オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-15
20弁(20N)用

【目次】

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第11回 T-11 mb-111  「作曲・編曲」(基礎)・例@ 「3コード」
  第12回 T-12 mb-112  「作曲・編曲」(基礎)・例A 「ダイアトニック・コード」 
  第13回 T-13 mb-113  「作曲・編曲」(基礎)・例B 「ノン・ダイアトニック・コード」1。(セカドミ)
  第14回 T-14 mb-114  「作曲・編曲」(基礎)・例C 「ノン・ダイアトニック・コード」2。(パッシング)
  第15回 T-15 mb-115  「作曲・編曲」(基礎)・例D 「ノン・ダイアトニック・コード」3。(その他)
  第16回 T-16 mb-116  「作曲・編曲」(基礎)・例E 「F調」
  第17回 T-17 mb-117  「作曲・編曲」(基礎)・例F 「G調」
  第18回 T-18 mb-118  「作曲・編曲」(基礎)・例G 「Am調」
  第19回 T-19 mb-119  「作曲・編曲」(基礎)・例H 「伴奏」1
  第20回 T-20 mb-120  「作曲・編曲」(基礎)・例I 「伴奏」2。(錯聴)
  第21回 T-21 mb-121  「作曲・編曲」(基礎)・例J 「まとめ」(オルゴールらしくするには)





T-15
20弁(20N)用・基礎
「作曲・編曲」(基礎)・例D 「ノン・ダイアトニック・コード」3。(その他)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「作曲・編曲」(基礎)・例

20弁(20N)用のオルゴールの場合です。
「作曲・編曲」(基礎)・例についてです。

「ノン・ダイアトニック・コード」「その他」です。







。 「ノン・ダイアトニック・コード」(その他)    

2-1。 「その他」

「ノン・ダイアトニック・コード」にもいろいろあり、説明してまいりましたが、まとめて「その他」です。

「ノン・ダイアトニック・コード」に関して、キリがありませんので、「ポイント・コツ」だけあげますので、詳細各自、講座などを参考に対応ください

ということで、「既存曲」を編曲される場合は、「C調」の曲(移調したにも)にもかかわらず、「C調」ダイアトニック以外のコードがある場合が多々あります。 その主なもで、いままで説明しなかったものを挙げてみたいと思います。

  @。「ドミナント7」の代理。
  A。「セカ・ドミ」の代理。
  B。「サブ・ドミナント」の代理。
  C。「トニック」の代理。
  D。「テンション(5和音)」コード

■ 以上も、「代理」したものを、「還元」することを考えます。

詳細は、「音楽理論」の関係講座など学習してみてください。「コード理論」(T2・T3・T5)
「テンション」コードは、単に、「テンション」省略すればよいときもありますが、「セカドミ」「Dim」に由来する場合もありますので、その点を注意して「還元」を模索してください。

以上、この関係はキリがなく、難易度が高いので、概念のみとさせていただきます。






inserted by FC2 system