作曲(メロ先) V
メロ先・作曲

【目次】 T U V W X Y Z ]

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 oc-31  「メロ先・作曲」@ (3コード)
  第2回 V-2 oc-32  「メロ先・作曲」A (ダイアトニック・コード)





V-1
「メロ先・作曲」@ (3コード)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「メロ先・作曲」@

「作曲」には、「メロ先・作曲」「コード先・作曲」があります。 
次は、「メロ先・作曲」で、「コード」「3(スリー・コード)」からやってみます。

「メロ先・作曲」
「3(スリー)・コード」「C。F。G」コードのみを使います。







。 「メロ先・作曲」      

2-1。 「メロディー」を書く

■ まず、「メロ」を書きます。

■ 一般的に、「C調」の場合は、「ドレミファソラシ(ド)」の音で書きます。
実際には、「♯・♭」も使われますが、最初のうちは、使わないほうがいいでしょう。


「コード先・作曲」で説明しましたが、
「4小節め」は、「G(7)」をイメージし、「ソシレ(ファ)」の音を使うといいでしょう。
この曲でも、「シ」が使われていますね。




♪ oc-C3.2


「7小節め」も、「G(7)」をイメージし、「ソシレ(ファ)」の音を使うといいでしょう。
この曲でも、「ソ・シ・レ」の音が使われています。

■ 最後の「8小節め」は、「C」(ドミソ)をイメージし、「ド」の音で終えるといいでしょう。

■ ちなみに、 最後の「8小節め」「ド」の前は、「シ」「レ」の場合が多いです。
今回も「レ」になっています。





2-2。 「メロ」を書く「ポイント」

リズムについてですが、

  「タタタタ(4個)」「タタター(3個)」。  「タタタタ(4個)」「ターーー(1個)」
  「タタタタ(4個)」「タタター(3個)」。  「タタタタ(4個)」「ターーー(1個)」

というように、「7」(4+3) + 「5」(4+1) + 「7」(4+3) + 「5」(4+1)
が、「基本的な定型のリズム」ですので、覚えておくとよいでしょう。

ちなみに、これを、七五調といいます。 
なので、このリズム感覚だけ意識すれば、たくさんの曲が書けますよ。。。




♪ oc-C3.2




「七五調」関連

七五調というのが出てきましたが、これは、大変作曲には重要なポイントです。

リンク先の解説にもありますように、「七音」と「五音」音律です。
なので、「俳句」「和歌(短歌)」。さらに、「都々逸(七・七・七・五)」などで、おなじみですね。







。 「3(スリー)・コード」     

3-1。「3(スリー)・コード」

「3(スリー)・コード」とは、「ダイアトニック・コード」の内、「C」。「F」。「G(7)」のコードのことです。 





C調の場合


「コード」の種類や、細かなことがあり、多少、「コード名」が複数あったり、「7」が付いたりしますが、
入門者程度の方は、気にしなくても結構です。 大まかな理解で結構です。





3-2。 「3(スリー)・コード」を付ける

「3(スリー)・コード」「C」。「F」。「G(7)」で付けてみます。
簡単にいいますと、各「小節」毎にみて、「メロ」の音多い「コード」を選べばいいです。

「1小節め」は、出だしです。 出だしは、一般的に「C」で始まりますので、「C」でよいでしょう。
また、「メロ」「ソ・ド」の音を含む、「C」でよいでしょう。

「2小節め」は、「メロ」「ラ」2つ含む、「F」を選択しました。

「3小節め」は、「メロ」「ソ・ド」の音を含む、「C」を選択しました。

「4小節め」は、「メロ」「シ」の音を含む、「G(7)」を選択しました。
また、「4小節め」は、「G(7)」を使う場合が多いです。




♪ oc-C3.2a


「5小節め」は、「再度」出だしとも考えられます。

ですので、出だしと同じく、「C」でよいでしょう。
また、「メロ」「ド」の音を2つ含むので、「C」でよいでしょう。

「6小節め」は、「2小節め」と同じ。

「7小節め」は、「G(7)」が多いです。 また、「ソ・シ・レ」の音も使われています。

■ 最後の「8小節め」は、「C」が普通です。

■ 以上は、「目安(参考)」です。 最終的には、「音感」で、自分の耳で判断して決めてください。 
要するに、「人」により「コード付け」「異なります」







。 「参考・関連」ページ     

4-1。「参考・関連」ページ

「超作曲・入門」「メロ先・作曲編」
「作曲入門」






inserted by FC2 system