌」のコード付けにも関連しますが、もちろん、「ダイアトニック」で付けられますが、むしろ「シンプル」「3コード」だけにしたほうが、「童謡・唱歌」らしくなります。

というように、「日本伝統音楽」調にするには、「シンプル」に付けるのがコツです。
ちなみに、「半終止」の部分に、「3」「E7」の代わりに、「E7sus4」「sus4」を使うのも、「日本伝統音楽」調にする場合のコツですね。、






inserted by FC2 system