「転調・聴音」 U

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 jp-21  「転調・入門」@
  第2回 U-2 jp-22  「転調・入門」A 「転調」のページ・一覧表
  第3回 U-3 jp-23  「耳コピ」(前置き)
  第4回 U-4 jp-24  「耳コピ・入門」@ (メロディー)
  第5回 U-5 jp-25  「耳コピ・入門」A (バス/ベース)
  第6回 U-6 jp-26  「耳コピ・入門」B (コード)1
  第7回 U-7 jp-27  「耳コピ・入門」C (コード)2
  第8回 U-8 jp-28  「耳コピ・入門」D (コード)3
  第9回 U-9 jp-29  「耳コピ・入門」E (合奏)





U-9
「耳コピ・入門」E









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「耳コピ・入門」E

「合奏」です。







。 「合奏」の耳コピ     

「合奏」です。 実際では、「合奏」の状態。 これを耳コピする場合は、各「パート」分別して「聴き採る」必要があります。

人間の耳は、「ラジオ」のチューニングのように、「複数」の局の中から、「1つ」の局だけを選曲(分別)できます。 同じように、「合奏」でも、「メロ」。「ベース」。「コード」から、「メロ」だけ「ベース」だけ「コード」だけ「1パート」「聴き採る」ことができます。

しかし、そのためには、「意識」が必要です。 「耳コピ」では、なんといっても、この「意識」有無ポイントのようです。 また、「意識」も、「度合い(集中力)」が重要です。
「なんとなく」では、意味がなく、「これはなんの音か」「意識・集中」することが、大切です。


■ ちなみに、「調号」でも表記できますが、耳コピですから、最初から「調性」が分かっているわではありませんので、「臨時記号」で表記してあります。




調判断 (調性判断)

調判定 (調性判断)

ここで、「調性」が分かれば、「ベース」「コード」も見当がつき絞れます。
「調判定」(長調⇔短調)には、「旋律」「和声」から判断しますが、ケースバイケースにより、一口には説明できません。


■ ここでは、簡単な「導音」「属7和音(V7)」で判断しています。

  ・「調号(♯・♭)」
  ・「短調」の音階の第7番めの音である「導音」
  ・「属7(V7)」と、「V7-I」「調性」確立するカギです。





2-1。 「C調」

「C調」です。

「調性」の判断は、「メロ」では「最後の音」である、「主音」「ド」
「コード(進行)」では、「ドミナント7(V7)」「G7」。 「V7-I」「G7-C」。なので「C調」としました。


「耳コピ」簡単実践例手順やってみましょう。

まずは、「メロ」から採りましょう。 音色は、「ハープ」です。 これは単音なので分かります。
次に、「ベース」を聴き採ります。 これも単音なので分かります。


■ 問題は、「コード」です。 ここでは、いろいろなアプローチ(手段)があります。
「直接」、「耳コピ」するのも、いろいろな楽器・パートが「混在」していますので、なかなか難しいわけです。
そこで、「理論」「見当」を付けておけば、「意識」集中できます。
 

♪ C4.0

「メロ」「ベース」が分かった段階で、「何」分かるのでしょうか。
「メロ」「ベース」最後は、「ド」。 また、メロの「シ」「ナチュラル」です。 
さらに、曲感としても「長調」のようです。 ということで、「C調」だと思われます。
「C調」だと仮定すると、「ダイアトニック・コード」も分かります。


■ 次に、「カデンツ(機能和声)」を使い考えてみましょう。 C調です。
「カデンツ」とは、機能和音基本的動きです。  T=C。 S=F。 D=G7

  @。T→D→T
  A。T→S→T
  B。T→S→D→T

すなわち、「C」と「F」と「G7」の「3コード」で、「コード進行」大まかにアナリーゼします。
「2小節め」である、最後「C」でしょう。 その前「G7」でしょう。 その前「C」でしょう。
これは、曲感もありますし、定番です。 

また、「1小節め」は、適当「C」。「F」。「G7」どれでもいいので仮定してください。
そうしましたら、コードの押さえ方なんでもいいので、手持ちの楽器で曲に合わせて「合奏」してみてください。

「合いました」か?
「合わない」ところがあれば、「C」。「F」。「G7」を適当に入れ替えてください。 
そして、また、「合奏」してみてください。 そうやって「曲感」で確認し、「合いそう」なコード判別してみてください。


■ これは、「作曲」やり方と同じです。
そもそも、作曲では「コード」ありません分かりません
「耳コピ」でも同じです。 これで、おおよその「コード」は分かります。

さらに、「3コード」「ダイアトニック・コード」代理してみて、より「合う」コード絞り込んでもいいです。
ちょっとした「理論」ではありますが、「カデンツ(理論)」「曲感(合奏)」で、「コード」が大体分かります。

後は、「正確」なコードが必要なら、その「コード」を参考に、耳コピして「確認・修正」してみてください。





2-2。 「Am調」

「Am調」です。

「調性」の判断は、「メロ」では「最後の音」である、「主音」「ラ」

「導音」「ソ#」である。
「コード(進行)」では、「ドミナント7(V7)」「E7」。 「V7-I」「E7-Am」。なので「Am調」としました。

「導音」「自然的・短音階」の場合はつきませんので、必ず「ソ#」になるわけではありませんが、頻度的には多いので、目安になります。
 

♪ Am4.0









2-3。 「F調」

「F調」です。

「メロ」に、「シ」「♭」がつく。
「調性」の判断は、「メロ」では「最後の音」である、「主音」「ファ」
「コード(進行)」では、「ドミナント7(V7)」「C7」。 「V7-I」「C7-F」。なので「F調」としました。
 

♪ F4.0





2-4。 「Dm調」

「Dm調」です。

「メロ」に、「シ」「♭」がつく。
「調性」の判断は、「メロ」では「最後の音」である、「主音」「レ」

「導音」「ド#」である。
「コード(進行)」では、「ドミナント7(V7)」「A7」。 「V7-I」「A7-Dm」。なので「Dm調」としました。

「導音」「自然的・短音階」の場合はつきませんので、必ず「ド#」になるわけではありませんが、頻度的には多いので、目安になります。
 

♪ Dm4.0









2-5。 「G調」

「G調」です。

「メロ」に、「ファ」「♯」がつく。
「調性」の判断は、「メロ」では「最後の音」である、「主音」「ソ」
「コード(進行)」では、「ドミナント7(V7)」「D7」。 「V7-I」「D7-G」。なので「G調」としました。
 

♪ G4.0





2-6。 「Em調」

「Em調」です。

「メロ」に、「ファ」「♯」がつく。
「調性」の判断は、「メロ」では「最後の音」である、「主音」「ミ」

「導音」「レ#」である。
「コード(進行)」では、「ドミナント7(V7)」「B7」。 「V7-I」「B7-Em」。なので「Em調」としました。

「導音」「自然的・短音階」の場合はつきませんので、必ず「レ#」になるわけではありませんが、頻度的には多いので、目安になります。
 

♪ Em4.0







。 「あとがき(その他)」     

3-1。 「作曲」・「耳コピ」・「音感」

「作曲」「耳コピ」「音感」は、「連動」しているようにも感じます。

単純に「できる・できない」ということではなく、「レベル」といいましょうか、左右されるように思います。
なので、「作曲」は「ある程度できる」が、どうしても、「できる範囲」に納めてしまう傾向にあります。
しかし、「できない部分」を、まぁ、できなくても「曲」になるからと、億劫になり「やらず終い」になってしまいます。

それは、結局、「耳コピ・音感」無さも関係しているからかと思います。
ということで、「レベル・アップ」したいと思いながらも、「未熟で不得意な部分」「億劫で大変」なので「努力」を怠ってしまいやすいわけですが、

今回、「音感トレーニング本」を、買ったことも忘れていたほど、パラパラしただけで、ほったらかしだったこの本を、ネットを検索中に気が付き、「再読」し、なるほど・・・という部分が多々あり勉強になり、改めてがんばりたいと思いました。


「耳コピ」の練習も、これ以上はキリがありませんし、良書もありますので、この程度にしたいと思います。
ちなみに、各「講座」では「楽譜と音源」がありますので、「耳コピ」の練習の代用にもなるかと思いますのでよければどうぞ。





3-2。 「コード」の耳コピ (聴音)練習のコツ

「単音」の「聴音」は、ある程度できると思いますが、「コード(和音・重音)」関係は難しいわけです。

例えるなら、「ラジオ」「チューニング(同期)」のように、「複数」の局の中から、「局」を選局するようなものです。 これは、「複数」の音である「コード」の中から、任意の「音」や、各・構成音聴き分けるわけです。

どうしても、「和音」複数の音があるため、任意の音は聴こえにくいわけですが、
しかし、人込みの「雑沓(ざっとう)」や、複数の人の会話の中で、ある特定の人の話し声・会話を、「意識」集中すると、聴き分けることができるように、「コード」各「構成音」を聴き分けることができます。

始めのうちは、なかなかうまくいかないと思いますが、次第に、「構成音」「1音1音」「チューニング(同期)」することができるようになりますので、とにかく、「意識」集中しないとできませんので、このことがポイントですのでので練習してみましょう。






inserted by FC2 system