文学の散歩道 @A

作曲の小話集 2
  
作曲 「入門〜初級(応用)」 (その2)
  
■ A 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その1) 「Wドミナント(セカドミ)」「サブ・ドミナント・マイナー」「sus4」
■ B 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その2)  「転回・コード」
■ C 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その3)  「クリシェ」
■ D 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その4)  「セカドミ」
■ E 「C+」(T+)を含む、コード進行例
■ F 「セカドミ」を含む、コード進行例
■ G 「サブ・ドミナント・マイナー。Fm」を含む、コード進行例
■ H 「dim」を含む、コード進行例
■ I 「ト音(高音部)記号」と「ヘ音(低音部)記号」の音名




   ■ A 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その1) 「Wドミナント(セカドミ)」。「サブ・ドミナント・マイナー」。「sus4」

     ・既存の楽曲の楽譜を見ていると、「ダイアトニック・コード」までわかったけれど、たまに、見たことのない
    「コード」が、ちらつくことも出てくることがあるでしょう。

    「ダイアトニック・コード」が、今回は、「C。Dm7。Em。F。G7。Am。Bm♭5」としますと、
    「D7」や「Fm」。、また、「G7sus4」などが、ちらつき始めます。 これは、どうしてなのでしょうか?


    ◆ 「D7」について考えてみます。 「Wドミナント(セカドミ)」

     ・まず、「ダイアトニック・コード」によるコード進行として、下譜、「Dm7-G7-C」があったとします。
     これは、「通常」の見慣れたコード進行ですね。
          
      「Dm7」のコードトーンは、「レ・ファ・ラ・ド」。(低い音から順に、第1(ルート)。3。5。7音といいます)


    ◆ 次に、では、「D7」を含むコード進行として、このようなものをときどき見かけます。「D7-G7-C」
     「D7」は、どこから来たのでしょうか。 これは、「セカドミ」の一種で、「Wドミナント」と呼ばれるものです。

     D7は、「G7」を「G調のT(1度)」と見なし、その「属7和音」を「前置、代理」したものです。
     そもそも、「セカドミ」がわかりません。(後で説明いたします)

          

     それとは別の見方で見てみましょう。 D7のコードトーンを見てください。
     「ファ♯」があります。 よって、「メジャー・コード」になったわけですね。
     「ファ♯」は、コードトーンの「第3音」です。 ちなみに、
     「D7」のコードトーンは、「レ・ファ♯・ラ・ド」。(低い音から順に、第1(ルート)。3。5。7音といいます)

     この「第3音」が、「Dm7」のときの「第3音」である「ファ」を、「半音高く(♯)」したものです。
     このように、ある「ダイアトニック・コード」のコードトーンの一部を、「半音高く(♯)」したわけです。
     今回は、「第3音」でした。

     そうしますと、「半音進行」のライン(声部)ができます。 実は、これを得る事が「目的」でもあるのです。
     「D7」の「ファ♯」→「G7」の「ソ」。です。 この「半音進行」のラインを作り出す。また、意識することは
     大変、重要です。

     一見すると、ただ、一部が変化しただけですが、「対旋律」である「カウンター・メロディー」を奏する場合
     このラインを奏しますと魅力が一段とアップするわけです。
     「コード」だけ弾いているとわかりませんが、「管弦楽器」などで、別のパートで奏するとよくわかります。


    ◆ また、ちょっと、「応用」しますと、「Dm7」を「分割」して、「前半」は「Dm7」そのまま。 「後半」を「D7」
     とする場合もあります。

     そうしますと、「Dm7」の「ファ」→「D7」の「ファ♯」→「G7」の「ソ」の「半音進行」ラインを作り出せます。
     もう一度、シンプルにいいますと、「ファ」→「ファ♯」→「ソ」の「半音進行」ラインを作り出せます。
          

     このように、「半音進行」ラインを、別途、「管弦楽器」などで奏することにより、「コード弾き」だけの
     楽曲に魅力をアップさせることができます。





    ◆ 「Fm」について考えてみます。 「サブ・ドミナント・マイナー」

     ・次は、「F-G7」の「ダイアトニック・コード」によるコード進行です。

          


    ◆ では、今度は、「Fm-G7」です。 この「Fm」がどこから来たのでしょう。
     結果的には、「同主短調」からの「借用和音」といいますが、これも、別の角度から見てみましょう。

          
     「F(ファ・ラ・ド)」のコードトーンである「第3音」は、「ラ」でした。 そして、この「Fm」の「第3音」は、
     「ラ♭」です。 すなわち、「第3音」を「半音低く(♭)」したわけです。

     そうしますと、「ラ♭」→「ソ」の「半音進行」ラインが作り出せます。
     この「半音進行」ラインの魅力を作ることが目的でもあるわけです。


    ◆ 「応用」として、「F-Fm-G7」というものもあります。
     これも、「F」を分割し、そして「前半」を「F」のまま。また、「後半」を「Fm」とするものです。
     そうしますと、「ラ」→「ラ♭」→「ソ」(G7のルート)の「半音進行」ラインが作り出せます。
          
     ですので、今回は「下降」の「半音進行」ラインが作り出せたわけです。





    ◆ 「G7sus4」について考えてみます。 「sus4」

     ・「G7sus4」は、最も使われるコードではないでしょうか。
     これは、まず、「G7」のコードが前身となります。


          


    ◆ 先の「G7」を、「分割・代理」したものが、下譜です。

          

     この「G7sus4-G7」を見てみますと、「G7sus4」の第4音である「ド」に注目してださい。
     「G7」の「第3音」の「シ」の代わりに、この「第4音(ド)」とすることにより、「不安定」な響きが、「安定」した
     「G7」の響きを求める状況になります。

     このように、「第3音」を「半音」上方に、変位(変化)させたコードが、「ダイアトニック・コード以外」として
     次第にお目見えするようになります。





   ■ B 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その2)  「転回・コード」

     ・続けて、関連コードを、やってみたいと思います。
     今度は、「転回・コード」です。 まずは、「ダイアトニック・コード」によるコード進行です。

     


    ◆ 次に、「転回・コード」を含むコード進行です。
     「転回・コード」とは、「コードトーン」は、元のコードと同じですが、「配置」が違うものです。

     例えば、「Em/B(シ・ミ・ソ)」は、「Em(ミ・ソ・シ)」と同じ「コードトーン」ですが、「配置」が違います。
     要するに、「積み上げ方」が違います。 そうしますと、同じように、「Dm」も「Dm/A」としますと

     「最低音」を見てください。 それぞれの音を繋いでみると、「ド」→「シ」→「ラ」→「ソ」となります。
     このように、「下降」の「カウンター」のラインができます。

     これを、「管弦楽器」で、別のパートとして奏しますと、魅力的な楽曲が生まれてくるのです。

     





   ■ C 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その3)   「クリシェ」

     ・次は、「クリシェ」です。
     まずは、「C」コードがあります。 これを趣きのあるものに変えてみます。

           


    ◆ 「C-CM7-C7-C6」です。 コードトーンは楽譜の通りです。
     これは、「C」を「4分割」し、それぞれ、その「C(ド・ミ・ソ)」の土台の上に、「ド-シ-シ♭-ラ」の「音」を
     付加します。

           

     そうしますと、一番上の音を繋いでみますと、「ド」→「シ」→「シ♭」→「ラ」の、「下降」の「半音音階」
     ラインが生まれます。

     実際に、「管弦楽器」で、「別のパート」として奏しますと、「はっきり」わかります。





   ■ D 「ダイアトニック・コード・以外」のコード。(その4)   「セカドミ」

     ・今度は、「セカドミ」です。
     まずは、「ダイアトニック・コード」によるコード進行です。 「C-Am-Dm-G7」です。

    


    ◆ 次に、「C-A7-Dm-G7」です。 コードトーンは楽譜の通りです。 これは、
     「Am」を「A7」に代理しています。 これは、「Dm」のコードを「Dm調のT(1度)」に見立て、「Dm調」の
     「ドミナント」を前置・代理したものです。

    

    別の角度で見てみますと、「A7」の「ド♯」→「Dm」の「レ」という、「半音」ラインが生まれます。


    ◆ では、ちょっと、応用です。 「Am」のコードを、分割して、「Am・A7」として、代理すると、
     「C-Am・A7-Dm-G7」となります。

    

     これも同じように、「半音」ラインがあります。 「Am」の「ド」→「A7」の「ド♯」→「Dm」の「レ」。


    ◆ いままでのことを、まとめますと、大切なことは、「楽譜」に書いて確認する。ということです。
     「楽譜」に書いて確認することにより、まず、「半音(階)」や「旋律的」なラインにも気が付きますし、意識
     するわけです。

     普通、「コード進行」を演奏するときは、「コード・表記(垂直軸)」を「一塊」として捉えがちです。
     そのため、「横のつながり(水平軸)」である「声部(パート)」としての捉え方をしないものです。

     しかし、その「ライン(声部・パート)」を、せっかく説明してきましたが、これを活かすことがあまりありません。
     「活かす」ためには「演奏の工夫」をして、その「ライン」を「強調」するなりして「水平軸」を「目立たせる」。

     または、一番いいのは、その「ライン」を「別のパート」として「独立」して演奏させることです。
     「管弦楽器」などの、「持続性」の音を出す楽器が、なんといっても「有効」です。

     もう一度いいますが、大切なのは「楽譜」に書いて、「ライン(横軸)」の存在を「確認」するということです。
     単に、「コード・表記(垂直軸)」を「丸ごと捉えて」いては、「無意味」でのすので、これらを「有効」に
     「活かす」ためにも、ぜひ、「コード・表記(垂直軸)」だけでなく、必ず、「楽譜」に書いて「ライン(水平軸)」
     の存在をしっかり「確認」しましょう。





   ■ E 「C+」(T+)を含む、コード進行例。 (元のコード) C-C-Am → (リハモ・再構築) C-「C+」-Am/C

     ・「C+」を含む、コード進行例です。  C-「C+」-Am/C
     「C+」は、Caug(ド・ミ・ソ♯) のことです。

         

     解説してみたいと思います。 「C+」を含む場合の例を考えてみます。
     「C+」は、どのように使われるのでしょうか? 「ダイアトニック・コード以外」があると、不思議ですよね。
     そういう「ダイアトニック・コード以外」が、なぜ、使われているのかを理解しましょう。

     「C+」には、「ソ♯」の音がありますが、これがポイントです。 そうしますと、「G」の「ソ」と「Am」の「ラ」の
     間にあります。 すなわち、「ソ」-「ソ♯」-「ラ」。という、「ライン」(流れ。声部。パート)を作ります。

     この、2つの間に挟まれた音。 「ソ♯」を「経過音」といいます。 
     また、同じように、「C+」は、C-「C+」-Am/C ですので、2つのコードに挟まれています。
     これを、「経過和音」といいます。


    ◆ また、「Am/C」は、「転回・コード」ですね。 そして、
     「バス(最低音)」を、「ド」-「ド」-「ド」と「ド」の音を、重要視しています。 すなわち、ペダルポイントです。

     このように、このコード進行には、いろいろな要素が含まれています。
     「作曲・編曲」を学ばれる方は、このようなことを「意識・理解」しながら、楽譜を見てください。

     「作曲・編曲」を学ぶために、このように、「アナリーゼ(楽曲の分析)」をしながら、「楽譜」を見る習慣を
     つけてください。 そして、一つずつ、「作曲・編曲」の知識を身につけていきましょう。





   ■ F 「セカドミ」を含む、コード進行例。        (元) C-F  → (リハモ) C7/E-F

     ・ 「セカドミ」を含む、コード進行例です。  C7/E-F
     この元になる、「ダイアトニック・コード」進行は、C-F です。

     「C7」は、「F」のセカドミ。 すなわち、
     「F調」の「ドミナント(属和音)」を、「C」の部分に「前置・代理」したわけです。

     また、「C7」は、転回し「C7/E」としています。

         

     その他のポイントは、「シ♭」-「ラ」の、「半音・ライン」で配置。 また、
     「バス(最低音)」は、「ミ」-「ファ」の、「半音・ライン」を配置しています。





   ■ G 「サブ・ドミナント・マイナー。Fm」を含む、コード進行例。 (元) Am-F-G  → (リハモ) Am-Fm/A♭-G

     ・ 「サブ・ドミナント・マイナー。Fm」を含む、コード進行例です。  Am-Fm/A♭-G
     この元になる、「ダイアトニック・コード」進行は、Am-F-G です。

     「Fm/A♭」は、「F」の「サブ・ドミナント・マイナー。Fm」。 すなわち、
     「C調」の「同主短調=Cm調」の、「Fm」から、借用して「代理」したわけです。

     また、「Fm」は、転回し「Fm/A♭」としています。

         

     その他のポイントは、「バス(最低音)」は、「ラ」-「ラ♭」-「ソ」の、「半音・ライン」を配置しています。





   ■ H 「dim」を含む、コード進行例。  (元) F-C  → (リハモ) F-F♯dim-C/G

     ・ 「dim」を含む、コード進行例です。  F-F♯dim-C/G
     この元になる、「ダイアトニック・コード」進行は、F-C です。

     「F♯dim」は、「F」を「分割・代理」して、「 F-F♯dim」としています。
     これは、C/Gの「バス」を重視し、FとGの間を繋ぐ、「経過和音」ともいえますし、

     同じく、C/Gの「バス」を重視し、「G」に対する「セカドミ」である「D7(♭9)」の「根音省略」とも解釈
     できます。 
     「D7(♭9)」の「根音省略」とは、「D7(♭9)」は、「[レ]・ファ♯・ラ・ド・ミ♭」で、その[根音・レ]をオミット
     すると、「ファ♯・ラ・ド・ミ♭」。 すなわち、「F♯dim」となります。

         

     その他のポイントは、「バス(最低音)」を、「ファ」-「ファ♯」-「ソ」の、「半音・ライン」を配置しています。





   ■ I 「ト音(高音部)記号」と「ヘ音(低音部)記号」の音名

     ・「ト音(高音部)記号」(右側)と「ヘ音(低音部)記号」(左側)の音名を記譜しておきます。

    

     ※の「ド」と「ド」は、同じ音です。

     ・「ヘ音(低音部)記号」は、「ピアノ」や「ベース」など、「低い音」の楽器には、必須の記号ですので、
     「初級」程度になりましたら覚えましょう。





inserted by FC2 system