オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-C1
15弁(15N)用・(コード先作曲)

【目次】

15弁(15N)用・(メロ先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-B1 mb-B01  「作曲・編曲」(入門)・例@
  第2回 T-B2 mb-B02  「作曲・編曲」(入門)・例A
  第3回 T-B3 mb-B03  「作曲・編曲」(入門)・例B
  第4回 T-B4 mb-B04  「作曲・編曲」(入門)・例C

★ 作曲できない方は、こちらからがおすすめ・・・
15弁(15N)用・(コード先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-C1 mb-C01  「作曲・編曲」(入門)・例@ 作曲できない方用
  第2回 T-C2 mb-C02  「作曲・編曲」(入門)・例A 作曲できない方用
  第3回 T-C3 mb-C03  「作曲・編曲」(入門)・例B 作曲できない方用





T-C1
15弁(15N)用・基礎
「作曲・編曲」(入門)・例@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 15弁(15N)用。「作曲・編曲」(入門)・例。 「コード先」

作曲できない方を対象にしています。
よりまして、「コード先・作曲」で、「作曲」「勘・コツ」を掴めたら、なお、よいかと思います。

15弁(15N)用のオルゴールの場合です。  「作曲・編曲」(入門)・例についてです。



「作曲・編曲」自体が分からない方は、「T」関係。 および、
作曲講座「超入門」「入門」をご覧ください。







。 「15弁(15N)」用。 制約     

2-1。 「前提条件(制約)」

15弁(15N)用のオルゴールの場合です。
構造上、「演奏」が制約(前提条件)されます。 その内容です。

  @。「C調(ハ長調)」。(#・♭不可)
  A。「音域」(「ド」「ド」「ド」「2オクターブ」)
  B。連続した同音」の対応。(8分音符以下は、不可)



■ @。「C調(ハ長調)」(#・♭は不可)

構造上、「C調(ハ長調)」。 「#・♭」はありません。
要するに、「ドレミファソラシド・・・」です。




■ A。「音域」

譜例のように、使用できる音域は、「ド」「ド」「ド」「2オクターブ」です。









その他制約は、「20弁(20N)」と同じのため、省略。 「T-1」参照







。 「15弁(15N)」用。 「コード先・作曲」     

3-1。 「コード進行」を用意する

「コード先・作曲」とは、「コード進行」を用意して、それに対し、「メロ」を書くやり方です。
「メロディー」に書くやり方ができない方は、この方法で、「作曲」「勘・コツ」も掴めるように意識しましょう。


■ まず、「コード進行」を用意します。 例えば、「C-F-G-C」とします。



♪mb-C1.1

 音色は、響きのよい「ハープ」にしてあります。 (以下、同様)





3-2。 「メロディー」を書く

■ 次に、「メロ」を書きます。
「各小節」(縦の区切り)で、「コード」の音を使って、適当に書きます。

「コード」の音は、楽譜にもあるように、こうです。

  「C」コードは、「ド・ミ・ソ」
  「F」コードは、「ファ・ラ・ド」
  「G」コードは、「ソ・シ・レ」

「小節」で、それぞれの「コード」がありますから、こんな感じに、適当に書きます。 要するに、
「1小節め」は、「C」コードですので、「ド・ミ・ソ」のどれかを使い、「ソ」「ド」を使ったわけです。



♪mb-C1.2

「メロ」は「ジクザク」風ですね。。。





3-3。 「メロ」を書く「ポイント」

上譜を書く場合の「ポイント」がありますので、意識してください。

「最後」の音は、「1つ」。 「ド」
「最後の手前」の音は、「シ」「レ」

「リズム」でいいますと、「タタタタ(4個)」「タタタタ(4個)」「タタタタ(4個)」「ターーー(1個)」



♪mb-C1.2

例でも、「最後」の音は、「1つ」「ド」ですし、「最後の手前」の音は、「レ」ですね。

これは、「決まり」ではありませんが、このようにする場合がほとんどです。
なので、当面、慣れるまで「決まり」としてやってみてください。





3-4。 15弁(15N)用。「仕上げ」のため、「合成」する

「メロ」「コード伴奏」が分かれていますので、「合成」します。

今回は、シンプルに、「コード」の音を、適当に付けてみました。
「伴奏」には、いろいろな付け方があるのですが、まずは、「コード」の中の「低い音」順番に入れてみましょう。



♪mb-C1.3

伴奏(コード)について、

「1小節め」は、「C」なので、低い音からに、「ド」「ソ」を付けました。
「2小節め」は、「F」なので、低い音からに、「ファ」だけですので、そのままです。
「3小節め」は、「G」なので、低い音からに、「ソ」を付けました。
「4小節め」は、「C」なので、低い音からに、「ド」「ミ」「ソ」を付けました。

まずは、この程度から覚えましょう。




まとめ

■ どうでしょうか・・・?  これなら、誰でもできますね。。。

ちなみに、「コード進行」用意(書く)するのは、「作曲」の本にありますので、それを利用するのもいいですし、「既存の曲」の「コード進行」を利用してもいいです。

では、別の例をやりますので、次へどうぞ。






inserted by FC2 system