作曲(メロ先) V
メロ先・作曲

【目次】 T U V W X Y Z ]

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 oc-31  「メロ先・作曲」@ (3コード)
  第2回 V-2 oc-32  「メロ先・作曲」A (ダイアトニック・コード)





V-2
「メロ先・作曲」A (ダイアトニック・コード)









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「メロ先・作曲」A

「ダイアトニック・コード」でやってみます。

「メロ先・作曲」
「ダイアトニック・コード」「C。Dm。Em。F。G7。Am。Bm7♭5」コードを使います。







。 「メロ先・作曲」      

2-1。 「メロディー」を書く

「メロ」書き方は、前回と同じですので省略します。




♪ oc-112.2a


■ ちなみに、余談ですが、「メロ」について、

最後の「8小節め」「ド」の前は、「シ」「レ」の場合が多いわけですが、
今回のように、1音(ミ)はさんで「レ」の場合もあります。 →(ミ)→







。 「ダイアトニック・コード」     

3-1。「ダイアトニック・コード」

「C調」「ダイアトニック・コード」です。






「コード」の種類や、細かなことがあり、多少、「コード名」が複数あったり、「7」が付いたりしますが、
入門者程度の方は、気にしなくても結構です。 大まかな理解で結構です。





3-2。 「ダイアトニック・コード」を付ける

「ダイアトニック・コード」でも、「3コード」の場合と要領は同じです。 
単に「コード」の種類が増えただけです。

簡単にいいますと、各「小節」毎にみて、「メロ」の音多い「コード」を選べばいいです。
ただし、今回のように、「半小節」「1つのコード」を付ける場合も多いです。
この判断は、結局のところ「音感」です。 自分がそうしたほうがよい。 と感じた方を選択します。


「1小節め・前半」は、出だしです。 出だしは、一般的に「C」で始まりますので「C」でよいでしょう。
「メロ」「ソ」の音を含む、「C」でよいでしょう。
また、後半は、「メロ」「ラ・ファ」の音を含む、「F」を選択しました。

「2小節め」は、「メロ」「ソ」の音を含む、「C」を選択しました。

「3小節め・前半」は、「メロ」「ラ」の音を含む、「Bm7♭5」を選択しました。
後半は、「メロ」「ファ」の音を含む、「G7」を選択しました。

「4小節め」は、「G(7)」を使う場合が多いです。 しかし、「C」の場合も多いです。 (笑)
「メロ」「ソ」の音を含む、「C」を選択しました。
ちなみに、「G7」でも「ソ」がありますが、「C」コード合うことを「音感(耳)」で判断しましょう。




♪oc-112.2


「5小節め」は、「再度」出だしとも考えられます。 ですので、「1小節め」と同じです。

「6小節め・前半」は、「メロ」「ソ」の音を含む、「C」を選択しました。
後半は、「メロ」「ミ」の音を含む、「Am」を選択しました。

「7小節め・前半」は、「メロ」「ファ」の音を含む、「Dm」を選択しました。
後半は、「メロ」「レ」の音を含む、「G7」を選択しました。

■ 最後の「8小節め」は、「C」が普通です。

■ 以上は、「目安(参考)」です。 最終的には、「音感」で、自分の耳で判断して決めてください。 
要するに、「人」により「コード付け」「異なります」







。 「参考・関連」ページ     

4-1。「参考・関連」ページ

「作曲・初級」
「チュートリアル T-2」






inserted by FC2 system