音感・練習 Y

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Y

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Y-1 jp-61  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習@
  第2回 Y-2 jp-62  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習A
  第3回 Y-3 jp-63  「イメージ」と「ドレミファソラシド」の練習
  第4回 Y-4 jp-64  「読譜の練習曲」@
  第5回 Y-5 jp-65  「読譜の練習曲」A
  第6回 Y-6 jp-66  「読譜の練習曲」B
  第7回 Y-7 jp-67  「移調」
  第8回 Y-8 jp-68  「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)





Y-1
「作曲」時の「メロディーの採譜」練習@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「作曲」時の「メロディーの採譜」練習@

「作曲」時の「メロディーの採譜」練習です。

「作曲」は、「メロディー」を頭の中で浮かんでくる作業ですから、四六時中、いいわけですが、ただ、「楽器」が手元にない外出先などでは、やはり、「メロディー」「メモ」しておかなければ忘れてしまいます。

ということで、「作曲」した「メロディー」「メモ」するための「採譜」練習をします。







。 「作曲」時の「メロディーの採譜」     

2-1-1。 例

「メロディーの採譜」練習です。 練習のやり方ですが、

  @。まず、「音源」を聴きながら、「楽譜」を見て音程確認する。
  A。次に、「音源」を聴きながら、「楽譜」見ないで、「耳コピ」「採譜(メモ)」します。
  B。最後に、「採譜」した「メモ」が合っているか、確認する。


「採譜」メモは、「階名」(移動・ド)の「ド・レ・ミ」でいいです。 (主音に対する相対的な高さ)
譜例は、「C調」なので「音名(固定・ド)」と同じですが、要するに、「実音」はなんでもよく、
どの「調」にかかわらず、長調であれば、階名(移動・ド)の「ド・レ・ミ」でいいです。

譜例の「音源」では、「メロ」「1拍前」に、「バス」「ド(主音)」が鳴ります
これは、「主音」確認(決める)するためです。 「主音」「なんの音」でもOKです。

また、これは、「実音」「ド」ですが、この音は、「各自」の好きな「音程」で構いません。
ここでは、練習のため「バス」「ド」主音鳴らしていますが、 (バスは、メモ不要)
楽器のない、「作曲」時は、各自の頭の中で、好きな音程「主音」「階名」でメモします。

要するに、「階名」(移動・ド)の「ド・レ・ミ」で、各自の自由な調で聴き採るためです。
ということで、これでしたら、誰でも練習できますね。。。


「音源」名末尾の数字は、「テンポ」です。 60=テンポ60(ゆっくり)。 120=テンポ120(速い)
最初は、ゆっくりで慣れたら、速くやってみてください。
■ 聴き採りは、「1音ずつ」でも、「2小節」単位でも、自由な長さで結構です。
メロの「出だし」の音が、「ド」の例です。
 

♪ S1-Ccho1-C_60
♪ S1-Ccho1-C_120

譜例の「音源」では、「メロ」「1拍前」に、「バス」「ド(主音)」が鳴ります
(バスは、メモ不要)


ポイントは、Aの「音源」を聴きながら、「楽譜」見ないで、「耳コピ」「採譜(メモ)」。です。
「採譜」後、楽譜と確認して間違いがあれば、何度も、やり直してください

メロの「出だし」の音が肝心です。 まずは、しっかりメロの「出だし」の音を採りましょう。





2-1-2。 例

メロの「出だし」の音が、「ミ」の例です。  以下、同様に練習してください。
 

♪ S1-Ccho2-E_60
♪ S1-Ccho2-E_120





2-1-3。 例

メロの「出だし」の音が、「ソ」の例です。 
 

♪ S1-Ccho3-G_60
♪ S1-Ccho3-G_120







2-2-1。 例

メロの「出だし」の音が、「ド」の例です。
 

♪ S1-Ccho4-C_60
♪ S1-Ccho4-C_120





2-2-2。 例

メロの「出だし」の音が、「ミ」の例です。 
 

♪ S1-Ccho5-E_60
♪ S1-Ccho5-E_120





2-2-3。 例

メロの「出だし」の音が、「ソ」の例です。 
 

♪ S1-Ccho6-G_60
♪ S1-Ccho6-G_120






inserted by FC2 system