オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-A
20弁(20N)用

【目次】

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 mb-11  「基礎知識」(制約・前提)/[移調] 
  第2回 T-2 mb-12  「音楽理論」 
  第3回 T-3 mb-13  「作曲・編曲」。(または、「既存曲」「編曲」のみ) 
  第4回 T-4 mb-14  「その他」@。「コード判定」(読みとり方)
  第5回 T-5 mb-15  「その他」A。(移調できる場合がある曲)。[F調・G調]
  第6回 T-6 mb-16  「その他」B。(合奏・アンサンブル)
初めての方は、最低限、だけは見てください。

講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第7回 T-7 17_304  「アンサンブル」(2重奏)・例

初めての作曲編曲
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  - T-A mb-A  ワンレッスン(1ページ・1回)・オルゴール/オルガニート・作曲編曲講座





T-A
20弁(20N)用・基礎
ワンレッスン(1ページ・1回)・オルゴール/オルガニート・作曲編曲講座









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 ワンレッスン・オルゴール/オルガニート・作曲編曲講座

20弁(20N)用のオルゴールの場合です。

ワンレッスン(1回)・オルゴール/オルガニート・作曲編曲講座です。
サイトで、「1ページ(1回)」に納めた内容です。 「初めての方」用の「作曲・編曲」講座です。

「コード先」「メロ先」2種類の方法があります。







。 「コード先・作曲」(コードメロ)の順     

2-1。 「コード進行」を用意する


「C調(ハ長調)」「コード進行」を用意します。

今回は、初めてということで、「4小節」の曲を書く方法です。
「コード進行」は、「C-F-G-C」を使います。 他のコード進行もいろいろあります。

「コード」とは、「和音」のことです。 「C」「ド・ミ・ソ」「F」「ファ・ラ・ド」 「G」「ソ・シ・レ」




♪mb-A1


■ まずは、これで「勘・コツ」を掴んでください。






2-2。 「メロディー」を書く


■ 次に、上記の「コード進行」で、「メロディー」を書きます。 「コツ・ポイント」は、

  @。「75」リズム。 各「小節」でいうと、「4+3」+「4+1」の音のリズムメロを書く。
  A。「出だしの音」は、「ド・ミ・ソ」どれかから書くと、書きやすい。
  B。「最後の音」は、「ド」にする。
  C。「最後の音の手前の音」は、「シ・レ」どちらかにすると、終わりやすい。
  D。「小節内」「コードの音」に使う。




♪mb-A2


■ 例では

@は、その通りになっています。  Aは、「ソ」で、書き出しています。
Bは、「ド」で、終わっています。  Cは、「シ」でした。
Dは、「1小節め」は、「C」(ド・ミ・ソ)のコードですので、「ド・ミ・ソ」の音を使ってみます。
例では、「ソ」「ド」が使われています。 「主」ですので、「その他の音」も使っていいです。

以上のような感じで、「4小節」を書いてみてください。



「備考」(参考・関連ページ) 詳しい内容等は、下記リンク先を参考にしてください。

「超入門」>「コード先・作曲」編
「入門」>「コード先・作曲」(N600) 







。 「メロ先・作曲」(メロコード)の順      

3-1。 「メロディー」を書く


■ 前記の「コード先・作曲」に慣れましたら、次は、「メロ先・作曲」にもチャレンジしてみましょう。

■ まず、「C調(ハ長調)」「メロディー」を書きます。 「コツ・ポイント」は、

  @。「75」のリズム。 各「小節」でいうと、「4+3」+「4+1」の音のリズムでメロを書く。
  A。「出だしの音」は、「ド・ミ・ソ」どれかから書くと、書きやすい。
  B。「最後の音」は、「ド」にする。
  C。「最後の音の手前の音」は、「シ・レ」どちらかにすると、終わりやすい。
  D。「小節内」「コードの音」に使う。

これは、前記の「2-2」の場合と同じです。




♪mb-A3


「伴奏のコード」がなく、「メロディー」だけを書くのは、簡単のようで難しいかもしれません。
「感覚」的な慣れも必要ですので、試行錯誤して、何度もやっているうちに、「コツ」が掴めてくると思います。






3-2。 「コード」の伴奏を付ける


「コード」の付け方は、ちょっと難しいです。 今回は、「C」「F」「G」3種類だけで付けます。
簡単に説明しますと、各「小節」内「メロ」の音が多い「コード」を付けます。 例では、

  「1小節め」は、「メロ」「ソ」「ド」があるので、「C」にしました。
  「2小節め」は、「メロ」「ラ」「ド」があるので、「F」にしました。
  「3小節め」は、「メロ」「シ」「レ」があるので、「G」にしました。
  「4小節め」は、「メロ」「ド」があるので、「C」にしました。




♪mb-A2


「ヒント」としまして、曲の「初め」「C」。 曲の「最後」「C」。 「その前」「G」
ということも、一つの「参考」になります。 
実際には、「いろいろな要因」で判断し難しいわけですが、慣れるまでは、上記程度の判断で結構です。



「備考」(参考・関連ページ) 詳しい内容等は、下記リンク先を参考にしてください。

「超入門」>「メロ先・作曲」編
「入門」







。 「備考・まとめ」      

4-1。 「オルゴール(オルガニート)」の「制約」

「オルゴール(オルガニート)」の場合、「構造上」「制約」があります。 20弁(20N)用

  @。「C調(ハ長調)」。(#・♭不可)。 
  A。「音域。(低いド高いラ)
  B。連続した同音」の対応。(8分音符以下は、不可)



@。Aについて





Bについて

 


「備考」(参考・関連ページ) 詳しい内容等は、下記リンク先を参考にしてください。

「オルゴール作曲編曲」(T-1)





4-2。 「作曲」の仕方。 (コード先。メロ先)

「作曲」の仕方は、「2種類」ありました。 「コード先・作曲」「メロ先・作曲」

これは、どちらのやり方でもよく、自分のやりやすい方でやってください。
ちなみに、私は「メロ先・作曲」です。

また、「作曲」の「勘・コツ」を掴むためには、「コード先・作曲」のほうが掴みやすいかもしれません。





4-3。 「伴奏(コード)」のバリエーション。 (アルペジオ)


「コード」伴奏は、いままでの「同時和音」の他、「アルペジオ(分散和音)」もあります。
「同時和音」に慣れましたら、チャレンジしてみましょう。 
「アルペジオ(分散和音)」にも、いろいろなものがあります。 下譜は、一例です。

最初は、適当に、「コード」の音「分散」すればOKです。




♪mb-A4






4-4。 「移調」

■ 今回は、直接、必要ありませんが、「C調(ハ長調)」の曲以外の場合、「C調(ハ長調)」書き換える必要があります。 これを「移調」といいます。 参考までに記しておきます。


「備考」(参考・関連ページ) 詳しい内容等は、下記リンク先を参考にしてください。

「オルゴール作曲編曲」(T-1)






inserted by FC2 system