「作曲(コード先)」 U
コード先・作曲

【目次】 T U V W X Y Z ]

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 oc-21  「コード先・作曲」@ (3コード)
  第2回 U-2 oc-22  「コード先・作曲」A (ダイアトニック・コード)





U-1
「コード先・作曲」@ (3コード)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「コード先・作曲」@

「作曲」には、「メロ先・作曲」「コード先・作曲」があります。 
まず、「コード先・作曲」で、「コード」「3(スリー)・コード」からやってみます。

「コード先・作曲」
「3(スリー)・コード」「C。F。G」コードのみを使います。







。 「コード先・作曲」      

2-1。 「コード進行」を用意する

「コード先・作曲」とは、まず「コード進行」を用意して、それに対して「メロ」を書くことです。
「3(スリー)・コード」については、下記をお読みください。




■ まず、「コード進行」を用意します。 




♪ oc-111.1


「コード進行」は、自分で書くのはまだ難しいので、「作曲」関係の本にある「コード進行集」や、既存の曲コード進行を利用してもいいです。





2-2。 「メロディー」を書く

■ 次に「メロディー」を書いて「作曲」します。 例として、このように書いてみました。
「コードの音」に、多めに使って、「メロ」を書くことがポイントです。

「C」のところならば、「ドミソ」の音を多めに使うということです。




♪ oc-111.2


「作曲」についての詳細は、説明も長く細かくなりますので、省略します。
ですので、詳細は下記、リンク先を参考にしてください。







。 「3(スリー)・コード」     

3-1。「3(スリー)・コード」

「3(スリー)・コード」とは、「ダイアトニック・コード」の内、「C」。「F」。「G(7)」のコードのことです。 





C調の場合


「コード」の種類や、細かなことがあり、多少、「コード名」が複数あったり、「7」が付いたりしますが、
入門者程度の方は、気にしなくても結構です。 大まかな理解で結構です。







。 「参考・関連」ページ     

4-1。「参考・関連」ページ

「講座」シンプル読みやすくするため、詳細省略します。 
詳細を知りたい場合は、下記「リンク先」参考にしてください。


「超作曲・入門」「コード先・作曲編」
「作曲・入門」






inserted by FC2 system