オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-5
20弁(20N)用

【目次】

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 mb-11  「基礎知識」(制約・前提)/[移調] 
  第2回 T-2 mb-12  「音楽理論」 
  第3回 T-3 mb-13  「作曲・編曲」。(または、「既存曲」「編曲」のみ) 
  第4回 T-4 mb-14  「その他」@。「コード判定」(読みとり方)
  第5回 T-5 mb-15  「その他」A。(移調できる場合がある曲)。[F調・G調]
  第6回 T-6 mb-16  「その他」B。(合奏・アンサンブル)
初めての方は、最低限、だけは見てください。

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第7回 T-7 17_304  「アンサンブル」(2重奏)・例

初めての作曲編曲
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  - T-A mb-A  ワンレッスン(1ページ・1回)・オルゴール/オルガニート・作曲編曲講座





T-5
20弁(20N)用・基礎
「その他」A。(移調できる場合がある曲)。[F調・G調]









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「その他」A

20弁(20N)用のオルゴールの場合です。

「その他」A。(移調できる場合がある曲)。[F調・G調]です。







。 「他の調」(移調)      

2-1。 「C調」の原曲

20弁(20N)用のオルゴールは、「C調」用ですが、例外的に、「他の調」(F(へ長)調。G(ト長)調)でも演奏が可能ということでなのでやってみました。 

先にやった曲を調べたところ、この曲は、「G(ト長)調」にできそうなのでやってみました。
まずは、「C調」の楽譜です。





♪13.1







2-2。 「G調」の移調・例

先の「C調」の曲を、「G調」に、「7半音・上」「移調」しました。
参考に、「同時和音」を併記しておきました。 そうしますと、

「メロ」のライン(一番上)には、「#・♭」はありませんでしたので、演奏・可能です。 ただし、
「伴奏」「青丸」に、「ファ#」が出来てしまいましたので、この音を「省略」するなり、「変更」すればOKです。 「省略」「変更」については、「C調」のときと概念は同じやり方で結構ですので「割愛」いたします。


ということで、

  「メロ」に、「ファ#」が出来なければ、「G調」で演奏できます
  「伴奏」に、「ファ#」が出来た場合は、「修正(省略・変更)」すればよい

参考までに、「コード」を併記したように、「赤丸」のように、伴奏部「ファ#」が存在しますので、実際に伴奏を書く場合は、「ファ#」回避して書くようにしてください。




♪17.1


ちなみに、「G調」に「移調」し、「全体的」に高くなるすると、曲感は、可愛らしくなります。
また、「G調」「アンサンブル(合奏)」も、可能となります。

曲には、それぞれ、曲や楽器に「合う」調があるので、「C調」では、ちょっと「低すぎる」感じがする場合は、ありがたいですね。


「F調」の例は、概念は同じですので、「割愛」いたします。





2-3。 「移調」できるケースのまとめ

「C調」(原曲)から、「F調」または「G調」に、「移調」できる「コード」と「音階」のまとめです。



「C調」(原曲)の「コード」と「音階」

 「C調」「メロ」に使用する「音階」において、「ファ(第4音)」または「シ(第7音)」の音が「ない」場合、
「F調」または「G調」「移調」することができる。
 






「F調」(移調先)の「コード」と「音階」

 
「C調」「メロ」に使用する「音階」において、「ファ(第4音)」の音が「ない」場合、
「F調」に「移調」することができます。 (「F調」「シ♭(第4音)」相当するため)
 

または




「G調」(移調先)の「コード」と「音階」

 
「C調」「メロ」に使用する「音階」において、「シ(第7音)」の音が「ない」場合、
「G調」に「移調」することができます。 (「G調」「ファ#(第7音)」相当するため)




まとめ

「C調」「メロ」に使用する「音階」において、「ファ(第4音)」の音が「ない」場合、
「F調」に「移調」することができます。 (「F調」「シ♭(第4音)」相当)

「C調」「メロ」に使用する「音階」において、「シ(第7音)」の音が「ない」場合、
「G調」に「移調」することができます。 (「G調」「ファ#(第7音)」相当)


ちょっと、わかりづらいですが、実際にやってみると、理解が早いです。 






inserted by FC2 system