オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 V-1
33弁(33N)用

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 mb-21  「基礎知識」(制約・前提)/「音楽理論」
  第2回 V-2 mb-22  「作曲・編曲」(応用)・前書き
  第3回 V-3 mb-23  「作曲・編曲」(応用)・例@
  第4回 V-4 mb-24  「作曲・編曲」(応用)・例A
  第5回 V-5 mb-25  「作曲・編曲」(応用)・例B
  第6回 V-6 mb-26  「作曲・編曲」(応用)・例C
  第7回 V-7 mb-27  「作曲・編曲」(応用)・例D
  第8回 V-8 mb-28  「作曲・編曲」(応用)・例E
  第9回 V-9 mb-29  「作曲・編曲」(応用)・例F
  第10回 V-10 mb-30  「作曲・編曲」(応用)・例G
  第11回 V-11 mb-31  「作曲・編曲」(応用)・例H
  第12回 V-12 mb-32  「作曲・編曲」(応用)・例I
  第13回 V-13 mb-33  「作曲・編曲」(応用)・例J 「転調」と「音域」の変更





V-1
33弁(33N)用
「基礎知識」(制約・前提)/「音楽理論」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「基礎知識」(制約・前提)/「音楽理論」

33弁(33N)用のオルゴールの場合です。

「基礎知識」(制約・前提)/「音楽理論」についてです。







。 「基礎知識」      

2-1。 「基礎知識」(制約・前提)

33弁(33N)用のオルゴールの場合です。
構造上、「演奏」が制約(前提条件)されます。 その内容です。

  @。音域(#・♭あり)。 (ただし、 低い・ド#(レ♭)は、し)
  A。連続した同音」の対応。 (4分音符以上8分音符以下不可(要・修正))

「調性」に関しては、上記により一部制約を受けますが、
それ以外は、「オールマイティー(全ての調性・可)」です。




■ @の「音域」について。

譜例のように、使用できる音域は、低い「ド」高い「ラ」。 「半音階(♯・♭)あり」です。

ただし、「※」「ド♯(レ♭)」は、「ない」ので注意。 (全33音)
 (※「以外」「ド♯(レ♭)」は、「あり」)








■ Aの「連続した同音」について。

原則、「連続した同音」において、「4分音符・以上」長い音(間隔)は、演奏できますが、
「8分音符・以下」短い音(間隔)は、演奏できません

詳細については、各・例で、説明いたします。





2-2。 「音楽理論」

「調性」も、「オールマイティー(全ての調性・可)」ですので、「音域」等に注意すれば、
一般の「作曲・編曲・音楽理論」と同じなので、別講座を参考にしてください。

(「超入門」「入門」「初級」「その他」など)






inserted by FC2 system