「転調・聴音」 U

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 jp-21  「転調・入門」@
  第2回 U-2 jp-22  「転調・入門」A 「転調」のページ・一覧表
  第3回 U-3 jp-23  「耳コピ」(前置き)
  第4回 U-4 jp-24  「耳コピ・入門」@ (メロディー)
  第5回 U-5 jp-25  「耳コピ・入門」A (バス/ベース)
  第6回 U-6 jp-26  「耳コピ・入門」B (コード)1
  第7回 U-7 jp-27  「耳コピ・入門」C (コード)2
  第8回 U-8 jp-28  「耳コピ・入門」D (コード)3
  第9回 U-9 jp-29  「耳コピ・入門」E (合奏)





U-4
「耳コピ・入門」@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「耳コピ・入門」@

「耳コピ(聴音)」「入門」です。
「コンパクト」にするためキリがありませんので、「基本」処だけに留めます。







。 「耳コピ」の手順と概要     

2-1。 「耳コピ」の手順

■ さて、「耳コピ」とは、どうしたらいいのか? 
ざっと調べたところまとめると、まず「メロディー」をコピるようです。 
その次に、「ベース」。 最後に「コード」。 概略はざっと、こんな感じのようです。

  @。「メロディー」を採る。 また、「調性」を判断する。
  A。「ベース」を採る。
  B。「コード」を採る。


■ @は、「単音」なので採りやすいということと、「調性」判定するために必要でしょう。
Aは、Bと、順番としては「逆」でもやりやすい方で構わないと思います。

私が作曲するときは、B「コード」を付け。A「ベース」ラインを書きますので、順番は各自のやりやすいほうでいいと思います。

Bは、ここでは「ダイアトニック・コード」「3和音」を中心に、また、
「付加音」「6th。7th」の類。 そして、「sus4」「dim7」程度しょうか。


「調性」も「24調」もありますので、「C調(長調)」「Am調(短調)」「F調」「Dm調」「G調」「Em調」。程度をピックアップすれば、要領は同じですからよいでしょう。

「テンション」。また、「他の調性」もやりたい方は、各自でやってください。。。
また、「ドラムス」関係も、分量が増しますので省略します。

ということで、「入門」としては、これだけで十分でしょう。
「コツ」さえ掴めば、後は、各自のレベル次第ですから、この程度といたします。







。 「メロディー(長めの音)」の耳コピ @     

「メロディー」の耳コピとして、まずは、準備運動として「長めの音」。 
要するに、ゆっくり聴き採るため、「全音符」「2分音符」「4分音符」系です。 音はランダムです。
楽器を使って確認しましょう。





3-1。 「全音符」

「全音符」系です。 ゆっくりですので、「1音1音」ずつ、聴き採りましょう。
 

♪ Z1.0





3-2。 「2分音符」

「2分音符」系です。 「1音1音」ずつ、聴き採りましょう。
 

♪ Z2.0





3-3。 「4分音符」

「4分音符」系です。 少し速くなりました。 「1音1音」ずつでいいので、聴き採りましょう。
 

♪ Z3.0







。 「メロディー(8分音符)」の耳コピ A     

■ では、「耳コピ」が少し慣れたところで、実用レベル「8分音符」系をやってみます。
実際の曲では、「8分音符」も使用されますし、速いわけです。

そうしますと、「1音1音」聞き採るより、「まとめて」採ると思います。 
要するに、「1〜2小節」程度の短い「フレーズ」単位など、「複数の音」をセットで聴いて、
採譜する段階「1音1音」「頭の中で再生」しながら聴き分ければいいわけです。

実際には、もっと細かく速い「16分音符」も多分にでてきますが、要領は同じですので省略いたします。
楽器を使って確認しましょう。





4-1。 「C調(長調)」

「C調」のメロディー 
 

♪ C1.0



平行調





4-2。 「Am調(短調)」

「Am調」
 

♪ Am1







4-3。 「F調(長調)」

「F調」
 

♪ F1
 


平行調





4-4。 「Dm調(短調)」

「Dm調」
 

♪ Dm1







4-5。 「G調(長調)」

「G調」
 

♪ G1
 


平行調





4-6。 「Em調(短調)」

「Em調」
 

♪ Em1






inserted by FC2 system