音感・練習 Z

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Z-1 jp-71  「音程」感(感覚)@
  第2回 Z-2 jp-72  「音程」感(感覚)A
  第3回 Z-3 jp-73  「音程」感(感覚)B
  第4回 Z-4 jp-74  「音程」感(感覚)C
  第5回 Z-5 jp-75  「音程」感(感覚)D





Z-1
「音程」感(感覚)@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「音程」感(感覚)

「音程」「感覚」とはなんでしょうか。
そもそも、それがよくわからない。 ということで、そのことについて書いてみます。







。 「音程」感(感覚)     

2-1。 「音程」の「感覚」

「音程」「感覚」とはなんでしょうか。 先にも書きましたが、

■ 「音程」で、「主音・ド」の場合、2度「レ」です。 しかし、「レ」の音が「2度」ではありません。
「レ」の音は、「音の高さ(音高)」だからです。

では、「音程」「感覚」とはどんな感じのことなのでしょう。
「音程」とは、いわば「2音間」「距離」です。 すなわち、「距離・感覚」です。 

では、「距離・感覚」とは、どんな感じなのでしょうか。
「距離」というくらいですから、「ものさし」で測る感覚。 「長さや幅」でしょうか。
実際、楽譜上「ものさし」を使い測ったても、意味がありません。

そうすると、ついつい「音程」「感覚」とは、「2度」なら「レ」の音。 のように思ってしまいます。
しかし、「レ」は「レ」であり、なんど「レ」を叩いても「レ」の音しか感じません。  笑

「鍵盤」を前に、「2度」の感覚を掴むため、「レ」を何度も叩いた人はいませんか?
私も叩いた人ですが、何度、叩いても「レ」にしか聞こえないわけです。 ^^

やはり、なにか、「錯覚」しているんです・・・ orz





2-2。 「和声的・音程」(コード)

「音程」とはなにか? 
「2音間」感覚とは、どんな感覚のことをいっているのか・・・

「2音間」ということは、「1音」ではその感覚は発生しないわけです。
先の「2度」「レ」は、結局、「1音」だけを聴いているので、「2音間」感覚が感じられないわけです。

「音程」には、「和声的・音程」「旋律的・音程」があるとなっています。
「和声的・音程」とは、要するに「コード」のことですね。

そうしますと、例えば「C(ドミソ)」は、「明るい響き」。 「Cm(ドミ♭・ソ)」は、「悲しげな響き」。です。
「C7」も、「C」と似ているので区別しづらいのですが、「シ♭(短7)」があるので、なにか「不満」があるように感じます。

なので、「G7-C」は、差し詰め、なんか「不満(G7)」があったけれど、やっと解決「満足感・ほっとした(C)」。 といった感じでしょうか。

よく、コードのお話しで、「外出先(G7)」から、「家に帰る(C)」。 ような例えを目にしますが、当時は、意味がわからなかったのですが、最近、勉強してやっと分かりました。 笑

要するに、「和声的・音程」(コード)とは、「明るい響き(C)」「悲しげな響き(Cm)」「不満(G7・C7)」「満足感・ほっとした(C)」。。。などのいわば、「感情(気分)」(心的状態・イメージ)的な感覚(感じ)です。





2-3。 「旋律的・音程」(メロディー)

■ もう一つ、「旋律的・音程」(メロディー)があります。
先は、「同時」でしたが、これは「1音ずつ」です。 ただし、「連続」した「2音間」音程です。

考えてみると、「メロディー」とはなんでしょうか。
いくつかの要素が複合していますが、その中の「音程」に関してみれば、「最小・単位」「2音間」です。
その「連続」というか「複数」「つながり」「メロディー」でもあります。

そうしますと、「メロディー」には「感情」表現が感じられるように、その最小である「2音間」の部分においても、すでに、「感情」表現抽象的かもしれませんが、存在しているはずです。

要するに、比較をすれば、「2音間」だけでみると「抽象的」ではあるが、「2音以上」連なる「メロディー」はより「具体的」な、「感情」表現化される。 という違いではないでしょうか。

ということで、「旋律的・音程」(メロディー)にも、「抽象的」「感情」が感じられると思います。






inserted by FC2 system