オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 V-2
33弁(33N)用

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 mb-21  「基礎知識」(制約・前提)/「音楽理論」
  第2回 V-2 mb-22  「作曲・編曲」(応用)・前書き
  第3回 V-3 mb-23  「作曲・編曲」(応用)・例@
  第4回 V-4 mb-24  「作曲・編曲」(応用)・例A
  第5回 V-5 mb-25  「作曲・編曲」(応用)・例B
  第6回 V-6 mb-26  「作曲・編曲」(応用)・例C
  第7回 V-7 mb-27  「作曲・編曲」(応用)・例D
  第8回 V-8 mb-28  「作曲・編曲」(応用)・例E
  第9回 V-9 mb-29  「作曲・編曲」(応用)・例F
  第10回 V-10 mb-30  「作曲・編曲」(応用)・例G
  第11回 V-11 mb-31  「作曲・編曲」(応用)・例H
  第12回 V-12 mb-32  「作曲・編曲」(応用)・例I
  第13回 V-13 mb-33  「作曲・編曲」(応用)・例J 「転調」と「音域」の変更





V-2
33弁(33N)用
「作曲・編曲」(応用)・前書き









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「作曲・編曲」(応用)・前書き

33弁(33N)用のオルゴールの場合です。

「作曲・編曲」(応用)・前書きについてです。







。 「作曲・編曲」(応用)・前書き      

2-1。 「作曲・編曲」(応用)・前書き

33弁(33N)用のオルゴールの場合です。
「作曲・編曲」(応用)・前書きです。

「基本」「T」関係でやりましたので、これより「応用」編です。
33弁(33N)用を使い、「作曲・編曲」について「応用」レベルをやってみたいと思います。

ということで、やや「難易度」「高い」内容もありますのでよろしくです。





2-2。 「作曲・編曲」の手順

■ 「作曲・編曲」の「手順」アウトラインを記しておきます。
大別しますと、【A】⇒【B】手順で行います。


  【A】「ピアノ(ソロ)用」に、「作曲(編曲)」する。
         ↓
  【B】「オルゴール用」に、「編曲」する。


というように、「2段階」で行います。
なぜかといいますと、「直接」オルゴール用に編曲するのは、相当の熟練が必要なので、面倒でしょうが、「2段階」で確実に行うためです。


また、この段階での「作曲・編曲・音楽理論」については、ここでは説明しきれませんので、必要な方は別講座も参考にしてください。

(「超入門」「入門」「初級」「その他」など)






inserted by FC2 system