「日本伝統音楽」 T

【目次】 T U

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 jp-11  「基礎知識」
  第2回 T-2 jp-12  「コード付け」例@ [平・調子]
  第3回 T-3 jp-13  「前項・詳細解説」(例@)
  第4回 T-4 jp-14  「コード付け」例A [平・調子]
  第5回 T-5 jp-15  「コード付け」例B [平・調子]
  第6回 T-6 jp-16  「コード付け」例C [乃木・調子]。(楽・調子。雲井・調子)





T-6
「コード付け」例C [乃木・調子]。(楽・調子。雲井・調子)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 お琴の「コード付け」

お琴の「コード付け」です。 別の例です。




2。 サイト内。「資料(PDF)」一覧








。 「コード付け」(日本伝統)     

2-1。 「乃木調子・D主音」。 [関連・G調]

「仰げば尊し」のメロに、「コード付け」をしてみます。
「乃木・調子」です。

「乃木・調子」とは、「平・調子」に対し、
「四。六。九。斗」を、それぞれ、「半音」上げた「調弦」です。

結果、「メジャー・ペンタ」 「呂・音階」「四七抜き・長音階」。 の「5音階」に相当します。
「ド・レ・ミ・(ファ=4)・ソ・ラ・(シ=7)」。

詳細は、下の資料をご覧ください。
「日本音階(乃木)・早見表(nh-nogi)」
「日本音階(乃木)・コード生成表(nh-code-nogi)」




■ お琴の「乃木調子・D主音」(関連・G調)【日本伝統コード】付け。です。

「D主音」は、「G調」と関連しています。
「乃木・調子」にて、お琴を、「D」を主音にした場合、「ソ・ラ・シ・(ド)・レ・ミ・(ファ#)」「G調」
「7音階」「(四・七)」を抜くと、「ソ・ラ・シ・レ・ミ」「5音階」になります。


「乃E」は、「乃木のE(ミ)中音」コード。 「乃D」「乃A」「基本コード」です。
その他のコードは、「(四・七)」を抜きされた音を使った場合にできる「臨時コード」です。


■ ちなみに、「5音階」「乃木・調子」で調弦されたお琴で、「7音階」「長調」の曲を奏するわけですが、調べたところ、「半音・1音」上げる。という「奏法」が、お琴にあるんですね。

「オ(1音上げ=強押し)・ヲ(半音上げ)=弱押し」は、「押し」の記号です。
「左手側の絃」「押します」と、「張力」が高まり、その分、「音程」高くなるわけです。

なので、「シ」(ヲ・半音上げ)「ド」。 「ミ」(オ・1音上げ)「ファ#」の音が、「臨時」ででき、
「5音階」で調弦しているわけですが、「7音階」の曲も奏せるわけです。(5音階・7声)

そういえば、以前、テレビでお琴を奏するところをみているとき、瞬間的なのでよくわからないけど、なんか、「絃」を「押して」いるような体勢・身構えだなぁ・・・と、疑問に思っていたのですが、そういうことだったんですね。。。











2-2。 「乃木調子・G主音」。 [関連・C調]

「乃木調子・G主音」(関連・C調)【日本伝統コード】付け。です。

キーを変えて、「C調」でわかりやすくしてみました。 お琴主音「G」です。

  ・日本伝統音楽「5音階」である、「お琴の調子」「主音」と、
  ・西洋音楽「7音階」である、「調性」「主音」は、違いますので注意しましょう。 

頭がこんがらかってきます。。。













。 「コード付け」(西洋・3度和音)     

3-1。 「西洋・コード」(乃木調子・D主音)。 [関連・G調]

「乃木調子・D主音」(関連・G調)【西洋コード】付け。です。












3-2。 「西洋・コード」(乃木調子・G主音)。 [関連・C調]

「乃木調子・G主音」(関連・C調)【西洋コード】付け。です。


キーを変えて、「C調」でわかりやすくしてみました。 お琴主音「G」です。

「Gsus4」「Am」「C」「基本コード」です。
その他のコードは、「(四・七)」を抜きされた音を使った場合にできる「臨時コード」です。

「Dm」は、「メロ」臨時として「ファ」があり、「レ・ファ・ラ」とできた「臨時コード」です。













。 「コード付け」(ダイアトニック・コード)     

4-1。 「乃木調子・D主音」。 [関連・G調]

「乃木調子・D主音」(関連・G調)【西洋コード】付け。です。

「ダイアトニック・コード」でつけた、一般的な西洋音楽のコード付けです。











4-2。 「乃木調子・G主音」。 [関連・C調]

「乃木調子・G主音」(関連・C調)【西洋コード】付け。です。














。 「その他」(まとめ)     

5-1。 「楽・調子」

■ 「その他」の調子ですが、「雅楽」や「長唄」などの「楽・調子」について書いてみます。


「日本音階(楽)・早見表(nh-gaku)」
「楽・調子」ですが、西洋音楽の「伴奏(コード)」付けをするために、「調性」を分析したところ、基本的には、

  ・「楽・調子」D主音=「F調」(基調)。 [転調・B♭調。 (下属調・W度調)。(+4・-5)]
  ・「楽・調子」A主音=「C調」(基調)。 [転調・F調。 (下属調・W度調)。(+4・-5)]

に相当することが分かりました。 簡単にポイントを書きますと、

「37抜き・長音階」で、「律・音階」。 「ド・レ・(ミ=3)・ファ・ソ・ラ・(シ=7)」。
また、「下属調」転調も可能のようです。





5-2。 「雲井・調子」

「長唄」など多く使われている「雲井・調子」について書いてみます。


「日本音階(雲井)・早見表(nh-kumoi)」
「雲井・調子」ですが、西洋音楽の「伴奏(コード)」付けをするために、「調性」を分析したところ、基本的には、

  ・「雲井・調子」D主音=「Cm調」
  ・「雲井・調子」B主音=「Am調」

に相当することが分かりました。
細かな点で注意する点がありますが、これにより、西洋音楽の「伴奏(コード)」付けをする際には、やりやすくなりますね。 とにかく、「調性」が分からないと、「伴奏」を考える場合は、見当がつかないので困るわけなんですがなんとか調べがつきました。

ちなみに、これで

  ・「平・調子(短・音階)」。 (短調系)
  ・「乃木・調子(長・音階)」。 (長調系)
  ・「楽・調子(長・音階)」。 (長調系)
  ・「雲井・調子(短・音階)」。 (短調系)

の、主な「調性」関係が分かりましたので、分析「伴奏(コード)」付けが分かるようになりました。。。
「調性」関係さえわかれば、とりあえば、大まか「西洋・理論」で対応できますからね・・・
「作曲」。「編曲」。「アナリーゼ」する場合は、どうしても、この辺は、必須のところです。

簡単にポイントを書きますと、「47抜き・短音階」ではありますが、曲により、「一部・変形」される調子もあります。 その場合、一般的には、「調子」「オクターブ」では「同じ音(音階)」ですが、事実上、「2段階(2種類)」セットできる場合があります。

「お琴」「5音階」でセット・固定されるので、「音階」「2種類(複数)」使いたい場合は困ります。
「ピアノ」のように「12音階(音律)」あれば、複数「音階」を使い分けることができますが、お琴ではそうもいきません。

その対応として、「押し」という技法がありますが、もう一つ、「音域・別」に「5音階」を、異にしてセットする方法のようです。 要するに、「中域」「高域」調弦のセットが違うわけです。

こうすると、「音域」の違いは生じますが、「2種類」異なる音階をセットできるので、必要な音階の方その都度利用すればよいわけです。 と思われます。。。 笑

お琴は、元々、「音域」「狭い」ですし調べてみると、「オクターブ間」混合利用といいますか、「オクターブ」交える書き方を多用しています。 なので、「オクターブ」の利用は、普通のように使われているので、「中域・高域」という「音域」の拘りは、優先順位が低いのでしょう。 

また、「Am調・相当」でいえば、「7音」に相当する「ソ・ソ#」無いので、「Em(ソ)」でも「E7(ソ#)」でもいいでしょう。 ケースバイケースで選択してください。 ということで、細かな話しは、キリがありませんまで、この程度にしておきます。





5-3。 「コード付け・まとめ」

「まとめ・感想」を書いてみたいと思います。

「お琴」を通して、「日本伝統音楽」について、「コード」付けをやってみました。
そもそも、「お琴」のことがわからず、また、「調子」(調弦・調律)に戸惑いました。

「日本伝統音楽」「コード付け」ということについては、そもそも、「コード」という概念。 
すなわち、「和声」という概念がない。 しかし、「合奏」はあります。

これは、いわば「対位法」のように、「複旋律」で書けばよいわけで、西洋音楽も先は「対位法」でした。
また、「近代」以降、西洋音楽が入ってきて、「音楽」も「日本伝統音楽」「西洋音楽」「和洋折衷」になってからは、編曲を聴いてみると、ほとんど「西洋」の理論を入れた伴奏のようですね。

確かに、今回、「日本伝統音楽」のコードを、「5音階」構築する方法を試してみましたが、西洋音楽に慣れている所為か、違和感が強かったです。

実際、古謡は、一般的に、「西洋」の伴奏付けであり、また、自然に感じます。
ということで、試しに「日本伝統音楽」について、「コード」付けをやってみましたが、
「編曲」。すなわち、「伴奏(コード)」は、「西洋音楽」の理論でつけたほうが、聴き心地はいいようです。

ただ、「調性」との関係が、よくわからないので、四苦八苦してしまいますね・・・
また、「楽・調子」「雲井・調子」などがありますが、それぞれ、「雅楽」「長唄」などに利用されているようです。 ということで、とりあえず、当方の「ジャンル・外」ということで、ここまでといたします。

「日本伝統音楽」について、さわり程度ではありますが、非常に勉強になりました・・・ orz
やはり、現在は、「西洋音楽」が中心なので、「日本伝統音楽」について触れる。 学ぶことは稀かと思いますが、こういう世界があるんだなぁ・・・と新鮮な感じでしたね。

なんでもそうですが、「好みのジャンル・外」のことは、「未知の世界」みたいなもので、ちょっと覗いてみるとおもしろいものですね・・・。




あとがき

実用「伴奏(コード)」付けとしては、「西洋音楽」「調性」と、「和声」である「ダイアトニック・コード」無難であり、ここまで判断できれば伴奏は書けると思いますので、具体的な伴奏については省略いたします。 

ちなみに、ここでいう「伴奏(コード)」付けとは、「お琴」メロとし、「伴奏」部「ピアノやバイオリン」などの「西洋楽器」(ダイアトニック・コード)を想定しています。


よくよく見まわしてみれば、「和風」の曲と言えば「時代劇」ですが「西洋・和声」なんですよね・・・ ^^
そう考えると、「和風」の曲といっても、無理に、今回のような特別な伴奏を付ける必要もなく、「西洋・和声」でいいのだとも気が付きました。。。






inserted by FC2 system