「転調・聴音」 U

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 jp-21  「転調・入門」@
  第2回 U-2 jp-22  「転調・入門」A 「転調」のページ・一覧表
  第3回 U-3 jp-23  「耳コピ」(前置き)
  第4回 U-4 jp-24  「耳コピ・入門」@ (メロディー)
  第5回 U-5 jp-25  「耳コピ・入門」A (バス/ベース)
  第6回 U-6 jp-26  「耳コピ・入門」B (コード)1
  第7回 U-7 jp-27  「耳コピ・入門」C (コード)2
  第8回 U-8 jp-28  「耳コピ・入門」D (コード)3
  第9回 U-9 jp-29  「耳コピ・入門」E (合奏)





U-7
「耳コピ・入門」C









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「耳コピ・入門」C

「コード」関係です。

■ 「耳コピ」では、「単音」より、「和音」のほうがずっと難しいわけです。
やはり、「複数」の要因を、同時に捉えるのは難しいです。

「単音」の場合も、実践では、「リズム」「音程(高さ)」の、「2つの」要因が重なっているので、
「耳コピ」では、「リズム」「音程(高さ)」を、「分けて」やるとやりやすいように、

「和音」の場合も、「複数」の音を、同時に捉えるのは難しいので、「一音」ずつ捉える方法も練習してみましょう。 また、実践では、「転回」もあれば「不完全・和音」もあります。

ということで、いろいろ試行錯誤して練習してみましょう。







。 「コード」の耳コピ (聴音/採譜)の「コツ」     

2-1。 「手順」の説明@

■ 具体的に、この例で説明いたします。

まず、「聴き採り易い音」を採るわけですが、私としては、「トップ」のほうが耳に付くように思いますが、
コードを連続的に沢山、耳コピするわけですから、「効率」良く、手早くできたほうがよいでしょう。

また、「トップ」から。 または、「バス」から・・・と、いちいち、「迷う」のも面倒です。
それに、「コード」の構造上「根音」から上へ音は積まれていますし、コードを把握する目安、手順としても「下」からのほうが効率はよいと思いますので、この手順で覚える、決めておくとよいかと思います。

また、「倍音」が聞えるため、「バス」「ド」が、「オクターブ上」にも「ド」が存在しているようにも聞こえ、まぎらわしいですので、とりあえず、同じ音(ド-ド)でしたら重複しますので、「トライアド(3声・和音)」採譜し、G7などの「7(セブンス)・(4声・和音)」は、構成音は違いますから「4声・和音」として採譜するとよいでしょう。 細かな点は、ケースバイケースで結構です。


■ では、耳コピの例としまして、まず、「C」でいえば、まずは「バス(最低音・下声)」「ド」。 

ちなみに、ここでは「基本形」ですので「ルート」になりますが、転回も後々、多々存在しますので、「バス」と統一して呼んだほうが楽でしょう。

ですので、「バス(最低音)」「ド」が聴き採れたとします。
そうしますと、この音は、「バス(最低音)」ですので、残りは「上」にしかありませんよね。
なので、単純に、「上方」「探知」していきます

そうしますと、「ミ」「ソ」の音が探知できるかと思います。
すなわち、「ドミソ」「C」だと判明しました。

同じ要領で、次の「コード」を耳コピしていきます。


■ もちろん、手順は、「上」から「下」に採ってもよいわけで、本人の「好み」なんですが、
私の場合の耳コピでは、今回の手順が、一番「効率」が良いように思いますので、お勧めします。。。

ちなみに、いきなり、「中間」の音(内声)は、聴き採り難いです。
 


♪ dai-C1.0

まとめ

  ・「C」でいえば、まずは「バス(最低音・下声)」「ド」
  ・次に、「上方」「探知」していきます

そうしますと、まず「ミ(内声)」。 そして「ソ(最高音)」の音が探知できるかと思います。 
すなわち、「ドミソ」「C」だと判明しました。


■ 余談。  探知した音とは、「どのように聞えるのか?」 

ちなみに、探知した音とは、「どのように聞えるのか?」 
耳コピできない方には、気になるところですよね。。。 ^^

例えるなら、「楽器」「室外」で奏すると、「響かない」ですよね。。。
これは「反響」ないからです。

このときの感覚としては、「楽器」の音が、ただ「行ったっきり」手ごたえのない感じがしますよね。
これが、「感知」していないときの感覚と似ています。

要するに、「自分の頭の中」の音と、「対象(コードトーン)」の音が、「一致」「探知」できたときは、
同一のパートを合唱しているときのように、ユニゾン(同一)ハモリます。 といった感じです。

いろいろ、例え・表現はあると思いますが、「音」「言葉」では的確に表現できませんので、
とにかく、「練習」してみることです。


結局のところ、「自転車」が乗れるための「バランス感覚」は、言葉では「バランス」といっても、「練習」しなければその感覚はわからないようなものですし、「作曲」感覚も同じです。

「感覚」とは、練習し自分で体得するしか、その感覚は結局わかりませんので、「習う」より「慣れろ(練習)」で、とにかく、いろいろやってみてください。 それが「近道」です。。。





2-2。 「手順」の説明A

■ 追加練習

C調「ダイアトニック・コード」ランダムです。
テンポを、「40。60。90。120。140」を用意しました。 順次、テンポ速くして練習してみてください。


テンポ速くなってくると、「分離」した音を探知・キャッチし、確実に音を確認するのが難しくなってきます。 それでは、意味がありませんので、テンポ速くなっても、確実に「分離」した音を確認しながらやってください。

また、テンポ速くなってくると、「3声」と「4声」の区別する時間もありませんので、ここでは「3声」。
「トライアド」でやってください。 すなわち、G7はG。 Bm7♭5はBm♭5でいいです。
 



♪ TA_dai-ran_tempo40 (テンポ40)
♪ TA_dai-ran_tempo60 (テンポ60)
♪ TA_dai-ran_tempo90 (テンポ90)
♪ TA_dai-ran_tempo120 (テンポ120)
♪ TA_dai-ran_tempo140 (テンポ140)

練習コツですが、ここでの目的は、「キャッチ」するスピードのアップです。
ゆっくりの場合は、「考えたり、上下をうろうろ」したりする余裕がありましたが、
速くなると、時間的余裕はありません。 そこで、テンポよく端的キャッチできるように練習します。

  例として、「C」では、まず、「1拍」休符を入れて、「ド」「ミ」「ソ」
  続いて、「F」では、まず、「1拍」休符を入れて、「ファ」「ラ」「ド」

のようにやると聴き採りやすいです。
その際、「ド」「ミ」「ソ」。などの、「音程(音高)」判別は、不要です。

それは、後で「採譜」の段階で、楽器を使ってゆっくり判断することとし、
ここでは、とにかく、音を「キャッチ」するスピードのアップだけを目的やってみてください。

また、探知・キャッチするときですが、鮮明に音を確認するためには、
頭の中で鳴らす音は、「強め」「スタッカート(短かめに切る)」ぎみに、シャープに鳴らしてください。
そうすると、対象音共鳴し、かなり分離して聞えます。


■ 結局、「耳コピ(聴音)」ができないと「採譜」もできませんので、まずは、「耳コピ」に慣れるようにしましょう。 そうすれば、「採譜」は楽器で音を確認する作業をしても、手間はかかりますが、あとは手数をかければ採譜は終わります。

「採譜」では、「トライアド」「セブンス」区別も、手間・手数をかけてやってみてください。
手間・手数をかけてることも、なんとなく遠回りな感じがしますが、数をこなせば機械的に終わるので、分からなくて考えたり、悩んだりしているより、ずっと速いです。





2-3。 「コード・耳コピ」の練習方法

「コード・耳コピ」の練習方法

「コード・耳コピ」の聴き採り・練習方法は、大別すると、「3つ」です。

  @。「コード」、「一括」
  A。「コード」の「縦軸」を、「一音ずつ」
  B。「コード進行」の「横軸」を、「パート」別「一音ずつ」

例。

  @。「C」の場合だと、「ド・ミ・ソ」「一括」して聴き採る。
  A。「C」の場合だと、「ド(バス)」。「ミ(第3音)」。「ソ(第5音)」と、「一音ずつ」聴き採る。

  B-1。「バス(ルート)」のラインだけ追いかけてみます。  (ド→ファ→レ→ソ→ミ→シ→ラ)
  B-2。「第3音」のラインだけ追いかけてみます。  (ミ→ラ→ファ→シ→ソ→レ→ド)
  B-3。「第5音」のラインだけ追いかけてみます。  (ソ→ド→ラ→レ→シ→ファ→ミ)
  B-4。「第7音」のラインだけ追いかけてみます。  (無→無→無→ファ→無→ラ→無)
 






2-4。 「聴き採り」の「易さ・難さ」の違い

「楽器・音色」では、「ピアノ」より、「ストリングス」のような持続音のほうがいつまでも鳴っているわけですから、採り易いわけです。


同じ「音色」だと分かり難いです。 
「バス」も、ピアノ以外で「ベース」などであれば分かり易いです。


「ピアノだけ」同一の音色の場合は、特に重要な「バス」を採る際、
「音の太さ」を意識する。 また、「余韻」が一番、長いと思いますので、それを意識して採る。


「ピアノだけ」同一の音色の場合は、「バス」「トップ」分かり易いが、
「内声」わかり難いので、「バス」を採ったらそれを基準に「上」探る分かり易い


「音程(音の高さ)」では、特に、「バス」ラインを採る際、あまり「低い音」分かり難いです。





2-5。 「理論/意識(目的)/見える(分かる)」の関係

「旅行」などをする場合、「行き当たりばったり」もあるでしょうが、
「修学旅行」のように「事前」「下調べ」をしたり「予備知識」を調べたりして行きます。

これは、同時に、「意識(目的)」する。ということでもあると思います。

例えば、「京都」であれば、「地理」的なことや、「歴史」的な背景。 また、
風景を見るにも「花・植物」の知識もあればどうでしょうか。 

さらに、「美術」的なこと。 また、「京都」を舞台とした「文学」を読んでいた場合などなど、
これらの「知識(意識)」を持っている場合とそうでない場合とでは、
「旅行先」で「見える(得られる)」ものや「味わい」全然違ってくるかと思います。

同じように、「知識(意識)」は、「手探り」でやるよりも多いに参考になります。
例えば、「C調」であれば、「トニック(C)」「トニック(C)」の間には、「ドミナント(G7)」があるだろうし、
その前には、「サブ・ドミナント(F)」があるかもしれません。 

実際には、「3コード」ということは少ないですから、「ダイアトニック・コード」「代理」が、
次の「候補」として「頭をよぎり」ます。

さらに、「セカドミ」「裏コード」「変位コード」等、優先順位の順番に、目星を付ければ「耳コピ」探しやすいですね。

ということで、なんの「知識(意識)」も無し「探す」より、「この辺り」がくるな・・・。と目星があったほうがでしょう。 野球でも、「サインなし」で、ピッチャーが投げれば、キャッチャーも受けるのは大変でしょう。


実践では、やはり「バス」ラインを、まず、聴き採ることがポイントです。
「バス」ラインが分かれば、「ダイアトニック・コード」目星は付きますから、より探しやすくなります。


■ ちなみに、「C系」は音が低すぎる所為か、「バス(ルート)」のラインが聴き採り難いので、
下記の「F系」や「G系」のほうがやりやすい感じ
です。。。

実際の楽曲では、「バス」「独立」していたり「強調」されますし、さらに、「特長ある動き」もあります。
実際の楽曲では、「バス」ラインは、「メロ」ほどではありませんが、「動的」なラインです。
それに対し、「内声」「静的」で、一般的には「動きの少ない」パートであることも覚えておきましょう。

また、実際の楽曲では、「バス」「ピアノ以外」「ベース」などですから、合奏されている場合はいろいろな楽器を総合的に捉えればわかりやすいですね。





2-6。 「作曲」との関係

「耳コピ」「作曲」との関係は深いものがあります。
楽譜を用意して「楽器」を弾く場合と違い、作曲ではそもそも「楽譜」ありません

「メロディー」の楽譜もなければ、「伴奏・コード」の楽譜もありません。
おまけに、仮に「コード」を付けても、それを具体的に「音符」にし「Cコード」であっても、
「基本形」なのか「転回形」なのか。 
「同じド」でも、どの高さのドにするのかという「ボイシング(配置)」も分かりません。

さらに、「同時」なのか、「分散」なのか。 
「同時」なら、どういうタイミングのリズムで入れるのか。 
「分散」なら、どんなアルペジオで、どの音を繋げるのか。 
さらに、「副・対旋律」をどう入れるか・・・。 
とにかく、「なにもない」状態からスタートします。 

そうしますと、「意識」の連続です。
また、「作曲」の学習も勉強したことが、次には「予備知識」となり、「予想(目星)」助けにもなります。


「作曲」方法には、「メロ先」「コード先」があります。
もう少し、細かく分けると「コード先」も、「コード(進行)」の場合と「バス(ライン)」だけの場合があります。

特に、「バス(ライン)」だけの場合ですが、まず、「バス」だけを書き、それに対し、次に「コード(進行)」を付けるわけです。 

すなわち、「バス(ライン)」だけ分かれば、「コード(進行)」が自動的に決まるわけではありませんが、「見当・選択肢」が絞れます。 ということで、「作曲」の力が必要ですが、「バス(ライン)」だけを聴き採ることの重要性・関連性がありますので、「作曲」できる方は、応用してみてください。

また、「メロ先」作曲(ソプラノ課題)の方が多いかと思いますが、「コード先」作曲の特に、最初に「バス」だけ(バス課題)を書き、作曲する練習もやってみましょう。






inserted by FC2 system