音感・練習 Y

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Y

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Y-1 jp-61  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習@
  第2回 Y-2 jp-62  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習A
  第3回 Y-3 jp-63  「イメージ」と「ドレミファソラシド」の練習
  第4回 Y-4 jp-64  「読譜の練習曲」@
  第5回 Y-5 jp-65  「読譜の練習曲」A
  第6回 Y-6 jp-66  「読譜の練習曲」B
  第7回 Y-7 jp-67  「移調」
  第8回 Y-8 jp-68  「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)





Y-2
「作曲」時の「メロディーの採譜」練習A









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「作曲」時の「メロディーの採譜」練習A

先の「X-5」がうまくできない場合は、下記をやってみてください。







。 「作曲」時の「メロディーの採譜」     

2-1-1。 例

■ 先の「X-5」がうまくできない場合は、こちらを試してみてください。

「調(長調)」は、「主音」により決まります。 「主音」「ド」なら「C調」です。
また、どの「調」でも対応できるようにするには、この「主音」を意識しておかなければ、「調」も決まりません。

ここでは、「階名(移動・ド)」でやりますので、「実音」は関係ありません。 
とりあえず、「C調」で楽譜は表記しているだけなので、「固定・ド」と同じ表記だけということです。

ということで、常に「主音」を意識するため、強制的に「主音(ド)」を、常時、鳴らしました。
この時、「ド(主音)→ド(メロ)」。「ド(主音)→ミ(メロ)」・・・。 と聴き採ってください。
要するに、「ド・ド」。「ド・ミ」。「ド・レ」。「ド・ファ」・・・。

「主音」があるから「音階」があり、また、「主音」「メロ」2音間があるので「音程(差)」も生じるので、常に「主音」を意識し感じながら、「メロ」を採るようにしましょう。

「主音」を意識ないで、「メロ」だけ聴き採ろうとすると、「移調」状態では機能しなくなりますので、常に「主音」を意識しましょう。


■ うまくできるようになったら、先の「X-5」に戻り、「主音」鳴らない状態で聴き採ってください。
ただし、「頭の中」「主音」意識・鳴らしましょう。
 

♪ S2-Ccho1-C_60

メロの「出だし」の音が、「ド」の例です。 





2-1-2。 例

メロの「出だし」の音が、「ミ」の例です。  以下、同様に練習してください。
 

♪ S2-Ccho2-E_60





2-1-3。 例

メロの「出だし」の音が、「ソ」の例です。 
 

♪ S2-Ccho3-G_60






inserted by FC2 system