音感・練習 Z

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Z-1 jp-71  「音程」感(感覚)@
  第2回 Z-2 jp-72  「音程」感(感覚)A
  第3回 Z-3 jp-73  「音程」感(感覚)B
  第4回 Z-4 jp-74  「音程」感(感覚)C
  第5回 Z-5 jp-75  「音程」感(感覚)D





Z-3
「音程」感(感覚)B









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「音程」感(感覚)

「音程」の練習をしていて、「ドレミファソラシド」はできるけれど、本当にできているのでしょうか。
結構、「惰性」でやっていませんか? ということで、これについて考えます。







。 「半音」と「全音」     

2-1。 「半音」と「全音」

「音程」の練習をしていて、「ドレミファソラシド」はできるけれど、本当にできているのでしょうか。
結構、「惰性」でやっていませんか? 
 



♪ f-1

「ミ-ファ」間は、「半音」です。 しかし、意識して「半音」が歌えているでしょうか。
 



♪ f-2

もし、「意識」して「半音」が歌えているのであれば、「全音」でも歌えるはずです。
どうでしょう。 「全音」で行けば、「ファ#」となるわけですが「歌える」でしょうか。

すなわち、「なんとなく、惰性、慣れ」で音を採っているので、「ファ#」は歌えませんし、結局、それは
いままで「ミ-ファ」間「半音」は、「意識(関心を持つ)」できていなかったことが分かります。

ということで、「ドレミファソラシド」音階としては「歌える」と思っているけれど、実は、「なんとなく、惰性、慣れ」でやっていたわけですので、「音階」以外「メロ」になった場合、対応できないことがあります。

なので、「半音」「全音」を、意識して「区別」できるように、例のように、
「ドレミファ」の音階と、「ドレミファ♯」の音階を弾いて、確認してみましょう。

■ 大切なのは、この自分の「弱点」「気付く」こと。






inserted by FC2 system