オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-1
20弁(20N)用

【目次】

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 mb-11  「基礎知識」(制約・前提)/[移調] 
  第2回 T-2 mb-12  「音楽理論」 
  第3回 T-3 mb-13  「作曲・編曲」。(または、「既存曲」「編曲」のみ) 
  第4回 T-4 mb-14  「その他」@。「コード判定」(読みとり方)
  第5回 T-5 mb-15  「その他」A。(移調できる場合がある曲)。[F調・G調]
  第6回 T-6 mb-16  「その他」B。(合奏・アンサンブル)
初めての方は、最低限、だけは見てください。

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第7回 T-7 17_304  「アンサンブル」(2重奏)・例

初めての作曲編曲
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  - T-A mb-A  ワンレッスン(1ページ・1回)・オルゴール/オルガニート・作曲編曲講座





T-1
20弁(20N)用・基礎
「基礎知識」(制約・前提)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「基礎知識」

20弁(20N)用のオルゴールの場合です。

構造上からくる「作曲・編曲」をするための、「演奏」が制約されます。 その内容です。







。 「基礎知識」      

2-1。 「前提条件(制約)」

20弁(20N)用のオルゴールの場合です。
構造上、「演奏」が制約(前提条件)されます。 その内容です。

  @。「C調(ハ長調)」。(#・♭不可)
  A。「音域」。(低いド高いラ)
  B。連続した同音」の対応。(8分音符以下は、不可)



■ @。「C調(ハ長調)」(#・♭は不可)

構造上、「C調(ハ長調)」。 「#・♭」はありません。
要するに、「ドレミファソラシド・・・」です。




■ A。「音域」

譜例のように、使用できる音域は、低い「ド」高い「ラ」に限定されます。









■ B。「連続した同音」の対応

通常、構造上の都合で、「連続」した「同音」は、「4分音符」より長くないと使えません。
なので、「8分音符・以下」短い音符では、鳴らない音が生じる。
 (ただし、「テンポがゆっくりな」場合は、例外)


譜例で説明しますと、「1〜2小節め」は、「4分音符」以上なので、OKですが、
「3小節め」「※1」は、「8分音符」のため鳴らない。 「不可」です。

「3小節め」「※2」は、「16分音符」のため鳴らない。 「不可」です。





「不可・×」の音の、具体的な対応は、別の譜例で改めて解説しますが、一般的に次の方法で回避します。

  @。「省略」する。
  A。「変更(代理)」する。 (B。場合によっては、前後の音も修正する。 この例では、の音)





2-2。 「移調」

ここでは、「C調(ハ長調)」(長調)しか扱えません。 
なので、他の「長調」の曲の場合は、「C調(ハ長調)」に直す必要があります。
これを「移調」といいます。



「移調」のやり方として、「半音」で数えて、「移動(移調)」するのが簡単でしょう。

例として、「G調(ト長調)」を、「C調(ハ長調)」にする場合を説明しますと、
「G調」は、「※1」「※2」のところです。

どちらで考えても、同じですので、やりやすい方で結構です。 例えば、

  「※1」の場合でやってみると、「C調」にするには、「7半音・下」です。
  「※2」の場合でやってみると、「C調」にするには、「5半音・上」です。

ということで、「全ての音」を、書き直せばよいわけです。





ちなみに、「作曲」される方は、俗にいう「作曲ソフト(DTM・DAW)」をお持ちかと思いますが、「移調」する機能があるはずですので、それを操作すれば、瞬時に移調が完了しますね。。。 私もそうです。


■ また、「調」についてですが、調の「判定」は、基本的には、「調号」「メロディーの最後の音」で判断します。 例えば、「調号」「#」「一つ」の場合、「長調」「短調」があります。

  「メロの最後の音」が、「ソ」なら「G調(ト長調)」
  「メロの最後の音」が、「ミ」なら「Em調(ホ短調)」。 となります。


ただし、これは、「基本」であり、この方法では、判断ができない場合もありますので注意してください。
「調号」については、こちらを参考にしてください。






inserted by FC2 system