オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-B2
15弁(15N)用・(メロ先作曲)

【目次】

15弁(15N)用・(メロ先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-B1 mb-B01  「作曲・編曲」(入門)・例@
  第2回 T-B2 mb-B02  「作曲・編曲」(入門)・例A
  第3回 T-B3 mb-B03  「作曲・編曲」(入門)・例B
  第4回 T-B4 mb-B04  「作曲・編曲」(入門)・例C

★ 作曲できない方は、こちらからがおすすめ・・・
15弁(15N)用・(コード先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-C1 mb-C01  「作曲・編曲」(入門)・例@ 作曲できない方用
  第2回 T-C2 mb-C02  「作曲・編曲」(入門)・例A 作曲できない方用
  第3回 T-C3 mb-C03  「作曲・編曲」(入門)・例B 作曲できない方用





T-B2
15弁(15N)用・基礎
「作曲・編曲」(入門)・例A









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 15弁(15N)用。「作曲・編曲」(入門)・例

15弁(15N)用のオルゴールの場合です。 ■ 別の例です。

「作曲・編曲」自体概念はあるということで、お話しします。

「作曲・編曲」自体が分からない方は、「T」関係。 および、
作曲講座「超入門」「入門」をご覧ください。







。 「15弁(15N)」用。 作曲・編曲     

2-1。 「作曲・編曲」 (例1)

別の例です。

「メロディー」を、まず、書きます。

「コード」は、3コードの、C(ド・ミ・ソ)F(ファ・ラ・ド)G7(ソ・シ・レ・ファ)で、伴奏しています。
各小節では、「コード」の音多用して、伴奏を書きます。

「伴奏」は、「8分音符」中心の定型(パターン)。 山型「アルペジオ(分散和音)」です。
明るく、可愛らしい感じの曲になります。 もちろん、他のパターンでも結構です。





メロディーのみ
♪B02.0






メロディー + 伴奏
♪B02.1






2-2。 「作曲・編曲」 (例2)  [音域の調整]

■ 先と同じ曲ですが、「音域」「上限」が空いていましたので、
「メロ」「1〜4小節め」まで、「オクターブ上」にしました。

先の曲では、「メロ」「伴奏」「近い」でしたが、同じ音色なので、できるだけ「離した」ほうが「メロ」分かりやすくなると思います。 ということで、「前半」だけ「上限の音域」いっぱいまで移動させました。

できれば、ある程度「まとまった範囲」で、「オクターブ移動」したほうが、違和感がないと思います。
今回も、「1〜4小節め」「半楽節(4小節)」です。

「オクターブ移動」は、「2小節」単位でもいいと思います。
その場合は、キリのいい、「1〜2小節め」「3〜4小節め」「5〜6小節め」「7〜8小節め」
といった小節で、区切るとよいでしょう。 要するに、「2〜3小節め」などは、違和感強い


ということで、「例1」「例2」は、「好み」です。 また、「制約」厳しい15弁ですので、良くも悪くも「妥協」しないと編曲できませんので、そういう意味で、参考になるかと思います。




♪B02.2

■ また、「6小節め」F伴奏ですが、これも、「メロ」「伴奏」距離を取るため、転回して「少し下げました」。 「転回」して、できるだけ「下限」音域にし、「伴奏」との距離を取り、「メロ」映えるようにするとよいでしょう。




 「音域」の調整。 まとめ

「音域」の調整についてのまとめです。

  【上限】においては、「メロディー」「オクターブ上下」移動してみる。
    (できれば、キリのいい、「2小節・単位」「4小節・単位」が、無難)

  【下限】においては、「伴奏(コード部)」「転回」して、「一部、オクターブ上下」移動してみる。
    (ちなみに、「転回」とは、「コード」の音積み上げ方を、変えることです)




「C」転回・例

上の例は、「C」コードの例です。 (「F」「G」の説明は、同じことですので省略します)
「基本形」は、「ド・ミ・ソ」ですが、「転回」すると、「転回形1。2」などのように、積み上げ方が変わります。
どれを選択するかは、自由ですので、「音域」に合わせて、選択してみてください。






inserted by FC2 system