聴音 V

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 jp-31  「耳コピ・セレクト」@ (コード)1
  第2回 V-2 jp-32  「耳コピ・セレクト」A (コード)2
  第3回 V-3 jp-33  「耳コピ・セレクト」B (コード)3
  第4回 V-4 jp-34  「耳コピ・セレクト」C (コード)4





V-4
「耳コピ・セレクト」C









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「耳コピ・セレクト」C

先の「U-6」より、「アプローチ」による練習です。







。 「コード」ランダムの耳コピ     

■ 先の「U-6」より、再掲です。




2-1。 「C調」

■ C調
 

♪ ran-dai-C1.0

「バス」ラインだけ。「第3音」ラインだけ。「第5音」ラインだけ。「第7音」ラインだけ。追い掛けてみましょう。

「ピアノ」単一の和音の場合、持続音ではないので分かり難いことがあります。 しかし、
「バス」ラインは、「ボォ〜ン」という「太く」ベース的な余韻のある特徴音ですので、その感覚を捉えましょう。

また、この「ボォ〜ン」という音は、「ワンテンポ」遅れて、徐々に聞えてくる感じがします。
なので、「(ん)ボォワァ〜ン」と表現すればよいでしょうか・・・ ^^
最後の方の、「ワァ〜ン」余韻はよく分かりますね。。。







。 他の「アプローチ」     

■ 上記の、「アプローチ」です。

■ また、「U-7」「コード」の耳コピ (聴音/採譜)の「コツ」も、参考にしてください。




3-1。 「アプローチ」1

実践「耳コピ」では、合奏の中から音を拾うため簡単ではありません
そこで、いろいろなアプローチで拾う練習をしてみます。

「コード・耳コピ」の聴き採り・練習方法は、大別すると、「3つ」です。

  @。「コード」、「一括」
  A。「コード」の「縦軸」を、「一音ずつ」
  B。「コード進行」の「横軸」を、「パート」別「一音ずつ」


「コード」は、「ルート」「第3音」が特に重要です。 
なので、まずは、この2音を聴き採る必要があります。 
すなわち、「メジャー(長3)」「マイナー(短3)」か。ということですね。

実践では、「第3音」が聴き採り難いので、
「ルート」をまず拾い、それを基準に、すぐ、「第3音」を探しましょう。
すなわち、「ド(ルート)」→「ミ(第3音)」。 「ミ(ルート)」→「ソ(第3音)」・・・。

「ピアノ」余韻減衰音ですので、音が小さくなりますので、できるだけ素早く
「ド・ミ」。 「ミ・ソ」・・・。 といった感じで、「第3音」キャッチしましょう。
 

♪ ran-dai-C1.0

「第5音」についてですが、「C」では「トップ」の位置なので、一番「高い音」という探し方ができます。
また、「第5音」とは、「倍音」があるため、よく「省略」する音でもあります。

逆にいうと、聴き採れなくても、「ルート」「第3音」が分かれば、機械的に「第5音」は付ければいいです。
そうすると、とりあえず「C」になりますね。

「Em」では、「第5音」「シ」を機械的に付ければいいです。





3-2。 「アプローチ」2

「コード」種類を、「一括」して判別しましょう。  (「バス」は、参考・目星)
基本は、「M(メジャー)」系。 「m(マイナー)」系。 「V7」系。 「m7♭5」系。

「M」系は、C調では、「C」「F」「G(7)」ですから、「バス」「ド」なら「C」だろうと、区別し目星をつけます。

「m」系は、C調では、「Am」「Dm」「Em」ですから、「バス」「レ」なら「Dm」だろうと、区別し目星をつけます。

「m7♭5」系は、C調では、「Bm7♭5」ですから、「バス」「シ」の音が目星にします。

「V7」系は、「G7」だけですし、「バス」「ソ」の音が目星にします。
 

コード進行ではありません (ランダム)


♪ ran-dai-C1.0

■ まずは、「メジャー(長3)」系「マイナー(短3)」系を判別しましょう。
それができたら、「G7」。「Bm7♭5」も、判別できるように練習しましょう。

「バス」も、「ダイアトニック・コード」の判別の参考・目星にしましょう。






inserted by FC2 system