オルゴール用・作曲・編曲・音楽理論 V-D5


【目次】

「オルゴール・2台」の合奏
講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第4回 U-D4 mb-D04  「オルゴール・2重奏」・例@
  第5回 U-D5 mb-D05  「オルゴール・2重奏」・「3コーラス(3番)」まで奏する場合
  第6回 U-D6 mb-D06  「オルゴール・2重奏」・例A  33弁(33N)用
無い回は、欠番





V-D5
「オルゴール・2重奏」・「3コーラス(3番)」まで奏する場合









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「オルゴール・2重奏」・「3コーラス(3番)」まで奏する場合

「オルゴール・2重奏」・「3コーラス(3番)」まで奏する場合について







。 「3コーラス(3番)」まで奏する・例   

2-1。 「まえがき」

■ 例えば、「3番」までの曲を奏する場合ですが、「1番*3回」では「つまりません」から、その打開策として、なんらかの工夫をしなければなりません。

ということで、今回は、「前回」で書いた例を、「組合せ」による方法を記してみます。
まずは、「前回」の譜例を、再度、表示しておきます。




(譜例@)
「メロ」。「コード」伴奏

♪2sei-c-34.010




(譜例A)
「主旋律」。「対旋律」

♪2sei-c-34.01a




(譜例B)
「主旋律」。「対旋律」。「コード」伴奏

♪2sei-c-34.01b





(譜例C)
「主旋律」。「対旋律」。「コード」伴奏の分割

♪2sei-c-34.01c

ここでは、理論説明とし、「2台」を区別しやすくするため、
「音色」は、1台め「ハープ(パン・右)」2台め「ビブラフォン(パン・左)」です。




(譜例D)
「主旋律」と「コード」伴奏。 「対旋律」

♪2sei-c-34.01d

ここでは、理論説明とし、「2台」を区別しやすくするため、
「音色」は、1台め「ハープ(パン・右)」2台め「ビブラフォン(パン・左)」です。







2-2。 「3コーラス(3番)」・例

■ 1曲の演奏時間は、ある程度の長さがあったほうがいいわけですが、例えば「3番」まで奏する場合
「1番*3回」ではつまりませんので、今回の例を参考に組み合わせるといいですね。



 例1



1番
(「オルゴール1(台め)」のみで奏する。 「オルゴール2(台め)」「休み」)

(譜例@)
「メロ」。「コード」伴奏

♪2sei-c-34.010



2番

(譜例D)
「主旋律」と「コード」伴奏。 「対旋律」

♪2sei-c-34.01d

ここでは、理論説明とし、「2台」を区別しやすくするため、
「音色」は、1台め「ハープ(パン・右)」2台め「ビブラフォン(パン・左)」です。



3番

(譜例C)
「主旋律」。「対旋律」。「コード」伴奏の分割

♪2sei-c-34.01c

ここでは、理論説明とし、「2台」を区別しやすくするため、
「音色」は、1台め「ハープ(パン・右)」2台め「ビブラフォン(パン・左)」です。





 例2



1番
(1番のみ、例1と組合せを変えました)
「対位法」のみで、シンプルにまず、「合奏」を開始する。

(譜例A)
「主旋律」。「対旋律」

♪2sei-c-34.01a



2番
(以降、例1と同じ)

(譜例D)
「主旋律」と「コード」伴奏。 「対旋律」

♪2sei-c-34.01d

ここでは、理論説明とし、「2台」を区別しやすくするため、
「音色」は、1台め「ハープ(パン・右)」2台め「ビブラフォン(パン・左)」です。



3番

(譜例C)
「主旋律」。「対旋律」。「コード」伴奏の分割

♪2sei-c-34.01c

ここでは、理論説明とし、「2台」を区別しやすくするため、
「音色」は、1台め「ハープ(パン・右)」2台め「ビブラフォン(パン・左)」です。





■ 以上のように、今回は、「1部・形式」のシンプルな楽曲でしたが、それでも、このように「編曲」次第で、「3番」まで奏しても「飽きない」「楽しい」曲になります。

確かに、「音楽」「編曲・次第」で、「良くも悪くもなる」。と言われますが、
「編曲」「大変、難しい」ものではありますが、また、同時に、これが「面白い」のでやめられませんね。(笑)






inserted by FC2 system