音感・練習 Y

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Y

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Y-1 jp-61  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習@
  第2回 Y-2 jp-62  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習A
  第3回 Y-3 jp-63  「イメージ」と「ドレミファソラシド」の練習
  第4回 Y-4 jp-64  「読譜の練習曲」@
  第5回 Y-5 jp-65  「読譜の練習曲」A
  第6回 Y-6 jp-66  「読譜の練習曲」B
  第7回 Y-7 jp-67  「移調」
  第8回 Y-8 jp-68  「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)





Y-7
「移調」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「移調」

「移調」と「移動ド」関係についてです。

これらに関係して、いろいろな調があるわけですが、全てを覚えるのは大変です。
ということで、「長調」では、「C調」「F調」「G調」だけでも理解しておきましょう。

これらは、密接な関係があります。 
「転調」では「近親調」という関係にあり「転調」しやすい関係にあります。

また、「移調」にも関係します。
特に、ポピュラー「歌」ものでは、「歌い手」に合わせるために、「移調」します。

さらに、「調号」の問題もあります。 「調号(♯・♭)」は多いと大変ですので、一番少ないのは
「F調」「G調」です。

ということで、「C調」「F調」「G調」「移調」と、「移動ド」関係について説明します。







。 「移調」と「移動ド(階名)」     

2-1。 「移調」と「移動ド(階名)」

「かえるの歌」の冒頭です。
「C調」「F調」「G調」の関係において、「移調」「移動ド(階名)」の関係です。 

「移調」をしても、「階名(移動ド)」では、「ドレミ」の呼び方は、変わりません

 C調

♪ kaeru-4_4-C



F調

♪ kaeru-4_4-F

 
 

G調

♪ kaeru-4_4-G





2-2。 各「調」における「共通」する「2度」感覚

■ 「音程」で、「主音・ド」の場合、2度「レ」です。
しかし、「レ」の音が「2度」だと思ってませんか。

当たり前なのですが、「主音・ソ」の場合「ラ」ですので、「2度」とは「レ」の音ではないことが分かります。
しかし、「C調」の楽譜で練習していると、つい「2度」「レ」のように思ってしまいます。

要するに、「2度」とは「音高(音の高さ)」ではなく、2音間「距離」のことです。
なので、「レ」「音高(音の高さ)」を覚えようとしてもダメです。

よって、「C調」だけでなく、「F調」。「G調」など、他の調で練習すれば、2度は「レ」ではなく、
「C調」。「F調」。「G調」に、共通の「2度」感覚があることが分かります。






inserted by FC2 system