音感・練習 Y

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Y

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Y-1 jp-61  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習@
  第2回 Y-2 jp-62  「作曲」時の「メロディーの採譜」練習A
  第3回 Y-3 jp-63  「イメージ」と「ドレミファソラシド」の練習
  第4回 Y-4 jp-64  「読譜の練習曲」@
  第5回 Y-5 jp-65  「読譜の練習曲」A
  第6回 Y-6 jp-66  「読譜の練習曲」B
  第7回 Y-7 jp-67  「移調」
  第8回 Y-8 jp-68  「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)





Y-8
「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)

■ 余談ですが、「C調」「移調」には、まず、「F調」。「G調」です。
移調にかぎらず、「転調」でも、近親調である「F調」。「G調」は必須です。

また、「アナリーゼ(分析)」する場合や、作曲・編曲では、当然のように扱いますので、すぐ把握できるようにしておくことが大切です。

しかし、「C調」は分かるけれど、「F調」。「G調」は分からない・・・という人も多いでしょう。
ということで、簡単な方法を紹介いたします。







。 「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)     

2-1。 「移調」(F調・G調ダイアトニックコード)

「F調」。「G調」「ダイアトニック・コード」は、単純に、「C調」「ダイアトニック・コード」「ルート」を変えるだけでできます。 ちなみに、「C調」「ダイアトニック・コード」だけは覚えているとします。

 C調



F調

 
「F調」「ダイアトニック・コード」は、「F調」音階を書けば分かります。 

「F調」音階は、楽譜を見ながらやれば間違いありません。 「ファ。ソ。ラ。シ♭。ド。レ。ミ」です。
注意することは、調号の確認です。 なので「シ♭」です。

それだけ注意して、「C調」「ダイアトニック・コード」「ルート(大文字)」を置き換えてやれば、上の譜のようになります。
 


G調


「G調」「ダイアトニック・コード」は、「G調」音階を書けば分かります。 

「G調」音階は、楽譜を見ながらやれば間違いありません。 「ソ。ラ。シ。ド。レ。ミ。ファ♯」です。
注意することは、調号の確認です。 なので「ファ♯」です。

それだけ注意して、「C調」「ダイアトニック・コード」「ルート(大文字)」を置き換えてやれば、上の譜のようになります。 


■ このようにすると、意外に簡単に分かるんですね。
「コード」の構成音もわかりづらいものですが、単純に、「♯・♭」の部分だけ注意して変えてやれば分かりますね。。。


■ 以上、「C調」「F調」「G調」「移調」「転調」で、最低限・必須(近親調)ですので、簡単に把握する方法をやってみました。


■ ちなみに、「短調」に関しては、実は大変「複雑」です。
「自然的」。「和声的」。「旋律的」の3種類の音階があるからです。

なので、「理論上」できる「ダイアトニック・コード」があるわけですが、「ほとんど、使わない」コードもあります。 また、「属和音」は、「Vm」「V7」の場合があります。 これも「メロ」次第でケースバイケースです。

では、どのように使い分けるかといえば、「音感(好み)」ですので割愛いたします。。。






inserted by FC2 system