オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-B1
15弁(15N)用・(メロ先作曲)

【目次】

15弁(15N)用・(メロ先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-B1 mb-B01  「作曲・編曲」(入門)・例@
  第2回 T-B2 mb-B02  「作曲・編曲」(入門)・例A
  第3回 T-B3 mb-B03  「作曲・編曲」(入門)・例B
  第4回 T-B4 mb-B04  「作曲・編曲」(入門)・例C

★ 作曲できない方は、こちらからがおすすめ・・・
15弁(15N)用・(コード先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-C1 mb-C01  「作曲・編曲」(入門)・例@ 作曲できない方用
  第2回 T-C2 mb-C02  「作曲・編曲」(入門)・例A 作曲できない方用
  第3回 T-C3 mb-C03  「作曲・編曲」(入門)・例B 作曲できない方用





T-B1
15弁(15N)用・基礎
「作曲・編曲」(入門)・例@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 15弁(15N)用。「作曲・編曲」(入門)・例

15弁(15N)用のオルゴールの場合です。
「作曲・編曲」(入門)・例についてです。

「15弁」(2オクターブ)「入門」レベルの内容で、作曲・編曲について書いてみます。
そうなりますと、機能的に大きく制約を受けますし、また、入門者ということで、カードの作業量的にも少なくしたほうがよいかと思いますので、かなり「シンプル」作曲・編曲といたします。



「作曲・編曲」自体概念はあるということで、お話しします。

「作曲・編曲」自体が分からない方は、「T」関係。 および、
作曲講座「超入門」「入門」をご覧ください。







。 「15弁(15N)」用。 制約     

2-1。 「前提条件(制約)」

15弁(15N)用のオルゴールの場合です。
構造上、「演奏」が制約(前提条件)されます。 その内容です。

  @。「C調(ハ長調)」。(#・♭不可)
  A。「音域」(「ド」「ド」「ド」「2オクターブ」)
  B。連続した同音」の対応。(8分音符以下は、不可)



■ @。「C調(ハ長調)」(#・♭は不可)

構造上、「C調(ハ長調)」。 「#・♭」はありません。
要するに、「ドレミファソラシド・・・」です。




■ A。「音域」

譜例のように、使用できる音域は、「ド」「ド」「ド」「2オクターブ」です。









その他制約は、「20弁(20N)」と同じのため、省略。 「T-1」参照







。 「15弁(15N)」用。 作曲・編曲     

3-1。 「作曲・編曲」 (例1)

「作曲・編曲」自体概念はあるということで、お話しします。

「作曲・編曲」自体が分からない方は、「T」関係。 および、
作曲講座「超入門」「入門」をご覧ください。

「メロディー」を、まず、書きます。

「コード」は、3コードの、C(ド・ミ・ソ)F(ファ・ラ・ド)G7(ソ・シ・レ・ファ)で、伴奏しています。
各小節では、「コード」の音多用して、伴奏を書きます。

「伴奏」は、「4分音符」中心で「アルペジオ(分散和音)」です。
シンプルで、ゆったりした感じの曲になります。 あどけない感じですね。





メロディーのみ
♪B01.0






メロディー + 伴奏
♪B01.2


「7小節め」は少し、変化を加えました。
他のところの伴奏のアルペジオ違う進み方ですが、いろいろ試してみましょう。

また、同じ小節で、「G7」のところは、「同時和音」です。 
曲の「最後の付近」では、「同時和音」を使うことが多いです。
それから、速い「アルペジオ風」に奏すると、オルゴール曲らしくなりますね。





3-2。 「作曲・編曲」 (例2)

■ 先の楽譜で、伴奏のアルペジオ「8分音符」系にしてみました。
こうすると、「リズムアップ」しますので、より明るい感じになります。 可愛らしくなります。

「4小節め」のところは、アルペジオ変化させてみました。
「4小節め」は、「メロ」「白玉(全音符など)」系の長い音符が多いですが、そうしますと、メロ間延びしているだけでリズムはありませんから、空虚な感じがします。

ということで、ちょっと、伴奏を工夫して味付け(変化)することが多いです。




♪B01.3

「7小節め」以降は、先と同じです。 
曲の「終わり付近」は、「アルペジオ」から切り替えて、「同時和音」にすると終わる感じを演出します。






inserted by FC2 system