聴音 V

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 jp-31  「耳コピ・セレクト」@ (コード)1
  第2回 V-2 jp-32  「耳コピ・セレクト」A (コード)2
  第3回 V-3 jp-33  「耳コピ・セレクト」B (コード)3
  第4回 V-4 jp-34  「耳コピ・セレクト」C (コード)4





V-2
「耳コピ・セレクト」A









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「耳コピ・セレクト」A

先の「U-6」より、「アプローチ」による練習です。







。 「ダイアトニック・コード」の耳コピ     

■ 先の「U-6」より、再掲です。




2-1。 「C調」

■ C調
 

♪ dai-C1.0

「一音」ずつ聴き分ける。 追いかける練習をしてみます。

  7つのコードが並んでいますが、それぞれ、「バス(ルート)」のラインだけ追いかけてみます。
  要するに、「ド」。「レ」。「ミ」。「ファ」。「ソ」。「ラ」。「シ」。ですね。

同様に、次は、「第3音」だけ「第5音」だけ「第7音」だけラインで追い掛けてみましょう。







。 「コード」の耳コピ (聴音/採譜)の「コツ」     

■ 先の「U-7」より、再掲です。




3-1。 「手順」の説明@

■ 具体的に、この例で説明いたします。

まず、「聴き採り易い音」を採るわけですが、私としては、「トップ」のほうが耳に付くように思いますが、
コードを連続的に沢山、耳コピするわけですから、「効率」良く、手早くできたほうがよいでしょう。

また、「トップ」から。 または、「バス」から・・・と、いちいち、「迷う」のも面倒です。
それに、「コード」の構造上「根音」から上へ音は積まれていますし、コードを把握する目安、手順としても「下」からのほうが効率はよいと思いますので、この手順で覚える、決めておくとよいかと思います。

また、「倍音」が聞えるため、「バス」「ド」が、「オクターブ上」にも「ド」が存在しているようにも聞こえ、まぎらわしいですので、とりあえず、同じ音(ド-ド)でしたら重複しますので、「トライアド(3声・和音)」採譜し、G7などの「7(セブンス)・(4声・和音)」は、構成音は違いますから「4声・和音」として採譜するとよいでしょう。 細かな点は、ケースバイケースで結構です。


■ では、耳コピの例としまして、まず、「C」でいえば、まずは「バス(最低音・下声)」「ド」。 

ちなみに、ここでは「基本形」ですので「ルート」になりますが、転回も後々、多々存在しますので、「バス」と統一して呼んだほうが楽でしょう。

ですので、「バス(最低音)」「ド」が聴き採れたとします。
そうしますと、この音は、「バス(最低音)」ですので、残りは「上」にしかありませんよね。
なので、単純に、「上方」「探知」していきます

そうしますと、「ミ」「ソ」の音が探知できるかと思います。
すなわち、「ドミソ」「C」だと判明しました。

同じ要領で、次の「コード」を耳コピしていきます。


■ もちろん、手順は、「上」から「下」に採ってもよいわけで、本人の「好み」なんですが、
私の場合の耳コピでは、今回の手順が、一番「効率」が良いように思いますので、お勧めします。。。

ちなみに、いきなり、「中間」の音(内声)は、聴き採り難いです。
 


♪ dai-C1.0

まとめ

  ・「C」でいえば、まずは「バス(最低音・下声)」「ド」
  ・次に、「上方」「探知」していきます

そうしますと、まず「ミ(内声)」。 そして「ソ(最高音)」の音が探知できるかと思います。 
すなわち、「ドミソ」「C」だと判明しました。


■ 余談。  探知した音とは、「どのように聞えるのか?」 

ちなみに、探知した音とは、「どのように聞えるのか?」 
耳コピできない方には、気になるところですよね。。。 ^^

例えるなら、「楽器」「室外」で奏すると、「響かない」ですよね。。。
これは「反響」ないからです。

このときの感覚としては、「楽器」の音が、ただ「行ったっきり」手ごたえのない感じがしますよね。
これが、「感知」していないときの感覚と似ています。

要するに、「自分の頭の中」の音と、「対象(コードトーン)」の音が、「一致」「探知」できたときは、
同一のパートを合唱しているときのように、ユニゾン(同一)ハモリます。 といった感じです。

いろいろ、例え・表現はあると思いますが、「音」「言葉」では的確に表現できませんので、
とにかく、「練習」してみることです。


結局のところ、「自転車」が乗れるための「バランス感覚」は、言葉では「バランス」といっても、「練習」しなければその感覚はわからないようなものですし、「作曲」感覚も同じです。

「感覚」とは、練習し自分で体得するしか、その感覚は結局わかりませんので、「習う」より「慣れろ(練習)」で、とにかく、いろいろやってみてください。 それが「近道」です。。。





3-2。 「手順」の説明A

■ 追加練習

C調「ダイアトニック・コード」ランダムです。
テンポを、「40。60。90。120。140」を用意しました。 順次、テンポ速くして練習してみてください。


テンポ速くなってくると、「分離」した音を探知・キャッチし、確実に音を確認するのが難しくなってきます。 それでは、意味がありませんので、テンポ速くなっても、確実に「分離」した音を確認しながらやってください。

また、テンポ速くなってくると、「3声」と「4声」の区別する時間もありませんので、ここでは「3声」。
「トライアド」でやってください。 すなわち、G7はG。 Bm7♭5はBm♭5でいいです。
 



♪ TA_dai-ran_tempo40 (テンポ40)
♪ TA_dai-ran_tempo60 (テンポ60)
♪ TA_dai-ran_tempo90 (テンポ90)
♪ TA_dai-ran_tempo120 (テンポ120)
♪ TA_dai-ran_tempo140 (テンポ140)

練習コツですが、ここでの目的は、「キャッチ」するスピードのアップです。
ゆっくりの場合は、「考えたり、上下をうろうろ」したりする余裕がありましたが、
速くなると、時間的余裕はありません。 そこで、テンポよく端的キャッチできるように練習します。

  例として、「C」では、まず、「1拍」休符を入れて、「ド」「ミ」「ソ」
  続いて、「F」では、まず、「1拍」休符を入れて、「ファ」「ラ」「ド」

のようにやると聴き採りやすいです。
その際、「ド」「ミ」「ソ」。などの、「音程(音高)」判別は、不要です。

それは、後で「採譜」の段階で、楽器を使ってゆっくり判断することとし、
ここでは、とにかく、音を「キャッチ」するスピードのアップだけを目的やってみてください。

また、探知・キャッチするときですが、鮮明に音を確認するためには、
頭の中で鳴らす音は、「強め」「スタッカート(短かめに切る)」ぎみに、シャープに鳴らしてください。
そうすると、対象音共鳴し、かなり分離して聞えます。


■ 結局、「耳コピ(聴音)」ができないと「採譜」もできませんので、まずは、「耳コピ」に慣れるようにしましょう。 そうすれば、「採譜」は楽器で音を確認する作業をしても、手間はかかりますが、あとは手数をかければ採譜は終わります。

「採譜」では、「トライアド」「セブンス」区別も、手間・手数をかけてやってみてください。
手間・手数をかけてることも、なんとなく遠回りな感じがしますが、数をこなせば機械的に終わるので、分からなくて考えたり、悩んだりしているより、ずっと速いです。





3-3。 「コード・耳コピ」の練習方法

「コード・耳コピ」の練習方法

「コード・耳コピ」の聴き採り・練習方法は、大別すると、「3つ」です。

  @。「コード」、「一括」
  A。「コード」の「縦軸」を、「一音ずつ」
  B。「コード進行」の「横軸」を、「パート」別「一音ずつ」

例。

  @。「C」の場合だと、「ド・ミ・ソ」「一括」して聴き採る。
  A。「C」の場合だと、「ド(バス)」。「ミ(第3音)」。「ソ(第5音)」と、「一音ずつ」聴き採る。

  B-1。「バス(ルート)」のラインだけ追いかけてみます。  (ド→ファ→レ→ソ→ミ→シ→ラ)
  B-2。「第3音」のラインだけ追いかけてみます。  (ミ→ラ→ファ→シ→ソ→レ→ド)
  B-3。「第5音」のラインだけ追いかけてみます。  (ソ→ド→ラ→レ→シ→ファ→ミ)
  B-4。「第7音」のラインだけ追いかけてみます。  (無→無→無→ファ→無→ラ→無)
 








。 他の「アプローチ」     

■ 上記の、「アプローチ」です。




4-1。 「アプローチ」1

実践「耳コピ」では、合奏の中から音を拾うため簡単ではありません
そこで、いろいろなアプローチで拾う練習をしてみます。

「コード・耳コピ」の聴き採り・練習方法は、大別すると、「3つ」です。

  @。「コード」、「一括」
  A。「コード」の「縦軸」を、「一音ずつ」
  B。「コード進行」の「横軸」を、「パート」別「一音ずつ」


「コード」は、「ルート」「第3音」が特に重要です。 
なので、まずは、この2音を聴き採る必要があります。 
すなわち、「メジャー(長3)」「マイナー(短3)」か。ということですね。

実践では、「第3音」が聴き採り難いので、
「ルート」をまず拾い、それを基準に、すぐ、「第3音」を探しましょう。
すなわち、「ド(ルート)」→「ミ(第3音)」。 「レ(ルート)」→「ファ(第3音)」・・・。

「ピアノ」余韻減衰音ですので、音が小さくなりますので、できるだけ素早く
「ド・ミ」。 「レ・ファ」・・・。 といった感じで、「第3音」キャッチしましょう。
 

♪ dai-C1.0

「第5音」についてですが、「C」では「トップ」の位置なので、一番「高い音」という探し方ができます。
また、「第5音」とは、「倍音」があるため、よく「省略」する音でもあります。

逆にいうと、聴き採れなくても、「ルート」「第3音」が分かれば、機械的に「第5音」は付ければいいです。
そうすると、とりあえず「C」になりますね。

「Dm」では、「第5音」「ラ」を機械的に付ければいいです。





4-2。 「アプローチ」2

「コード」種類を、「一括」して判別しましょう。  (「バス」は、参考・目星)
基本は、「M(メジャー)」系。 「m(マイナー)」系。 「V7」系。 「m7♭5」系。

「M」系は、C調では、「C」「F」「G(7)」ですから、「バス」「ド」なら「C」だろうと、区別し目星をつけます。

「m」系は、C調では、「Am」「Dm」「Em」ですから、「バス」「レ」なら「Dm」だろうと、区別し目星をつけます。

「m7♭5」系は、C調では、「Bm7♭5」ですから、「バス」「シ」の音が目星にします。

「V7」系は、「G7」だけですし、「バス」「ソ」の音が目星にします。
 

♪ dai-C1.0

■ まずは、「メジャー(長3)」系「マイナー(短3)」系を判別しましょう。
それができたら、「G7」。「Bm7♭5」も、判別できるように練習しましょう。

「バス」も、「ダイアトニック・コード」の判別の参考・目星にしましょう。






inserted by FC2 system