音感・練習 Z

【目次】 T U V W X Y Z [ \ ] ]T

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Z-1 jp-71  「音程」感(感覚)@
  第2回 Z-2 jp-72  「音程」感(感覚)A
  第3回 Z-3 jp-73  「音程」感(感覚)B
  第4回 Z-4 jp-74  「音程」感(感覚)C
  第5回 Z-5 jp-75  「音程」感(感覚)D





Z-5
「音程」感(感覚)D









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「型」を覚える。 「ヒント」にする。

■ 曲の「途中」では、いろいろな音程が出るわけですが、「あれ?」という時がよくあります。
「主音」からは「音程」がわかっても、「途中」では分からなくなる場合があります。
そのヒントとして、「知っている曲」のフレーズを「思い出し」参考にするとわかりやすいです。







。 「型」を覚える。 「ヒント」にする。     

2-1。 「型」を覚える。 「ヒント」にする。

「音程」の練習は、「ドレミファソラシド」「順次進行(2度)」である、音階だけではありません。
「飛んだり跳ねたり」「飛躍進行(3度以上)」が多分に出ます。 (2小節め)

同じ「2度」でも、位置により違います。 例えば、
「ド-レ」「ミ-ファ」のように「全音」「半音」もそうですが「感じ方(曲感・イメージ)」が違います

「上昇」「下降」でも「感じ方(曲感・イメージ)」が違います
 



♪ tothu2

このような「途中」でのいろいろな音程変化は、「知っている」曲の一部などを覚え、思い出してヒントにするとわかりやすいです。

「コード」を利用して、「ドミソ(C)」「ドファラ(F/C)」などを参考にして、「3度」。「4度」。「6度」を採るのもいいのですが、これだと「主音」からになります。

「コード」を利用した「ドミソ(C)」「ドファラ(F/C)」なども、一種の「型」ですが、「曲」の途中の場合は対応しづらいです。 ということで、「知っている」曲の一部などを覚え、思い出してヒントにする。

「型」を参考にし利用する。 または、自作で「型」のストックを作っておくとよいでしょう。
それから、「分からリづらい」型があったら、「それ自体をストック」(ネタ)し、今後の参考にしてもよいでしょう。

いうなれば、「型(複合音=フレーズ)」「(音程)ネタ・帳」。 「(音程)ネタ・リスト」。を作り「まとめ」ておいて利用する。 弱点復習しましょう。



勉強。理論を理解するコツと同じかと思いますが、まず、意識(関心を持つ) 
そして、「弱点」「洗い出し」「弱点」「気付く」こと。が、理解の近道です。

まず、「分からない」ところ、「弱点」見つけます。 
そのためには、それを「ノート」などに「一覧」メモ程度でもよいので書いておく
そして、「どうすれば解決」できるか「考える」

仮に、今はすぐ解決しなくても、こうして意識(関心を持つ)しておけば、
いずれ
自分なりの解決法気が付きます






inserted by FC2 system