オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 T-C2
15弁(15N)用・(コード先作曲)

【目次】

15弁(15N)用・(メロ先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-B1 mb-B01  「作曲・編曲」(入門)・例@
  第2回 T-B2 mb-B02  「作曲・編曲」(入門)・例A
  第3回 T-B3 mb-B03  「作曲・編曲」(入門)・例B
  第4回 T-B4 mb-B04  「作曲・編曲」(入門)・例C

★ 作曲できない方は、こちらからがおすすめ・・・
15弁(15N)用・(コード先作曲)
講座

T

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-C1 mb-C01  「作曲・編曲」(入門)・例@ 作曲できない方用
  第2回 T-C2 mb-C02  「作曲・編曲」(入門)・例A 作曲できない方用
  第3回 T-C3 mb-C03  「作曲・編曲」(入門)・例B 作曲できない方用





T-C2
15弁(15N)用・基礎
「作曲・編曲」(入門)・例A









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 15弁(15N)用。「作曲・編曲」(入門)・例。 「コード先」

作曲できない方を対象にしています。 別の例です。

15弁(15N)用のオルゴールの場合です。  「作曲・編曲」(入門)・例についてです。







。 「15弁(15N)」用。 「コード先・作曲」     

2-1。 「コード進行」を用意する

■ まず、「コード進行」を用意します。 例えば、「C-F-G-C」とします。 前回同じです。



♪mb-C2.1

 音色は、響きのよい「ハープ」にしてあります。 (以下、同様)





2-2。 「メロディー」を書く

■ 次に、「メロ」を書きます。
各小節で、「コード」の音を使って、適当に書きます。

■ 前回は、「メロ」「ジクザク」風に書きましたので、今回は、「山型」風に書いてみました。
ただ、「3小節め」「シ」の音は、「下限」を超えていますので、オルゴールでは音が出せません

なので、「シ」の音を、「レ」に修正するか、 【修正・例@
または、「オクターブ高く」してもよいでしょう。 【修正・例A】 



♪mb-C2.2


 ↓


修正・例@
「シ」を「レ」に変更

♪mb-C2.21




修正・例A
「3〜4小節め」を「オクターブ高く」した変更


♪mb-C2.22





2-3。 「メロ」を書く「ポイント」

■ 前回の「T-C1」との違いですが、

■ 今回は、「2小節め」が、「3つ」です。 「タタター(3個)」リズムですね。 前回は、「タタタタ(4個)」でした。


修正・例@
「タタター(3個)」リズム


♪mb-C2.21





2-4。 15弁(15N)用。「仕上げ」のため、「合成」する

「メロ」「コード伴奏」が分かれていますので、「合成」します。

今回は、シンプルに、「コード」の音を、適当に付けてみました。
「伴奏」には、いろいろな付け方があるのですが、まずは、「コード」の中の「低い音」順番に入れてみましょう。



♪mb-C2.23

伴奏(コード)について、

「1小節め」は、「C」なので、低い音からに、「ド」を付けました。
「2小節め」は、「F」なので、低い音からに、「ファ」だけですので、そのままです。
「3小節め」は、「G」なので、低い音からに、「ソ」「シ」を付けました。
「4小節め」は、「C」なので、低い音からに、「ド」「ミ」「ソ」を付けました。

まずは、この程度から覚えましょう。






inserted by FC2 system