「転調・聴音」 U

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 jp-21  「転調・入門」@
  第2回 U-2 jp-22  「転調・入門」A 「転調」のページ・一覧表
  第3回 U-3 jp-23  「耳コピ」(前置き)
  第4回 U-4 jp-24  「耳コピ・入門」@ (メロディー)
  第5回 U-5 jp-25  「耳コピ・入門」A (バス/ベース)
  第6回 U-6 jp-26  「耳コピ・入門」B (コード)1
  第7回 U-7 jp-27  「耳コピ・入門」C (コード)2
  第8回 U-8 jp-28  「耳コピ・入門」D (コード)3
  第9回 U-9 jp-29  「耳コピ・入門」E (合奏)





U-1
「転調・入門」@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「転調・入門」@

「転調」という言葉がでましたので、「部分・転調」について参考までに書いてみます。







。 「部分・転調」(近親調)     

2-1。 「C調」→「F調」。「G調」

「転調」には、「本格・転調」「部分・転調」がありますが、楽節単位「本格・転調」は簡単なので省略し、難易度の高い「部分・転調」について、簡単な例で復習してみます。

「C調・主調」で、「近親調」「下属調・F調」「属調・G調」に、「部分・転調」してみます。
まず、全体についての概要ですが、「A・A'」メロ「1部・形式」をイメージしてください。

簡単にいうと、「Aメロ」2回繰り返しです。 「A=1〜8小節」「A'=9〜16小節」
ただ、同じ繰り返しでは、「芸がない・・・」ので、繰り返しの「A'」「部分・転調」を試みてみました。




(C調→F調→C調→G調→C調)


■ まず、「赤枠」関係をご覧ください。
「3小節め」「F」コードですね。 これを利用して、
「11小節め」同じ繰り返しの場面では、「F調」転調しています。

「メロ」だけ見ると、※1のところが、前者「シ」後者「シ♭」です。 また
「コード」を見ると、前者「F」だけですが、後者「F: F-C7-F」です。
このように、明らかに「F調」に転調しています。


■ 同じ要領で、「青枠」関係をご覧ください。
「7小節め」「G7」コードですね。 これを利用して、
「15小節め」同じ繰り返しの場面では、「G調」転調しています。

「メロ」だけ見ると、※2のところが、前者「ファ」後者「ファ#」です。 また
「コード」を見ると、前者「G7」だけですが、後者「G: G-D7-G(7)」です。
このように、明らかに「G調」に転調しています。





2-2。 「C調」→「F調」。「G調」(続き)

同じ楽譜ですが、説明が長くなりますので、見やすいよう別に書きます。
「転調」の仕方について、細かく説明しますと、


■ まず、「赤枠」関係をご覧ください。
「11小節め」「F調」の場面は、その前の「C: G7-C」「全終止(V-I)」後における転調です。

また、「復帰(復調)」は、この「11小節め」では、「F: F-C7-F」です。 
なので、これも「全終止(V-I)」後を利用した転調。 すなわち、ここでは「復調」しています。


■ 同じ要領で、「青枠」関係をご覧ください。
「15小節め」「G調」の場面は、その前の「C: (G7-)C」「全終止(V-I)」後における転調です。

また、「復帰(復調)」は、この「15小節め」では、「G: G-D7-G(7)」です。 
なので、これも「全終止(V-I)」後を利用した転調。 すなわち、ここでは「復調」しています。


■ ちなみに、「G調」「復調」ですが、「15小節・4拍め」「G(7)」「ピボット・転調」としてもOKです。 ここは、「G」よりも、「G7」のほうが「明瞭」に、「C調」への「復帰」を感じますので、「G7」としたほうがよいでしょう。 まぁ、この辺は、「好みの許容・範囲」ですので、「G」でも「G7」でも、どちらでもいいです。




(C調)
(同じ楽譜です)

■ ということで、「部分・転調」について復習してみました。 「部分・転調」「コツ・ポイント」ですが
「近親調」への「部分・転調」「やりやすい」理由は説明しましたように、
転調元「既存のダイアトニック・コード」を、
転調先「主和音」と見立てて転調するためです。

「セカンダリー・ドミナント」でも、「他の調の主和音に見立てる」ということがありましたが、
近親調「部分・転調」でも、まったく同じです。

「C調」の転調元で、「F」コードがあれば、「F調」「部分・転調」できる。
「C調」の転調元で、「G」コードがあれば、「G調」「部分・転調」できる。

もちろん、「C調」には、「C。DmEmFGAm。(Bm-5)」のダイアトニックがありますから、
「C調」の転調元で、「Dm」コードがあれば、「Dm調」「部分・転調」
「C調」の転調元で、「Am」コードがあれば、「Am調」「部分・転調」もできるわけです。

曲によっては、曲の途中で、「♭」「#」が、コロコロ「1つ・増減」する場合は、
「近親調」への「部分・転調」の可能性が高いです。 ちなみに、
「3つ・増減」した場合は、「同・主調」ですね。

まぁ、簡単といえば簡単なことなのですが、「理論通り」「明確」「コード」に反映しているとは限りませんし、古い曲や、クラシックのように、「コード」明記されていない場合も多いですのでアナリーゼしにくい場合もありますので、難しく感じる方も多いかと思いますが、丁寧に「理論的」にアプローチしていけば理解し、また、自分でもできるようになるかと思います。

とにかく、「試行錯誤」実際にアレコレやってみるとこが、理解早道ですね・・・
ということで、「転調」という言葉がでましたので、せっかくですので、「復習」してみました。

「転調」について、学習したい方は、各・「作曲・講座」をご覧ください。




(C調)
(同じ楽譜です)

■ 細かな話しではありますが、ポイントがあります。
「11小節め」F調で、メロ「シ♭」がありますが、「伴奏(コード)」「C7」とあります。
場合によっては、「F」コードのままもありうるわけですが、そうしますと「F調」薄まってしまいます

一般的には、「調性」とは「カデンツ」で判断します。 すなわち、「V-I」「調性」判断となります。
なので、もし、「V-I」(C7-F)ではなく、
単に「F」のままであれば、この領域は「転調」ではなく「C調」の「変化音(派生音)。臨時音」と捉えます。

同じく、「15小節め」も同じです。
コード進行を、「G」のままにすることもできますが、「転調」を意識する場合は、「G-D7-G」と、「G: V7-I」を、短い区間でありますが、組み込んでください。 

ちなみに、「セカンダリー・ドミナント」でもそうなのですが、「メロ」だけに気をとられ、「伴奏(コード)」側を忘れているケースも多いです。 意識して「伴奏(コード)」「V-I」にしないのであれば別ですが、基本的には「V-I」を組み込んでおかないと、一瞬的な短い区間ですので、効果も薄くなりますね・・・。







。 「部分・転調」(近親調) その2     

3-1。 「C調」→「Dm調」。「Am調」。「G調」

■ せっかくですので、もう一押しして、「Dm調」「Am調」「部分・転調」の例です。
全体についての概要ですが、「A・A'」メロ「1部・形式」をイメージしてください。

前回と同じく、「C調」で、「Dm」「Am」のコードの部分を、「Dm調」「Am調」「部分・転調」しました。 やり方は、同じですので説明は省略しますが、多少、付近のコード変更する必要がありますので注意してください。

例えば、「13〜14小節め」「Am-E7-Am」は、元は「5〜6小節め」「Am-Em-C」でした。
なので、「Em→E7」「C→Am」に変更しました。
もちろん、「C→Am」は、「C」のままで「ピボット転調」復帰してもOKですね。。。

ということで、「C調」転調したい「ダイアトニック」のところを、「調性の主和音」として「部分・転調」するやり方の例でした。

また、今回は「C調」「長調」でしたが、「Am調」のような「短調」でも、理屈はまったく同じですので例は割愛いたします。




(C調→Dm調→Am調→G調→C調)


余談ですが、「短調(和声的)」「部分・転調」では、「属和音(V7)」のところで「導音」も発生しますので、忘れずに・・・。 

理論的には存在しますが、音感的には「属和音・以外」のところでは、一般的にほぼ不要です。
「Dm調」では「A7(属和音)」「ド#」 「Am調」では「E7(属和音)」「ソ#」です。


■ その他、覚える必要はないですが、「高度」な技法として、「2段構え」転調もあります。

例えば、「Dm調」転調した部分でいいますと、
さらに、「Dm調」転調元にして、
転調先として「Dm調」「近親調」である「B♭調。Gm調」などに転調するなど、

「C調(調号なし)」「Dm調(♭*1)」「B♭調(♭*2)」。 といった「2段構え」「遠隔調」への「ピボット・転調」もできます。 クラシックでは、よくありますが、そんなに転調しなくてもよいでしょう。 笑

曲中、「#・♭」増減する場合がありますが、例えば、上記のように、調号でいえば、「♭」「1つ」ついたと思ったら、さらに、「♭」「2つ」に増えた!! なんていうのは、「遠隔調」への転調もしたな・・・と思えばいいです。

また、「V-I」の終止後の転調でしたら、音感的にはともかく、理論的には「遠隔調」ダイレクトで転調できます。。。


■ ちなみに、「臨時記号」ではなく、「調号」で書き換えると、下譜のようになります。
これだとよく、調性がわかりますね。 
また、「臨時記号」で表記するのも、「調号」で表記するのも自由です。 「好み」で使い分けて下さい。


■ ところで、「転調」って、「キー」「高さ」「変える」こと。 だと思っている人は多いのではないでしょうか。 確かに、「C調」「G調」「Am調」「Dm調」。などは、「キー」「高さ」が変わります。 しかし、それだけではありません。

今回の例をご覧のように、「A(前半)」と、「A'(後半)」の「転調」した楽節を比較しても分かりますように、「キー」「高さ」「変わっていません」。 まったく、「同じ」ですね。。。

このように、「キー(高さ)」が変わるのではなく、「変化音(派生音)」になるので、いわば、「スケール」変化といっていいです。

ということで、「(部分)転調」「キーの高さの変更」だけだと思い込んでいるとなかなか理解が進みませんので注意しましょう。 ちなみに、「転調」には、「C調」「Am調」のように「長調・短調」の変更もありますね。




(C調→Dm調→Am調→G調→C調)
「調号」で表記した場合
(上と同じ曲)

番外で、「部分・転調」のお話しをしてみました。

確かに、「転調」の学習はこれだけで、「一分野」になるくらいの分量があり、キリがなく大変ではありますが、「ポイント・コツ」というものがありますので、それを見抜くことが学習のポイントです。

先にも述べましたように、「近親調」「部分・転調」「やりやすい」ということがわかりました。
これだけでもマスターすれば、「転調」できる。 といっていいほど「十分」技法ですので、この機にマスターしてみましょう。。。

今回は、「1〜2小節」「最も短い」区間での転調でしたが、もう少し長い「4小節」程度の部分転調もよくあります。 そうしますと、また、違った苦労があります。 特に、復帰タイミング処理の仕方ですね。

また、「部分・転調」は、「調性」「変わってしまう」わけですが、そうなると「チンプンカンプン」でお手上げ!! という方も多いことでしょう。 しかし、「変わらぬ」ものがあります。 それは「カデンツ」です。
この「カデンツ」を頼りに「新調」を書いていけばいいだけの話しです。

ただ、「近親調」の場合は、同時に「ピボット転調(復調)」が発生してしまい、「カデンツの読み替え」「新調」「元調(原調)」「2種類のカデンツ」読み方「重複」箇所ができますので、その点に戸惑うかもしれませんね。

大分、難しい話しになってきましたので、詳しくは講座の「転調」関連その他の「転調」のところを学習ください。


■ それから、「転調」理解できない方の問題として、「コード進行」「絶対視」していることかと思います。 「コード進行」とは、「絶対の答えや正解」ではなく「選択肢の一つ」です。

もちろん、サイコロを転がすような、「デタラメ」ではありませんが、単に「好み・感性」に見合ったものに対する「ベスト」な選択ではありますが、「絶対」ではありません

ですので、「絶対視」。 すなわち、「固定観念」になっては、「転調」できません。 なので、必要に応じ、「元のコード進行」変えても構いません。 そもそも、「ハーモナイズ(基本段階)」も、「勝手」につけたコード付けなわけですから、「リハモ(再構築)」でも、当然、修正して問題ないわけです。

また、このような「ハーモナイズ」「リハモ」の技術はある程度、習熟が必要ですので、「コード進行」の作り方。 すなわち、「コードの連結」についてしっかり復習してみましょう。 これは、細かくいえばいろいろありますが、自分なりのアバウトな「法則」でよいので覚えておくとよいでしょう。

そうすれば、「転調」前後は、スムーズに「連結」できるように、「分割・代理」する場合も多いですが、対応できるでしょう。

ということで、「部分・転調」ができない。 理解できない場合にはその点も注意しましょう。
また、闇雲な学習は、「理論」を学ぶ「挫折の壁」と化してしまいますので、注意しましょう・・・ ^^







。 「部分・転調」(近親調) その3     

4-1。 「C調」→「Dm調」(4小節)。「G調」

「4小節」程度「部分・転調」もよくあるといいましたので、ついでに書き換えてみました。

「A'」に相当する「楽節」(9小節め〜)で、「前半」途中(11小節め)「後半」途中(14小節め)まで、「Dm調」「4小節」にしてみました。 

「転調」実感する長さとしては、「4小節」程度が、「長すぎず・短すぎず」でもあります。
「短すぎる」(2小節・以下)と、世話しなく落ち着いて聴いていられないので、特別なシーン以外では、「4小節」程度がよいでしょう。

また、「伴奏」でもよいのですが、やはり「メロ」にも、「特長音(♯♭)」があったほうが、「転調感」があります。 「Dm調」の場合も、♯は、「4小節」の区間の最終小節でやっとでてきました。 というように、「ある程度(4小節)」の区間があったほうがいいと思います。

ちなみに、「Dm調」「G調」は、「C」コードによる「ピボット転調」です。 こういうところは、「セブンス(4和音)」ではなく「トライアド(3和音)」にすると、なめらかな「転調」になります。 

また、この「Dm調」も、「コード進行」「メロ」合うように、変更(リハモ)したほうがいい場合もあります。 今回もそうですね。。。




(C調→Dm調(4小節)→G調→C調)


■ 話しは変わりますが、「転調」でよく変化が分かるものとして「長調・短調」の変更があります。
なので、例えば、「長調」系にしたい。 または、「短調」系にしたい。という場合は、

「ハーモナイズ」が例えば、「3〜4(11〜12)小節」のように、「Fコード」にすれば「F調(長調)」に、「Dmコード」なら「Dm調(短調)」にできますから、「転調」する段階になって、もし、「長調系」。或いは「短調系」転調したい場合は、「ハーモナイズ」コード進行を、自由に「変えて」構いません

ちなみに、「F調」「Dm調」「G調」「Em調」「C調」「Am調」は、「平行調」です。
すなちわ、「F」と「Dm」。 「G」と「Em」。 「C」と「Am」は、「代理コード」でもあるので、「リハモ」自由に変更して構いません。 そもそも、「コード付け」は、その時の「選択肢」の一つに過ぎないからです。







。 「部分・転調」(近親調) その4     

5-1。 「C調」→「Dm調」。「Em調」。「G調」

「C調」「近親調」で、「Em調」がないままでは中途半端な感じもするのでやってみます。
「13小節〜」は、「Em」でも行けそうなので、ここを「Em調」にしてみましょう。
やってみると、「ぴったり」はまりました。。。 ^^

「9小節〜」は、「A'メロ」のため、あえて「C調」のままにしておきましたが、仮に、「Bメロ」であれば「Em調」にしてもよいでしょう。 ちなみに、「どこで、何調」にするかは、最終的には「コード」ではなく「好み」です。
「コード」はいくらでも「変更(リハモ)」できるからです。

また、「近親調」の関連として「同主調」もありますが、これは、「C調」のところを、機械的に「Cm調」にすれば簡単にできますので割愛いたします。




(C調→Dm調→Em調→G調→C調)


「4例」ほど「部分・転調」をしてみました。 これだけあれば、かなり頭もこなれ「要領・ポイント・コツ」見えてきたのではないでしょうか。

要するに、どこでも「部分・転調」はできるわけです。 ただ、「必要性」の問題で、自分としてここは「転調したい」と思ったとき転調するわけで、逆に、「必要性」を感じなければやる必要はありません

私は、「転調」「それほどの効果を感じません」ので滅多にやりません。 「♯・♭」面倒だし・・・ ^^
それより、「多旋律(多声音楽・ポリフォニー・対位法)」などの、「(副)対旋律」のほうが格段の効果はでますので、「転調」は後回しですね。。。

「転調」「タイミング」「カデンツ(機能和声)」「リハモ(コード再構築)」など総合的に必要ですので関連事項も学習してみましょう。 また、

「理論」は、「目安(仮定)」であり、また、結局「結果論」です。 必ず、
「音感」。 すなわち「音を鳴らして」確認しながら学習することが肝心です。
「判断」は、「好み」「合う。合わない」ということですから、「聴いて、確認」しましょう。


「転調」をやられる方なので、「コード付け(カデンツ)」の仕方がわからない・・・なんて方はいないとは思いますが、念のため簡単に触れておきますが、「C調」の「コード付け」と同じく、「カデンツ」に従い、メロに合いそうなコードを付ければよいわけです。

ただ、「部分・転調」の場合、「調性」間連結が必要です。
主に、「全終止(X-T)」後の転調と、「ピボット転調」です。
これについての詳細は、作曲講座の「その他」「転調」関係をご覧ください。







。 「メロディー」と「転調」     

6-1。 「メロディー」と「転調」

作曲する順番は、「メロ先」「コード先」2通りがあります。 ちなみに私は「メロ先」です。
「メロ先」の場合ですが、まず「メロだけ」書く段階で「転調」するのは、なかなか「難しい」のではないでしょうか。

「コード進行」が付けは、鮮明に「調性」の色ができすが、「メロだけ」ですと「単音」ということもある所為か「調性」の色が微妙です。 ということで、このページの曲をまとめて一覧にしてみました。


■ では、実際に、「メロだけ」の段階では、どのように「転調」しているのでしょうか?
単純「♯・♭」を付けてやればよいのでしょうか。

当然ながら、そんなに単純な理屈であれば、「理論の壁」と化しないわけです。。。
機械的に、「ナチュラル」「♯・♭」の変更ができるのであれば、「転調」の理論も、それで済むわけです。

ところが、「例3の5小節め」のように、「Am調」だから、単純に「ソ→ソ♯」に変更しているわけではありません。 「ソ」のままのところもあれば、「ソ♯」にしたところもあります。

「コード進行」も参考に併記しておきましたが、転調は、「1つの音(1部分)」が変化したのでなく、「区間(範囲)」として変化していることがわかるかと思います。

いうなれば、「メロ」「氷山の一角」であり、「1部分」しか見えませんが、実は、「潜在」として「水面下」「区間・範囲」というものがあるようなものです。

なので、「メロだけ」ではなく、潜在した「区間」も意識しないと、「♯・♭」の変更をしたとたんに、調性感覚づれてしまい、チンプンカンプンな状態になります。

ということで、「転調」ができない方は、潜在部である「コード進行」をしっかり考え、「調性」という「範囲・区間」も意識してアナリーゼしてみてください。

当然のことながら、「メロ」を書いたら「コード」を付けるわけですから、「メロ」を書く段階「コード進行」イメージするようにしてください。





■ 例1 (C調)

原曲



(C調)
♪ km-0 (メロのみ)







以下・部分転調あり (編曲)



■ 例2 (C調→F調→C調→G調→C調)

(C調→F調→C調→G調→C調)
♪ km-1 (メロのみ)



■ 例3 (C調→Dm調Am調G調→C調)

「5小節め」のように、「Am調」だから、単純に「ソ→ソ♯」に変更しているわけではありません。 
「ソ」のままのところもあれば、「ソ♯」にしたところもあります。
これは、「短調の特長」で、「導音」の処理の仕方が場所により異なるため、まぎらわしい所ですね。

(C調→Dm調Am調G調→C調)
♪ km-2 (メロのみ)



■ 例4 (C調→Dm調(4小節)G調→C調)

「3〜6小節め」のように、「Dm調」だから、単純に「ド→ド♯」に変更しているわけではありません。 
「ド」のまま(4小節め)のところもあれば、「ド♯」(6小節め)にしたところもあります。
これは、「短調の特長」で、「導音」の処理の仕方が場所により異なるため、まぎらわしい所ですね。

(C調→Dm調(4小節)G調→C調)
♪ km-2-2 (メロのみ)



■ 例5 (C調→Dm調Em調G調→C調)

「5〜6小節め」のように、「Em調」だから、単純に「レ→レ♯」に変更しているわけではありません。 
「レ」のままのところもあれば、「レ♯」にしたところもあります。
これは、「短調の特長」で、「導音」の処理の仕方が場所により異なるため、まぎらわしい所ですね。

(C調→Dm調Em調G調→C調)
♪ km-2-3 (メロのみ)





「転調」はおもしろく、キリもないので、ついつい話しが伸びてしまいました。 では、この辺で・・・ ^^






inserted by FC2 system